banyantree -photo & music blog-banyantree -photo & music blog-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

谷川岳登山

8/13に谷川岳(1977m・百名山)に登山に行ってきました。

IMG_7668


最近すっかり登山の魅力に取り憑かれています。
なんでこんなにはまるのか謎です。
人の力を超えた圧倒的な造形の魅力か、景色の雄大さなのか。。

登山の回数が増えていくにつれて、次はどの山に行くか、よく考えて選ぶようになりました。
やはり、何か一つでも見所のある山がいいですし、季節ならではの楽しみがある方がいい。

今なら暑い夏ですので、涼しい山がいいですね。
先日の棒ノ折山は沢登りでしたので、今回はまた違う趣向がいい。
となると、涼を求めるなら、2000m以上の山でしょう。
さらに、日帰り登山できる距離で、できれば百名山。
帰りは温泉に入れる所。
…ということで、谷川岳が候補になりました。

最近遠くまで登山に行く機会が増えたので、青春18切符を買いました。
1枚で1日有効×5回分 11500円。
今回普通に切符を買った場合、2人分往復で10080円ですので、有効期間内に次回使えれば、全然お得です。
しかし登山の交通費って高いですよね。

朝4時頃起床、川口駅を朝5時頃出発の電車で、京浜東北線→高崎線→上越線と乗り継いで水上駅まで。
水上駅からは関越交通バスで谷川岳ロープウェイ土合口まで。8:40頃到着です。

IMG_7476

ロープウェイ駅でお弁当を調達しようと思っていたのですが、おにぎりくらいしかありませんでした。
おにぎりと腹にたまりそうなドーナツを買って、ロープウェイに乗り込みます。
登山しにきてロープウェイに乗る、というのは罪悪感というか、「カッコ悪い」という思いがあるのですが、
日帰り登山だと、帰りのロープウェイ・バス等の最終便の心配がありますので、仕方なく。
僕は写真を撮りながらなので、普通の人よりも時間がかかるというのもあります。
色々と頭の中を言い訳の思念が巡ってるなか、ロープウェイ脇の登山道を、年配のグループの方が足で登っていきます。
うう、かっこ悪い…。

IMG_7481

さらーに、ロープウェイからリフトに乗り継いで天神峠まで向かいます。
登山の格好の僕たちは、一般の観光客の方々に混じってリフトにのっています。
うう、見ないでくれ~
とはいっても、この行程が最近は一般的だそうです。

IMG_7485

ハッピーの山歩様の地図が見やすかったため、転載させて頂きました。
ロープウェイとリフトを乗り継ぎ、天神峠展望台までやってきました。

谷川岳ルートマップ

天神峠展望台は、登山ではない観光客の方でにぎわっていました。
普通の格好で来ている方が多いです。

IMG_7490

展望台から、これから目指すトマの耳、オキの耳が見えます。
谷川岳最高峰は1977mのオキの耳、現在の天神峠は1485mです。
標高差にして、登り492m、下り656mになります。(下りはリフトを使わずロープウェイ駅まで下りるため)

IMG_7492

さて、今回谷川岳を選んだ理由に、下記wikiの引用の「魔の山」としての一面に惹かれた部分もあります。

谷川岳と遭難 

谷川岳の標高は2,000mにも満たないが、急峻な岩壁と複雑な地形に加えて、中央分水嶺のために天候の変化も激しく、遭難者の数は群を抜いて多い。

1931年昭和6年)から統計が開始された谷川岳遭難事故記録によると、2005年平成17年)までに781名の死者が出ている。この飛び抜けた数は日本のみならず世界のワースト記録である。ちなみにエベレストのそれは178人である。1960年(昭和35年)には、岩壁での遭難事故で宙吊りになった遺体に救助隊が近づけず、災害派遣された陸上自衛隊の狙撃部隊が一斉射撃してザイルを切断、遺体を収容したこともあった(谷川岳宙吊り遺体収容)。

いい歳の男が、ゆる登山ばかりだと、カッコ悪いという思いもあり…。
ちょっとかっこつけたいという思いも正直ありましたが、実際に危険なのは、ロッククライミングをやるような強者向けの一ノ倉沢の方面のようです。
この天神尾根のコースは、初心者向けの本(ゆる登山本)にも載っているようなコースであります。
そうは言ってもゆる登山の本に「中級」と書いてありますので、緊張を強いられます。
無事に下山できますように。。。
↑こんな小心者の自分は、何人かの信じられない登山者との出会いに仰天することになります。

さあここから登山開始です!
展望の良い天神尾根を歩いて行きます。10時スタート。

IMG_7501

イブキボウフウの花でしょうか。

IMG_7505

ロープウェイ天神平駅が眼下に見えます。

IMG_7506

スタート地点付近は、展望台から足を伸ばした一般客の方も多いです。

IMG_7508

遠くの尾根を眺める

IMG_7511

一般のお客さんだと思いますが、子供は元気ですね。走っています。

IMG_7512

もっと混んでいるかと思ったら、ここらへんはそんなにでもないですね。
というのは、多分スタートが遅いからです。

IMG_7513

昨日に台風が通過したからか、地面が濡れています。
ちょっと嫌な予感が。

IMG_7515

シモツケソウかな、違うかな??

IMG_7518

うわー。やはり昨日台風だっただけあり、地面に水溜りが。
この先の行程が大丈夫か不安になります。
登山靴が泥だらけになるが、仕方ない。

IMG_7520

嫁が何か発見

IMG_7521

これはまさかツチノコ??んなわけないか、しかしでかい!です。
10センチはありますね。ピクリとも動きませんが…
ネットで検索したら、ヤマナメクジだそうです。

IMG_7522

ここは天神峠展望台からの道と天神平からの道の合流地点です。
ヘタレとツワモノの合流地点です

IMG_7531

木でできた、歩きやすい道がしばらく続きます。
シダ植物などが見えます。

IMG_7532

最初のうちは木々の中を歩く道です。
そのうち森林限界が近づくと、こういった植物は消えていき、風景が一変します。

IMG_7537

アジサイもまだ咲いてました。

IMG_7540

鎖場のトラバースにさしかかります。
この程度はまだ序の口で、もう慣れました。しかし油断しないで進みます。

IMG_7542

しばらくし、11時頃に熊穴沢避難小屋に到着。

IMG_7552.2

こっから、少しずつ道はハードになっていきます。
鎖場も、かなり急な傾斜です。
と思っていると

IMG_7557

谷川岳で見たすごい登山者①
サンダルで走っている少年
おーいどこまで行く気なんだ~ 危なくないんか~

…彼は途中で引き返していきました。。

IMG_7564

鎖やロープなどが貼ってある斜面が続きます。

IMG_7567

だんだん岩がごっつくなってくる。
転んだらかなり怪我しそうです。

IMG_7572

嫁撮影

IMG_0048

ここらへんで展望が開けました。

IMG_7574

また鎖場。
でも、鎖場のいくつかは、逆に使った方が登りにくい所もあり、
普通に岩をつかんで登った方が登りやすかったりもします。

IMG_7580

下山の方々。
下山時の事故の方が多いので、こういう場所では慎重に下りる必要があります。

IMG_7582

かなり怖がっている方もいましたが、落ち着いて慎重に下りれば大丈夫です。
あと、ちゃんとした登山靴を履いていないときついと思います。

IMG_7583

ここまで登ってきて、今までの行程を振り返った時の展望。
遠くに赤く熊穴沢避難小屋が見えます。

IMG_7587

谷川岳で見たすごい登山者②
虫取り網の少年
えっ、何を捕まえるの?…虻?
いや、子供は元気ですな…。
しかも僕たちよりペースが速いので、しょっちゅう抜かされます。
ちなみに、手前の方々も凄い。トレイルランナーのご夫婦(多分)です。
頂上までは行かず引き返したようです。

IMG_7588

山の造形かっこ良し。

IMG_7595

ピラミッドみたいな岩の階段

IMG_7597

こういう自然の造形には惚れ惚れします。

IMG_7598

また岩の道を登っていきます。
手を使うので、軍手は必須です。

IMG_7601

少し登りが落ち着き、ゆるやかな尾根に出ました。

IMG_7604

天狗の留まり場で休憩中の方々

IMG_7606

天狗の留まり場
満員であったため、僕たちは先に進みます。
しっかし、今回の谷川岳は頭の周りを虻がブンブン飛んでいて、だいぶ鬱陶しかったです。
虫対策も必須だと思いました。
虻は柑橘系の匂いが嫌いらしいけど、利くんだろうか…。

IMG_7608

ここらへんで風景が大分変わります。
熊笹にびっしりと埋め尽くされた山の姿
熊笹は高山植物というわけでもないようですが、刈り込まれたような一定の高さの葉にビッシリと埋め尽くされ、まるで緑の絨毯のようです。

IMG_7609

アカモノの実かな

IMG_7612

山肌の風合いがかっこいいです

IMG_7613

キオンかな

IMG_7616

谷川岳で見たすごい登山者③
犬。
かわいい。。てかよくここまで登りましたね。

IMG_7614

熊笹道を登ってゆく。

IMG_7618

見てください、この斜面!
熊笹のじゅうたんです。
この風景に感動。来て良かったと思いました。

IMG_7624

さっきの少年の虫取り網は、お父さんに託されていた。。。

IMG_7626

ジョウシュウオニアザミかな

IMG_7630

山の反対側の斜面に雲が止まっています。

IMG_7635

熊笹道を登ってきたところを振り返る。

IMG_7636

熊笹道がどこまでも続く光景

IMG_7637

しばらくすると、階段の登り道になりました。

IMG_7639

ここらへんはけっこう登山客で混んでいました。
ちょうど下山の人達も多い時間なのでしょう。といってもまだ12時ですが。

IMG_7641

咲き始め?咲いた後?のジョウシュウオニアザミ

IMG_7642

やっと谷川岳肩の小屋に到着!12:12。
頂上はそんなにスペースが無いからか、皆さんここで食事されている方が多いです。

IMG_7645

深山猪独活が群生しています。
とても幻想的な風景!

IMG_7648

左に鐘があります。

IMG_7651

遭難防止の願いを込めた鐘だそうです。文字が刻まれています。

IMG_7656

雲がかかった尾根を眺める…
いや、嫁が眺めているのは、前方のカップラーメンを作っている人達か。

IMG_7659

肩の小屋で販売されていた、ダクロンQD素材の「谷川岳一ノ倉沢」Tシャツを買ってしまった。
けっこう良いデザインでかっこよいです。

IMG_7661

案内図

IMG_7663

いやー本当に良い眺めです。
子供たち楽しそう。皆元気だね

IMG_7665

タカネコンギク?キク科の植物っぽい

IMG_7669

下から見た肩の小屋
中ではカップラーメンなども販売してました。

IMG_7672

また犬~w

IMG_7673

いい雰囲気ですね。何度見ても。

IMG_7668

積み上げられたケルン

IMG_7675

さて、ここでご飯食べて休憩もしたので、頂上を目指してまた歩きだします。

IMG_7677

IMG_7678

トマの耳が見えてきました。

IMG_7680

霞がかった景色

IMG_7682

トマの耳到着!人がいっぱいです。
13時到着。

IMG_7686

谷川岳トマの耳 1963m

IMG_0083

IMG_7687

下山時間も気にしなくてはいけないので、あまり長居せずに最高峰のオキの耳を目指します。
…と歩きだすと、ついに雨がパラパラと降ってきました。
初めて利用するレインウェアを取り出す嫁。

IMG_7694

あのすごい岩壁をクライミングする人もいるんでしょう。

IMG_7695

猪独活はいろんなところに咲いています。
同じ山といっても、それぞれ山によって、ちょっとずつ咲いてる植物は違う気がします。

IMG_7701

今下りてきたトマの耳を振り返ったところです。

IMG_7702

ハイマツとキク科の植物

IMG_7706

オキの耳に向かう道

IMG_7707

雨が降ってきたので、皆色んな色のレインウェアを着ています。
目に楽しいですね。
しかし僕は、面倒くさかったので着ませんでしたw
降ったり止んだりだったので、すぐに止むと思ったので。。
嫁はザックカバーも装着している。

IMG_7710

谷川岳で見たすごい登山者④
頂上付近で傘差して歩いている人
突然の突風とか来たら危なくないんだろうか??

IMG_7712

ついに谷川岳最高峰オキの耳に到着!
13時半です。
オキの耳は、トマの耳に比べなんとなく寂しげで、人もあまりいません。

IMG_7725

下は怖くてあまり見れません。
ちょっと間違って押してしまったら、落ちて死んでしまいます。

IMG_7719

頂上で発見。ハクサンフウロの花

IMG_7729

ここから先は、かの有名な一の倉岳に向かう道です。
恐ろしいですし、雨降ってきましたし、時間も押しているし…行きませんでした。

IMG_7736

とても幻想的な風景。
シモツケソウやイブキボウフウなどが密集して生えています。

IMG_7742

では下山開始です。雨もまだパラついてますので、本降りにならないか不安です。

IMG_7743

人の顔のような岩

IMG_7753

山の間の雲。
この風景は2000m級の山でないと見れないですね。
絶品です。

IMG_7760

雨は弱まってきて、なんとか大丈夫そうです。

IMG_7761

これはなんだろう

IMG_7765

大草原の小さな家?
ではなく肩の小屋に戻ってきました。

IMG_7766

ケルンの反対側

IMG_7768

下山は汗はかかないけど、足を痛めないように、靴紐結び直して慎重に
木の階段

IMG_7769

石の階段

IMG_7771

熊笹の道

IMG_7772

ベニヒカゲかな
蛾と思ったら蝶なんですね

IMG_7779

またキオンの花

IMG_7787

イブキボウフウ

IMG_7790

どんどん下山していくにつれ、木々の背も高くなってきました。

IMG_7792

今下りてきた、熊笹に覆われた尾根を振り返ります。
この光景を目とカメラに焼付けよう。

IMG_7794

なんだこれは

IMG_7797

前のカップルが雲の中に突入していったので、僕も突入したくて走りましたw
しかし僕が近くに行った頃には雲は流れてしまいました。

IMG_7799

帰りはけっこう混雑しています。
慎重に下りるポイントなどで、詰まっています。

IMG_7816

大分下りてきたため、植物の様子がすっかり変わりました。

IMG_7831

スタート地点付近の分かれ道を、リフトを使わないで天神平に下りる方に向かいます。

tanigawa0001

ここらへんで嫁は転びました…。
油断していると危ないです。

IMG_7841

下山完了!
(…下山はしてないですね。ここからロープーウェイで下山しますので、駅まで、という意味で。)
16時頃です。
実際歩いた標高差が少ないからか、意外に疲れませんでした。

IMG_7842

行きに乗ったリフト

IMG_7846

ロープウェイ天神平駅へ

IMG_7847

下山時のだいごみ、ソフトクリーム!
旨かったです。

IMG_7849

ロープウェイ土合口からバスに乗り、水上駅まで帰ってきました。
せっかく水上まで来たので、水上温泉に行ってみます。

IMG_7853

温泉街まで少し歩きます。

IMG_7856

水上の温泉街が見えてきました。
これは営業している建物?それとも廃墟?

IMG_7857

IMG_7859

先に晩飯を。
嫁がチョイスしてくれたそば処「まるよし」へ。

IMG_7872

冷やしおろし山菜そば
旨い!ボリュームもしっかりあり、とても満足でした。

IMG_7867

晩飯後、ひがきホテルで日帰り湯を使わしてもらいます。千円なり。
とてもいいお湯でした。
おみやげも買いました。

IMG_7875

今回の山もとても楽しかったです!
それぞれの山に違う個性があって、その山でしか見れない風景があって、山って本当に奥が深いですね。
また、その季節でしか見られない風景や植物もありますので、そういった観点にもこだわって
次の登山も楽しんで行きたいです。

にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/09/07(火) 03:05:05|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<HDR鋳物工場 / 麺処 遊 | ホーム | 根津美術館庭園にて>>

コメント

こんにちは

はじめてcommentします。素晴らしい写真とコメントで、まるで一緒に登山してきた気分になります。こちらはリタイアしてから「閑人会」を結成し、70~65歳のメンバーであちこち歩いています。今月末には同じコースで谷川岳に向います。たいへん参考になりました。楽しめました。ありがとうございます。
  1. 2011/09/13(火) 12:43:27 |
  2. URL |
  3. ボンカレー #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます

ボンカレーさん
初めまして。ブログにコメントを頂きまして、どうもありがとうございます!
お褒め頂きとても嬉しいです。
僕のブログは写真の量が多いため、少々読み込みに時間がかかると思いますが(^^;、
なるべく登山ルート全体的な写真で、実際の登山のイメージをお伝えできたらと思っています。
僕たちはいつも夫婦で登っているのですが、同好会の方々と一緒に登るのも賑やかで楽しそうですね!
今月末に谷川岳に行かれるということで、良い天気になるといいですね(^-^)
  1. 2011/09/16(金) 00:32:48 |
  2. URL |
  3. banyantree #-
  4. [ 編集]

はじめまして。
川口に住んでいる40代の初心登山者です。
私は妻と2人で2年前からほんの少し登山を始めました。私たちも電車やバスで川口駅から登山に出発しているため、非常に参考になります。
いつも楽しそうに登山されていて、拝見させていただくと幸せな気分になれてうれしいです。
今年の秋は紅葉を見に八海山あたりに行ってみようかなと思っています。
今後も楽しい登山の報告をお願いいたします。(^v^)
  1. 2011/09/28(水) 01:21:55 |
  2. URL |
  3. とっと #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

とっとさん
どうも初めまして!
川口とはご近所さんですね!
ブログをご覧いただいて、大変嬉しいです。
いつも楽しそうに登山したいところ、時にはケンカなどしつつも登っています^^;
特に紅葉の山の思い出というと、大渋滞でお互い機嫌が悪くなり、登山中に大ゲンカした記憶が…(汗)
ですので、今年も山の素晴らしい紅葉を見に行きたいのですが、できるだけ渋滞しなさそ~なとこに行きたいと思っています。
八海山の紅葉良さそうですね!
新潟の山にはまだ登ったことがないので、良かったら是非教えてくださいね^^

> はじめまして。
> 川口に住んでいる40代の初心登山者です。
> 私は妻と2人で2年前からほんの少し登山を始めました。私たちも電車やバスで川口駅から登山に出発しているため、非常に参考になります。
> いつも楽しそうに登山されていて、拝見させていただくと幸せな気分になれてうれしいです。
> 今年の秋は紅葉を見に八海山あたりに行ってみようかなと思っています。
> 今後も楽しい登山の報告をお願いいたします。(^v^)
  1. 2011/09/30(金) 02:04:56 |
  2. URL |
  3. banyantree #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://banyantree.blog86.fc2.com/tb.php/134-7b436bdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

counter

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

複眼RSS

recent update

CssTagCloud

RX1R  台湾    写真  登山  台北  EOS  5d  canon  夜市  24-70  豆花  荒川  トレッキング  旅行  芋圓  アウトドア    CCNA  川口  花火  紅葉  タピオカ  育児  5dmk2  explorer  ハノイ  屋台  ベトナム  5dmark2  縦走  箱根  世界遺産  北アルプス  techno  黒本  夜景  丹沢  北区花火会  上海  大前研一  韓国  西川口  神津島  ランニング  マラソン  カキ氷  築地  龍山寺  京都  渓流  築地市場  仙草  塔ノ岳  地震  富士山  八宝氷  アート  八寳冰  華西街観光夜市  伊豆  市場  尊仏山荘  九份  暇つぶし問題  テクノ  ミスタービーン  鮮芋仙  西穂高岳  松山夜市  ナップスター  西穂山荘  温泉  ウォーキング  龍都  横岳  東日本大地震  震災  赤岳天望荘  東京電力  公園  キドキド  GW  硫黄岳  長谷寺  IOS  外付け  さいたま新都心  鎌倉  ドラムンベース  ソウル  鋳物  赤岳  ゴールデンウィーク  饒河街夜市  福島原発  デフラグ  庭園  臭豆腐  蘇州  原発  norton  臨光街観光夜市  八ヶ岳  つけ麺  計画停電  android  火山  tron  レガシー  KBC-L2BS  legacy  場外市場  eneloop    紅葉写真  鮨國  渋滞  寿司  胞子体  常寂光寺  天竜寺  International  南禅寺  Taipei  Flora  嵐山  ラン    Exposition  ロックガーデン  禅林寺  コケ  クリスマス    茶臼岳  姥ヶ平  IS06  夕暮れ  2010台北国際花卉博覧会  花博  永観堂  淡水  漁人埠頭  トロン  go  停電  輪番停電  家電  福島第一原発  使用済み核燃料プール  周波数  中間貯蔵施設  東日本巨大地震  大津波  岩畳  ライン下り  秩父  長瀞  原子力  スリーマイル島  東電  Yahoo!基金  聖神社  和同開珎  上高地  穂高  明神池  大正池  和銅遺跡  和銅  インターネット基金  募金  赤十字  蓑山  サクラ  美の山公園  宝登山動物園    ほん陣  甘酒茶屋  雪山  箱根駒ケ岳  神山  早雲山  芦ノ湖丼  芦ノ湖  テリー伊藤  丸武  箱根旧街道  草源  片瀬快平  こけし  箱根駅伝  Subtle  peacepact  大菩薩嶺  proxy  ナップスタージャパン  蝋梅  宝登山  to  US  drum'n'bass  Audio  Polska  MACC  napster  paradox  こぼれうに丼  ダイビング  reinforced  ドラムン  jungle  花見  井の頭公園  六本木アートナイト  吉祥寺  drum&bass  益子焼  筑波山  レモン  岩殿山  益子  陶器  陶器市  国立新美術館  kuumba  ラーメン  渋谷  かいじゅうたちのいるところ  中華料理  大盛り  まぐろ焼き  仙台や  タロ芋  mrbean  不毛地帯  お香  ドラマ  NO  LAND展  MAN'S    食事処渓  スタートアップ  itune  ノートン  プロセス  フリーソフト  ad-aware  チェックディスク  植木鉢  トレッドミル  蕎麦  ドーナツ  パスタ  観葉植物  ジム  イヤホン  msconfig  ネットワーク  景福宮  南大門市場  土俗村  dub  つけめん  Elemental  一眼  LPIC  linux  ping  闇金ウシジマくん  dim  DAISO  light  光都東京  皇居  パッピンス  ホットック  広蔵市場  棒ノ折山  棒ノ嶺  根津美術館  ゴルジュ  東大門市場  河童橋  taicoclub09@kawasaki  野外フェス  戸田橋花火大会  珍珠  沖縄  東京マラソン  仏像  仏像写真  つけそば  廃墟  HDR  麺処遊  草津白根山  草津温泉  本白根山  工場  トマの耳  チェブラーシカ  糖朝  マトリョーシカ  谷川岳  オキの耳  水上温泉  monolake  taicoclub  荒川河川敷  ハーフマラソン  谷川真理  日本橋  地球儀  近江町市場  金沢  METAL  FIGURATION  土偶展  イルミネーション  フィギア  サイコガンダム  FIX  GUNDAM  兼六園  21世紀美術館  B級グルメ  中正公園  川口B級グルメ  上尾シティマラソン  士林  古早味豆花  地瓜粉  基隆  長町武家屋敷跡  東茶屋街  新宿御苑  六義園  台北101  ライトアップ  高山植物  ブロッケン現象  五色桜大橋  河川敷  花火大会  赤羽  帰宅  阿佐美冷蔵  十きち  日光天然氷  足立  自由廣場  包子  素食  豆漿  阿妹  茶酒館  蒋介石  中正紀念堂  大山  大山寺  33区熱炒  伍角船板  サニーヒルズ  パイナップルケーキ  アイスモンスター  天燈  十份  平溪線  ハーフバースデー  東京スカイツリー  川口神社  紅葉ライトアップ  阿夫利神社  金山権現  密蔵院  お食い初め  安行桜  光復市場  鳳梨酥  旧市街  歴史博物館  クルーズ  バイン・ミー  ダック・キム  ベトナムコーヒー  ブン・チャー  リトル・ハノイ  ドンスアン・ナイトマーケット  ティエンクン鍾乳洞  Pho  Com  Quan  Van  ハロン湾  水上生活者  桂林  ホーチミン廟  文廟  陽明山  奥穂高岳  ピラミッドピーク  竹子湖  海芋祭  廣方圓  小油坑  七星山  独標  平湯温泉  ドンスアン市場  玉山祠  バッチャン村  水上人形劇  オーラック・ハウス  新穂高ロープウェイ  岩淵水門  深坑  老街  Eggs  羊のショーン  牛肉麵  'nThings  パンケーキ  台湾茶  新純香  行天宮  熱炒  魔法の美術館  サンバレー那須  南ヶ丘牧場  ふじの市商店街  マンゴーチャチャ  辛發亭  さいたまスーパーアリーナ  松山慈祐宮  烏龍茶  ICE  越谷レイクタウン  グリーンセンター  ギャラクシティ  新北市  三峡  彫刻  清水祖師廟  三峽  コンパス  国立科学博物館  ネモフィラ  あらかわ遊園  MONSTER  国営ひたち海浜公園  センサー清掃  上野  舎人公園  七夕  高鉄  望水  大室山  城ヶ崎  北川温泉  GECCA  上野動物園  鬼怒川温泉  旧田中家住宅  プライベートガゼボ  松江城  松山  宇部  リゾナーレ八ヶ岳  島根  スパリゾートハワイアンズ  出雲大社  玉造温泉  大宮公園  氷川神社  オオサキ  ピッツェリア  ジェラード  結婚記念日  台中  新幹線  日月潭  南投  牧場  丸山公園  てっぱく  鉄道博物館  入園式  都市農業公園  芝川水門  榎本牧場  上尾  Intimex  JTB  田子坊  新天地  豫園商城  浦東  外灘  トランスフォーマー  Transformers  上海環球金融中心  豫園  和諧号  獅子林  中国  動車組CRH  拙政園  寒山寺  山塘街  留園  Foster  The  金時山  大日岩  日本百名山  すすき  仙石原  ちゃいなハウス  ギョーザ男  ドロヘドロ  瑞牆山  山小屋  Up  Pumped  People  Kicks  トキシトロン  山梨  金峰山  油爆河蝦  蟹粉豆腐  トランスフォーメーション  鶴仙園  美術展  シュールレアリズム  庭園美術館  iTunes    金牛角  森と芸術展  東京都庭園美術館  甲斐駒ケ岳  花崗岩  日向山  雁ヶ原  白い砂    錦滝  IGain  Quicktime  souls  dark  ダークソウル  フロムソフトウェア  キングスフィールド  紅焼猪肉  南京東路  上海姥姥  オンタデ  大陽館  コマクサ  ウシアブ  音量  須走  大砂走り  携帯酸素  高山病  二ノ塔  三ノ塔  金瓜石  慈祐宮  延三夜市  頼阿婆芋圓  提灯  Napster  悲情城市  阿妹茶樓  雙城夜市  通化街夜市  ギャラクシー  紫陽花  成就院  三河千鳥  花でまり  臨光街  フェアリーアイ  Tunebite  Rhapsody  YANO  AKIKO  クリスパーカー  TRIO  レイ  クアンコムフォー  メリアハノイ  ハラカミ  ウィル・リー  矢野顕子トリオ    奥多摩  川苔山    百尋の滝  東京  ブルーノート  アジサイ  九份芋圓  妙義山  著莪  豆芳  中間道  さくらの里  金洞山  金鶏山  石門  芳甘菓  吾妻山  バカ尾根  大倉尾根  烏尾山  丹沢山  弘法山  権現山  浅間山  天上山  七島  古都  明日葉  赤崎遊歩道  建長寺  高徳院  釈迦堂口切通し  浄妙寺  大仏  まっちゃーれセンター  だいじんこ  砂漠  千代池  さるびあ丸  神津島灯台  千両池  ジュリアの十字架  ありま展望台  ゴアテックス  

all contents

全ての記事を表示する

Last.fm

jognote

link

serch

RSS feed

month archive

NINJA ANALYZE

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。