banyantree -photo & music blog-banyantree -photo & music blog-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

棒ノ折山(棒ノ嶺)登山

7/18に棒ノ折山(棒ノ嶺)に登山に行ってきました。

棒ノ折山(969m)は、埼玉県の飯能市と東京都の奥多摩町の境にあります。
ですので、都心からのアクセスが便利ということもあり、比較的人気のある山のようです。
また、皇太子殿下が登られた山、ということでも知られているそうです。

IMG_7173


今回の登山に棒ノ折山を選んだ理由としては、夏なので涼しげな山、ダムや渓流沿いに登れる山、帰りに温泉に入れる所、という観点からでした。(欲を言えば、僕の写真欲を満たす造形に富んだ景色があるというのも。)
そういう意味で、棒ノ折山はまさにうってつけの山で、僕たちの希望を全て叶えてくれる山でした。
更に言えば、最近登った近場の低山の中でも、一番楽しかったと思える山でした。

IMG_7034

10:30ぐらいに登山口に到着を目標に、9時前に飯能駅から満員のバスに乗り、「さわらびの湯入口」まで50分程。
さわらびの湯は登山帰りに寄る予定の温泉です。
バス停付近にはトイレやお土産屋もあり、ここで支度をして出発です。(弁当もありました。)
少し歩くと、上の写真の名栗湖(有間ダム)に到着します。

名栗湖(有間ダム)は人工湖です。
今回のダムを見たいという希望は、いきなり叶えられましたw

IMG_7044

しばらく写真撮ったりしながらのんびり歩いていたので、登山口到着は11時ちょうど。。
ここから登山スタートです!
ちなみに道しるべに棒ノ嶺と書いてありますが、棒ノ折山のことです。
いくつか呼び名があり、地元の方は棒ノ嶺と呼んでいるようです。
棒ノ折山が正式名称だそうですが、有名な武将 畠山重忠が登った時、杖が折れた事から付いた名前ということです。

bounoore0001

この水が湧き出ている感じが、これからの登山道中の雰囲気を表しています。

IMG_7056

今回のコースは下記です。
有馬ダム→白谷沢→岩茸石→ゴンジリ峠→棒ノ嶺→岩茸石→地図の点線の道→さわらびの湯

画像

スタートからしばらくは、スギやヒノキの植林帯を歩いていきます。

IMG_7061

近くに渓流があるので、岩には苔が生えていますね。

IMG_7062

カジカガエルには会えませんでしたが、こんな案内板がありました。

IMG_7064

植林帯の、背の高い木々の下を歩いて行きます。

IMG_7068

植林されている感じがわかりますね。

bounoore0002

根っこの階段を登っていく

IMG_7074

この場所の風景、とても綺麗でした!
苔とシダ植物が、木漏れ日に照らされて輝いていました。

bounoore0003

IMG_7086

写真を撮りながらノロノロ歩いているので、すぐに置いていかれます。

IMG_7092

途中で若い二人のトレッカーに追い越されます。

IMG_7096

頭に巻いた手ぬぐいが、サマになっていてかっこいい!
すごい勢いで追い越していったので、健脚な二人のようです。
登山道中では、他の登山客を見るのも楽しいですね。

bounoore0006

ごうごうと音が聞こえ始め、左の方に渓流が見えてきました。
近くに渓流があるためか、低山にも関わらずわりと涼しいのです。

IMG_7099

岸壁の苔やシダ植物を眺めながら。

IMG_2198

IMG_7100

IMG_7102

さっきの二人に追いついても、写真撮ってるとまた置いてかれます。

IMG_2202

しばらく歩いていると、白谷沢に出ました。
細く水が流れており、沢の上の石を渡り、上流へと向かって歩いて行きます。
ここらへんの雰囲気は、まるで屋久島の白谷雲水渓のようでした。

IMG_7106

今回の希望の、「沢や渓流沿いの登山」も、叶えられましたw

IMG_7112

沢を渡る際は、岩に苔が生えている所があるので、滑らないように注意します。
嫁は特に気にしないでポンポン渡って行ったようですが、僕は滑って水の中に落ちないように、けっこうドキドキしながら渡っていきます。
しばらくこういう道が続いていきます。

bounoore0007

水の流れがとても涼しげです。
高低差が低いのでわかり辛いですが、これは籐懸(ふじかけ)の滝なのかな?

bounoore0008

下山中の方。こういう時はストックがあると便利そうですね。
さっきの二人は水を汲んでいました。

IMG_7118

上流へ上流へ

bounoore0010

暑い季節なので、沢を登っていくのはとても楽しかったです。

bounoore0013

途中、靴が沢で濡れますが、ゴアテックスの登山靴であれば大丈夫なレベルです。
どんどん上流に向かって歩いていきます。

IMG_7131

しばらく歩いて行くと…ついにやってきました!
この迫力の景色!!
こういった、切り立った岩壁にはさまれた峡谷はゴルジュと呼ばれるそうです。フランス語で「のど」という意味だそうです。
大きな門のような岩壁の間を、水が流れていきます。

IMG_7139

この迫力の岸壁、ゴルジュ!
棒ノ折山には第一ゴルジュと第二ゴルジュの二つがあるそうです。
僕はこの景色を見て、写真欲も満たされたと感じました。

IMG_7144

そして、このゴルジュの間を通って、更に上流へと登っていきます。

IMG_7150

結構水の流れも激しくなってきているので、滑って転ばないよう注意が必要です。
僕は結構怖かったです。

IMG_7152

本当に白谷雲水渓かと思うような景色。

bounoore0014

岩の階段を登って

IMG_7157

ここらへんは、沢の上を吹く風でとても涼しいですし、景色も本当に綺麗でした。
来て良かった…、と満足です。

IMG_7159

小さな滝がたくさんあります。
天狗滝かな?

IMG_7163

苔で緑色にそまった岸壁

IMG_7167

沢をひたすら右へ左へ渡っていきます。
たしか、嫁はこの後くらいにハチに襲われたんですよね…。
かなりしつこくつきまとっていて、下手に手を出すと刺されるかもしれないので、何もできなかった。
しばらくして去ってくれたのですが、次回はハチ対策も考えたいところです…。

IMG_7169

そして第二ゴルジュへ到着。
何か森の中の遺跡のような、すごく神聖な雰囲気に感じました。

IMG_7173

都心から数時間の距離で、こんな場所に来れるなんて。

IMG_7180

嫁が撮った写真

IMG_2226

第二ゴルジュで下山のおじさんとすれ違います。
向こうで嫁が鎖場にたどり着きました。
靴が多少濡れるのは気にせずに沢を登っていくので、ゴアテックスの靴でないときついです。
ほんと滑りそうになるのと、慎重に足場を選ばないといけないので、けっこう怖かったですね…。

IMG_7183

遠景

IMG_7184

こういう岩の上を、慎重に選んで渡っていきます。
苔の上は滑るので注意です。

IMG_7186

さあ鎖場に到着。

IMG_2231

嫁、鎖場登る。
鎖があるので、怖くないです。

IMG_7189

どんどんどんどん

bounoore0017

多分、この一番大きな滝が「白孔雀ノ滝」だと思いますが、残念ながら上からしか見えませんでした。

IMG_7195

沢沿い登っていくのは、ここらへんが最後

IMG_7204

さて、しばらく歩くと、またスギやヒノキなど(?)の地帯にやってきました。
水の音も遠くになり、背の高い木々に囲まれます。

bounoore0018

ここらへんからは階段の道があります。
しかし、よくあるこういう木の階段は、腐っていたり滑ったりしますし、
木の段と段の間の土の部分が流れてしまっていて、かえって歩きにくいですw

IMG_7209

ここらへんに来ると、周りからとても涼しげなヒグラシの音色が。
歩いていると、カナカナカナという音に包まれます。
都会では、こんなにたくさんのヒグラシはいないので、とても涼しげな音色に感動しました。

bounoore0020

分かれ道にやってきました。右奥が山頂へ、左手前が今回下山ルートに使おうと思っている道です。

IMG_7210

やっと岩茸石の場所までやってきました。
簡単な休憩所があるので、ご飯を食べている人もいました。

bounoore0019

案内にもあるように、先ほどの白谷沢はとても素晴らしい景色で、歩いていて楽しかったのですが、
足場が滑りやすく危険だと思いますので、気を付けて歩いた方がよいと思います。

IMG_7214

ここからは試練で、丸太の退屈な急傾斜をひたすら登っていきます。

IMG_7216

根っこの大群と下山の方々。
年配の方々はスタートがとても早いのか、下山も早いです。

IMG_7219

ここらへん、もう結構疲れてます。丸太の道はもう嫌。

IMG_7225

木イチゴでしょうか

IMG_7231

岡虎ノ尾の花かな?

IMG_7233

今歩いているここらへんが、ゴンジリ峠だと思います。

IMG_7234

道の右と左で、生えている木が全く違うのがわかりますでしょうか?
右側(埼玉側)は雑木林、左側(東京都側)は檜だそうです。
ここらへんが、棒ノ折山の見所の一つでもあるゴンジリ峠ですね。
ヒグラシの音色がとても涼しいです。

bounoore0022

そんなこんなで、ヒイヒイ言いながら最後の階段を登り、、、

IMG_7243

やっと頂上へ到着!!
バンザイ!
高低差735mを登りきりました。
13:30頃でした。

IMG_7247

空が曇っていて、展望はあまり良くなかったですね。
しかし写真は撮る撮る。
そしてやっと飯にありつきました。。。

IMG_2250

しばらく休憩し、帰りはまた丸太道を下っていきます。
下山ルートは、さっきの岩茸石までは同じ道です。

IMG_7264

檜と雑木林の中間尾根を行きます。

bounoore0027

見上げても区切りがクッキリ

bounorei0034

親父ギャグな看板

IMG_7270

岩茸石の分岐点で、行きの白谷沢ではなく、「河又バス停」方面の下山ルートから降りることにします。
登りより下りの方が山道は危ないので、沢の道は避けようと思ったからです。

IMG_7273

途中で開けた展望

IMG_7283

多分、植林業者用の設備なのかな

IMG_7289

切り株~

IMG_7292

ヘビの大群みたいな根っこ

IMG_7301

16時になり、日が落ちてきました。
温泉にも入りたいので、わりと急ぎ気味に帰ります。

IMG_7307

空はまだ明るいけど、森の中は暗いです。

bounoore0034

しばらく歩いていると、たまに展望が開けます。

IMG_7313

これはボタンイボタケかな?

IMG_7318

だんだん生えている植物の種類が変わってきて、これはもしや下山間近かと思うと…

IMG_7321

お墓に出ましたww
16:30下山完了!
帰りはけっこう単調で暗い道でしたので、写真はだいぶショートカットしましたが、
ヒグラシの声に包まれて、幸せな気分で下山できました。

IMG_7324

民家が懐かしい。無事に戻って来れました。

IMG_7327

帰ってきたぞ~

IMG_7333

とにかく汗をたくさんかいたので、温泉に入りたい!
さわらびの湯へ向かいます。

IMG_7334

やってきたさわらびの湯!
アイス食いたいしお茶も飲みたい!

IMG_7339

とてもいいお湯でしたし、館内はおみやげものなども充実していて、たくさん買ってしまいましたw

IMG_7341

外に出ると、すっかり日が暮れています。

IMG_7357

帰りはまたバスで飯能駅まで行って、電車で帰ります。
今回の登山はなんといっても、白谷沢の沢登り、ゴルジュのあたりが最高でした。
都心から近い夏っぽい山を探している方には、是非お勧めしたい山です。

IMG_7359

にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/12(木) 07:21:41|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<根津美術館庭園にて | ホーム | 韓国ソウル旅行③広蔵市場・東大門市場>>

コメント

こんにちは。時々訪問させていただき、記事と写真を楽しく拝見しています。登山路の様子が詳しくわかり登った雰囲気を味あわせていただきました。
私は、山麓に雄大な原始林に囲まれ、夏でも残雪が残る雄大な山容の北海道・寒暑別岳から「北海道の尾瀬」と呼ばれる高山植物の宝庫雨竜沼湿原を結ぶコースの写真を紹介しました。
http://desireart.exblog.jp/11161496/
私のブログにもコメントいただけると嬉しいです。
  1. 2010/08/21(土) 14:46:22 |
  2. URL |
  3. dezire #tLX0El8c
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://banyantree.blog86.fc2.com/tb.php/132-9d1dca24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

counter

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

複眼RSS

recent update

CssTagCloud

RX1R  台湾    写真  登山  台北  EOS  5d  canon  夜市  24-70  豆花  荒川  トレッキング  旅行  芋圓  アウトドア    CCNA  川口  花火  紅葉  タピオカ  育児  5dmk2  explorer  ハノイ  屋台  ベトナム  5dmark2  縦走  箱根  世界遺産  北アルプス  techno  黒本  夜景  丹沢  北区花火会  上海  大前研一  韓国  西川口  神津島  ランニング  マラソン  カキ氷  築地  龍山寺  京都  渓流  築地市場  仙草  塔ノ岳  地震  富士山  八宝氷  アート  八寳冰  華西街観光夜市  伊豆  市場  尊仏山荘  九份  暇つぶし問題  テクノ  ミスタービーン  鮮芋仙  西穂高岳  松山夜市  ナップスター  西穂山荘  温泉  ウォーキング  龍都  横岳  東日本大地震  震災  赤岳天望荘  東京電力  公園  キドキド  GW  硫黄岳  長谷寺  IOS  外付け  さいたま新都心  鎌倉  ドラムンベース  ソウル  鋳物  赤岳  ゴールデンウィーク  饒河街夜市  福島原発  デフラグ  庭園  臭豆腐  蘇州  原発  norton  臨光街観光夜市  八ヶ岳  つけ麺  計画停電  android  火山  tron  レガシー  KBC-L2BS  legacy  場外市場  eneloop    紅葉写真  鮨國  渋滞  寿司  胞子体  常寂光寺  天竜寺  International  南禅寺  Taipei  Flora  嵐山  ラン    Exposition  ロックガーデン  禅林寺  コケ  クリスマス    茶臼岳  姥ヶ平  IS06  夕暮れ  2010台北国際花卉博覧会  花博  永観堂  淡水  漁人埠頭  トロン  go  停電  輪番停電  家電  福島第一原発  使用済み核燃料プール  周波数  中間貯蔵施設  東日本巨大地震  大津波  岩畳  ライン下り  秩父  長瀞  原子力  スリーマイル島  東電  Yahoo!基金  聖神社  和同開珎  上高地  穂高  明神池  大正池  和銅遺跡  和銅  インターネット基金  募金  赤十字  蓑山  サクラ  美の山公園  宝登山動物園    ほん陣  甘酒茶屋  雪山  箱根駒ケ岳  神山  早雲山  芦ノ湖丼  芦ノ湖  テリー伊藤  丸武  箱根旧街道  草源  片瀬快平  こけし  箱根駅伝  Subtle  peacepact  大菩薩嶺  proxy  ナップスタージャパン  蝋梅  宝登山  to  US  drum'n'bass  Audio  Polska  MACC  napster  paradox  こぼれうに丼  ダイビング  reinforced  ドラムン  jungle  花見  井の頭公園  六本木アートナイト  吉祥寺  drum&bass  益子焼  筑波山  レモン  岩殿山  益子  陶器  陶器市  国立新美術館  kuumba  ラーメン  渋谷  かいじゅうたちのいるところ  中華料理  大盛り  まぐろ焼き  仙台や  タロ芋  mrbean  不毛地帯  お香  ドラマ  NO  LAND展  MAN'S    食事処渓  スタートアップ  itune  ノートン  プロセス  フリーソフト  ad-aware  チェックディスク  植木鉢  トレッドミル  蕎麦  ドーナツ  パスタ  観葉植物  ジム  イヤホン  msconfig  ネットワーク  景福宮  南大門市場  土俗村  dub  つけめん  Elemental  一眼  LPIC  linux  ping  闇金ウシジマくん  dim  DAISO  light  光都東京  皇居  パッピンス  ホットック  広蔵市場  棒ノ折山  棒ノ嶺  根津美術館  ゴルジュ  東大門市場  河童橋  taicoclub09@kawasaki  野外フェス  戸田橋花火大会  珍珠  沖縄  東京マラソン  仏像  仏像写真  つけそば  廃墟  HDR  麺処遊  草津白根山  草津温泉  本白根山  工場  トマの耳  チェブラーシカ  糖朝  マトリョーシカ  谷川岳  オキの耳  水上温泉  monolake  taicoclub  荒川河川敷  ハーフマラソン  谷川真理  日本橋  地球儀  近江町市場  金沢  METAL  FIGURATION  土偶展  イルミネーション  フィギア  サイコガンダム  FIX  GUNDAM  兼六園  21世紀美術館  B級グルメ  中正公園  川口B級グルメ  上尾シティマラソン  士林  古早味豆花  地瓜粉  基隆  長町武家屋敷跡  東茶屋街  新宿御苑  六義園  台北101  ライトアップ  高山植物  ブロッケン現象  五色桜大橋  河川敷  花火大会  赤羽  帰宅  阿佐美冷蔵  十きち  日光天然氷  足立  自由廣場  包子  素食  豆漿  阿妹  茶酒館  蒋介石  中正紀念堂  大山  大山寺  33区熱炒  伍角船板  サニーヒルズ  パイナップルケーキ  アイスモンスター  天燈  十份  平溪線  ハーフバースデー  東京スカイツリー  川口神社  紅葉ライトアップ  阿夫利神社  金山権現  密蔵院  お食い初め  安行桜  光復市場  鳳梨酥  旧市街  歴史博物館  クルーズ  バイン・ミー  ダック・キム  ベトナムコーヒー  ブン・チャー  リトル・ハノイ  ドンスアン・ナイトマーケット  ティエンクン鍾乳洞  Pho  Com  Quan  Van  ハロン湾  水上生活者  桂林  ホーチミン廟  文廟  陽明山  奥穂高岳  ピラミッドピーク  竹子湖  海芋祭  廣方圓  小油坑  七星山  独標  平湯温泉  ドンスアン市場  玉山祠  バッチャン村  水上人形劇  オーラック・ハウス  新穂高ロープウェイ  岩淵水門  深坑  老街  Eggs  羊のショーン  牛肉麵  'nThings  パンケーキ  台湾茶  新純香  行天宮  熱炒  魔法の美術館  サンバレー那須  南ヶ丘牧場  ふじの市商店街  マンゴーチャチャ  辛發亭  さいたまスーパーアリーナ  松山慈祐宮  烏龍茶  ICE  越谷レイクタウン  グリーンセンター  ギャラクシティ  新北市  三峡  彫刻  清水祖師廟  三峽  コンパス  国立科学博物館  ネモフィラ  あらかわ遊園  MONSTER  国営ひたち海浜公園  センサー清掃  上野  舎人公園  七夕  高鉄  望水  大室山  城ヶ崎  北川温泉  GECCA  上野動物園  鬼怒川温泉  旧田中家住宅  プライベートガゼボ  松江城  松山  宇部  リゾナーレ八ヶ岳  島根  スパリゾートハワイアンズ  出雲大社  玉造温泉  大宮公園  氷川神社  オオサキ  ピッツェリア  ジェラード  結婚記念日  台中  新幹線  日月潭  南投  牧場  丸山公園  てっぱく  鉄道博物館  入園式  都市農業公園  芝川水門  榎本牧場  上尾  Intimex  JTB  田子坊  新天地  豫園商城  浦東  外灘  トランスフォーマー  Transformers  上海環球金融中心  豫園  和諧号  獅子林  中国  動車組CRH  拙政園  寒山寺  山塘街  留園  Foster  The  金時山  大日岩  日本百名山  すすき  仙石原  ちゃいなハウス  ギョーザ男  ドロヘドロ  瑞牆山  山小屋  Up  Pumped  People  Kicks  トキシトロン  山梨  金峰山  油爆河蝦  蟹粉豆腐  トランスフォーメーション  鶴仙園  美術展  シュールレアリズム  庭園美術館  iTunes    金牛角  森と芸術展  東京都庭園美術館  甲斐駒ケ岳  花崗岩  日向山  雁ヶ原  白い砂    錦滝  IGain  Quicktime  souls  dark  ダークソウル  フロムソフトウェア  キングスフィールド  紅焼猪肉  南京東路  上海姥姥  オンタデ  大陽館  コマクサ  ウシアブ  音量  須走  大砂走り  携帯酸素  高山病  二ノ塔  三ノ塔  金瓜石  慈祐宮  延三夜市  頼阿婆芋圓  提灯  Napster  悲情城市  阿妹茶樓  雙城夜市  通化街夜市  ギャラクシー  紫陽花  成就院  三河千鳥  花でまり  臨光街  フェアリーアイ  Tunebite  Rhapsody  YANO  AKIKO  クリスパーカー  TRIO  レイ  クアンコムフォー  メリアハノイ  ハラカミ  ウィル・リー  矢野顕子トリオ    奥多摩  川苔山    百尋の滝  東京  ブルーノート  アジサイ  九份芋圓  妙義山  著莪  豆芳  中間道  さくらの里  金洞山  金鶏山  石門  芳甘菓  吾妻山  バカ尾根  大倉尾根  烏尾山  丹沢山  弘法山  権現山  浅間山  天上山  七島  古都  明日葉  赤崎遊歩道  建長寺  高徳院  釈迦堂口切通し  浄妙寺  大仏  まっちゃーれセンター  だいじんこ  砂漠  千代池  さるびあ丸  神津島灯台  千両池  ジュリアの十字架  ありま展望台  ゴアテックス  

all contents

全ての記事を表示する

Last.fm

jognote

link

serch

RSS feed

month archive

NINJA ANALYZE

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。