banyantree -photo & music blog-banyantree -photo & music blog-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日向山登山

5/14に山梨の日向山(1660m)に登ってきた時の登山日記です。

IMG_2891日向山登山


最近登山で行く山の選定とプラン計画は、ほとんど嫁さんがやってくれています。
僕はただ着いて行くだけです。
平日仕事が忙しくて帰宅が23時くらいが普通なので、土日もあまり行程とか考える精神状態にならないというのもありますが。。
行きたい山の候補をいくつか伝えると、嫁さんが行程の時間配分や、行き帰りの電車バスのダイヤなど一生懸命調べてくれます。
…便利やのう。

日向山については、僕は全く知らなかった山なので、嫁さんが完全に全部調べて計画してくれました。
嫁さんの提案資料の写真を見ると、山頂の雁ヶ原と呼ばれるあたりが砂丘のようでとても綺麗だったので、そく賛成。
山梨の山なので、始発頃の電車で出発し、中央本線で韮崎まで。そこからは韮崎駅⇔小淵沢駅間で「清流と甲斐駒エリア周遊バス」が4月~11月の土日限定で運行しており、尾白川渓谷バス停で下車 という感じだったと思います。
JR韮崎駅前バス乗り場からは②番ですが、バス停に周遊バスの案内がなく、瑞牆山行きのバスの列に並んでいたら、隣に甲斐駒エリア周遊バスがやってきました。乗客は3~4組ほどだったような。

韮崎駅のホームから見えた平和観音。
関東三大観音の一つだそうで、群馬県の高崎観音は41.8m、神奈川県の大船観音は25.3m、韮崎の平和観音は16.6mとのこと。

IMG_0180

清流と甲斐駒エリア周遊バスの尾白川渓谷バス停で下車。
駐車場には軽食喫茶おじろがあり、後でわかったことですが、店のおばちゃんが登山客のことを見守ってくれています。駐車場にトイレもあるので、ここで準備を済ませます。

IMG_2653日向山登山

登山道入り口付近にある看板。
僕たちは甲斐駒ヶ岳方面ではなく、日向山方面に向かいます。

IMG_2655日向山登山

登山道入り口には猿の人形が。
甲斐駒ヶ岳は標高2966mあるので、今回の日向山(1659m)の二倍近い標高です。

IMG_2656日向山登山

熊出没注意の看板は登山道では結構頻繁に見かけますが、今回は近くに熊がいるのではないかと、ビクビクした登山でした。詳細は後ほど。

IMG_2657日向山登山

10時頃出発!
登山開始と書きたいところですが、ここはまだ登山道ではないのかな?
前回の上高地では天気に恵まれず残念でしたが、この日は抜群の良い天気でしたので、良い登山になりそうな予感です!

IMG_2658日向山登山

今回の地図です。
andoroidスマートフォン用のtrace recorder2を使用し、GPSデータから行程地図を作成しました。


より大きな地図で 日向山登山 を表示

やっぱ天気がいいと、草木も輝いていますね~。気持ちも全然違います。
上高地も天気が良い時に、また行きたいもんです。

IMG_2659日向山登山

キャンプ場の横を通り過ぎ

IMG_2663日向山登山

日向山コースの、まずは矢立石登山口まで向かいます。
ということは、ここはまだ登山道では無いんですね。

IMG_2664日向山登山

徐々に傾斜がきつくなっていきます。

IMG_2665日向山登山2

天気が良いと見るもの全部綺麗に見えてきます。

IMG_2667日向山登山

どんどん前へ前へ

IMG_2668日向山登山

…ときたら、いきなりコレですか。
ここはまだ登山道ではないんですか?
どう見ても結構な登山道ですよ??

IMG_2670日向山登山

このように至る所に目印がついているので、迷うことはまずありません。

IMG_2672日向山登山

こんな感じで

IMG_2674日向山登山

このようなお釜のような場所が何箇所かありました。
ここは木を焼くのに使ったのかな?なんだろう。

IMG_2679日向山登山

IMG_2685日向山登山

道路に出ました。しばらく歩くと…

IMG_2687日向山登山

矢立石登山口に到着。11時過ぎ頃。
ここで右に進むコースの人が多いようですが、嫁さんの事前調査によると、
右コースは登りは楽ですが、下りがかなり急で結構危ないようです。
看板の下の方にも、「日向山頂上~錦滝ルートは急勾配で滑落の恐れがある」と書いてあります。
左の尾白川林道を行くコースは、逆に登りがけっこうきつめで、帰りが楽というコース。
急傾斜の場合は登りより下りの方が、怪我などの心配もあり少し危険なので、僕たちは左の尾白川林道から行くことにしました。
ちなみに、尾白川林道ルートから登るコースでは、山頂より先に錦滝を見ることができるので、それもいいと思いました。

IMG_2691日向山登山

下記サイトから拝借の画像で、
http://www.hokuto-kanko.jp/mountain/hinata.html

傾斜の違いがよくわかると思います。
下りがしんどい人は、行きを林道のコースにした方が良さそうです。

日向山コース断面図

矢立石登山口付近には、登山客のものと思われる車が何台か止められていました。

IMG_2693日向山登山

通行止めがあり、この道で本当に合っているのか心配になりますが、これは車両のことなので大丈夫です。
登山道はこの奥に続いています。

IMG_2694日向山登山2

尾白川林道をどんどん歩いて行きます。

IMG_2695日向山登山

IMG_2697日向山登山

歩いていると、時折木々の間から甲斐駒ケ岳が見えます。

IMG_2701日向山登山2

倒木が処理されているあたりには、

IMG_2705日向山登山

チョロチョロと湧き水が流れていました。

IMG_2708日向山登山

尾白川林道を黙々と歩いて行きます。
しかし、この辺りであたり一面動物園のようなケモノ臭が漂っていまして。
先ほど熊出没注意の看板を見ましたし、近くにいるんじゃないかと怖くなりました。
このケモノ臭は、尾白川林道を抜けるまでずっと続いていました。
実際は鹿などもいるらしいので、何の動物だったかのかは謎ですが。

IMG_2710日向山登山2

初夏を感じさせる若草色です。

IMG_2711日向山登山

歩いていると、落石があった地帯にさしかかりました。

IMG_2713日向山登山2

山肌が崩れた痕跡が残っています。ちょっと怖いですね。

IMG_2719日向山登山

向こう側に見える甲斐駒ケ岳を眺める。

IMG_2721日向山登山2

砂防ダムでしょうか。

IMG_2727日向山登山2

綺麗なピンク色の花

IMG_2729日向山登山

アカヤシオでしょうか?綺麗ですね。

IMG_2731日向山登山

しばらくすると、錦滝に到着しました。12時頃。

IMG_2734日向山登山

おお!結構ダイナミックな滝です!綺麗!!

IMG_2742日向山登山

久々にマイナスイオン浴びたような気分です。
とても気持ちの良い滝でした。
向こうのメンズと写真の撮り合いっこなどしました。

IMG_2758日向山登山

ミヤマキンバイでしょうか。綺麗ですね。

IMG_2754日向山登山

錦滝でマイナスイオンを浴び、とても気持ちよかったのも一時、再び登山道を歩きだすと、傾斜は更にきつくなっていきます。
更に、ここらで嫁が「予定時間より遅れてるから急ぐ」と言い出したため、ただでさえきつい傾斜をゼーゼー言いながら登ります。

IMG_2767日向山登山2

こんな鎖場もあり、けっこう変化に富んだコースです。

IMG_2770日向山登山2

こーーんな急な階段もありました。

IMG_2773日向山登山

下を覗いてみると、そうとう急だったのが解りますね。

IMG_2776日向山登山

別に嫁さんの尻のアップを撮りたかったわけでなく、とても急な登りだという写真を撮りたかったのです。
急いで登っていたため、ここらで私は足を岩にぶつけてしまい、負傷…。
登山では急ぐのは禁物ですね。。

IMG_2777日向山登山

こういうウネウネした根はいつ見てもそそります。

IMG_2779日向山登山

IMG_2782日向山登山

この急な傾斜はまだ続くのかと、肩で息をしながら登っていきます。
き、きつい。。
嫁さんは結構大丈夫らしく、差が開いていきます。

IMG_2784日向山登山

まだかまだか…と歩いていると、急に視界に変な風景が飛び込んできました。

IMG_2789日向山登山2

ここから、急に砂地の地帯に変わっています。
ということは、ついに。。

IMG_2793日向山登山

雁ヶ原(がんがはら)に到着したようです。この風景すごい!

IMG_2801日向山登山

すげーーー!!!
こんな風景初めて見ました!ここは砂漠ですか??
鳥取砂丘ってこんな感じなんですかね?

IMG_2798日向山登山2

これは風化した花崗岩の砂でできた風景なのだそうです。
歩いていると、本当に海の砂浜を歩いているかのように、足がズボズボと砂に埋まり、歩きにくいです。

IMG_2809日向山登山

花崗岩の砂の中に、岩肌が突き出しているダイナミックな風景です。
思わず見とれてしまいます。

IMG_2819日向山登山

砂浜のようですが傾斜はかなり急なので、苦労しながら登っていきます。
砂埃もすごい。

IMG_2828日向山登山

登ってきた方を振り返ると、この急勾配!

IMG_2833日向山登山

この風景に圧倒されます。

IMG_2837日向山登山

僕は三脚担ぎながら登っていたので、この急勾配の歩きづらい砂地は、滑り落ちそうでけっこう怖かったです。

IMG_0287

その岩の上には何があるんだろう?

IMG_2843日向山登山

岩の上には、こんな絶景が広がっていました…!

IMG_2850日向山登山

甲斐駒ケ岳が見えますね。本当に気持ちの良い眺めです。
今回は本当に登山したなあ~と思える、登山の醍醐味のような要素を全部味わえています。
上高地はちょっと不完全燃焼でしたからね。。
ここで甲斐駒ケ岳や岩山からの眺めを満喫しながら、お弁当を食べます。14時頃。

IMG_2857日向山登山

甲斐駒ケ岳(2966m)。

IMG_2872日向山登山

奇岩の眺めも凄いです。

IMG_2875日向山登山

そしてお昼御飯を食べ終え、山頂方向へ登山再開します。
この風景は…すごい!
地図上だと、雁ヶ原はこの辺りを指しているようですね。
風化花崗岩砂と奇岩のおりなす風景がすごいです。
この急斜面を落ちないように注意しながらトラバースします。

IMG_2891日向山登山

後ろを振り返る。この眺めもまた良し。

IMG_2897日向山登山

砂に足をとられ歩きづらいですが、滑り落ちないように気をつけて登っていきます。

IMG_2898日向山登山

いや~、日向山は本当に景色の変化に富んでいて楽しい山ですね。

IMG_2899日向山登山

ここらへんでマウンテンハードウェアの店員さんの方に会いまして、親切に色々教えて頂きました。
色々と気を使っていただいて有難うございました。

IMG_2902日向山登山

日向山 1660の立て札が立っていますが、三角点は別の場所にあるそうです。
(それも先ほどの方に教えて頂きました。)

IMG_2904日向山登山

そして、この場所からは下界を広範囲に見渡すことができ、とても良い眺めです。
遠くに見えるのは八ヶ岳ですね。
この場所でお弁当を食べるのも気持ちよかったでしょうね~。

IMG_2905日向山登山

八ヶ岳には来月の7月に行く予定で、
嫁さんが一生懸命計画を練っています。

IMG_2910日向山登山

雁ケ原の景色とお別れするのは名残惜しいですが、三角点を拝んで下山しましょう。

IMG_2914日向山登山2

道しるべもあるので、迷うことは無さそうですね。

IMG_2916日向山登山

三角点はこんな地味にポツーンとありました。14時40分頃、山頂到達!でいいのかな?

IMG_2917日向山登山

倒木に生えているキノコ

IMG_2911日向山登山

スミレの花が咲いていました。

IMG_2918日向山登山

日向山の雨量観測所。
ロボット観測所でアメダス(AMeDAS)のシステムだそうです。

IMG_2920日向山登山

熊笹の斜面から木々が突き出しています。
下りの風景は登りとは違う雰囲気で、変化が楽しめますね。

IMG_2921日向山登山

熊笹の道をどんどん歩いて行きます。
実際は、この緩やかな下りの道が、わりと単調に続きます。

IMG_2923日向山登山2

これはまたミヤマキンバイでしょうか。

IMG_2926日向山登山

矢立石登山口まで戻ってきました。15時半頃。

IMG_2930日向山登山

熊の目撃情報の立て札。
実際に歩いていてフワっと動物園のようなケモノ臭が漂ってくることがあるので、ちょっと怖かったですね。
リードを付けていない犬は、隠れている熊を見つけて突撃してしまうらしいので、注意が必要です。

IMG_2932日向山登山

どんどん降りていきます。

IMG_2933日向山登山

車道に出ました。
もうすぐかな?

IMG_2937日向山登山

日が落ちてきました。

IMG_2940日向山登山

ここらへんはちょっと急勾配ですが、気をつけてくだります。

IMG_2943日向山登山

帰りも目印で迷う心配なしです。

IMG_2944日向山登山

下って下って、下山完了!16時頃です。

IMG_2949日向山登山

やったで~
今回けっこうしんどかったり、怪我したり、熊いそうだったり、雁ヶ原最高だったりで、登山満喫したったで~

IMG_2952日向山登山

バスの時間までまだあるので、駒ケ岳神社も見物することに。

IMG_2955日向山登山

IMG_2956日向山登山

厳かな鳥居をくぐり

IMG_2957日向山登山

夕暮れ時の神社を見学します。

IMG_2962日向山登山

駒ヶ岳神社は甲斐駒の麓にあり、今から約270年前に駒ヶ岳講信者が建立し、須佐之男命の子、大己貴命が祭られています。

IMG_2965日向山登山

IMG_2968日向山登山

剣が供えられています。

IMG_2970日向山登山

下記サイトより引用
www11.ocn.ne.jp/~kaikoma/jinjya/jinjya.htm
 甲斐駒ケ岳は富士山とともに古代より人々が畏敬の念を抱き信仰の対象としてきた霊山です。
往古、聖徳太子に献上された天津速駒(あまつはやこま)という白馬がこの山で生まれたのに因んで「駒ケ岳」と称されるようになったと伝えられています。
海抜2,966m この嶮岨な霊峰は、江戸時代の文化年間に信州(長野県)の人、今右エ門の次男、権三郎〔後の弘幡行者(こうばんぎょうじゃ)・開山威力不動明王〕によって開かれました。
 その甲斐駒の登山口にあたるこの地に里宮として建立されたのが「駒ケ岳神社」であります。
平成15年の現在からさかのぼること約280年余り前になります。
 世間一般に「だいこくさま」とよばれ尊崇されている大己貴神(おおなむちのかみ・大国主神)を主祭神とし、少彦名神、天手力男神等、七柱の神々が祀られています。
 祭日は本来4月12日ですが、近年は諸般の事情により〔4月10日から16日の間の日曜日〕と定めて祭典を行っています。当日は太々神楽が奉奏され、氏子、崇敬者、講社の参拝で賑わいます。
 地元はもとより京浜方面、或いは阪神地区にまでも駒ケ岳講が結成され、広く厚く信仰をあつめて今日に及んでおります。

IMG_2972日向山登山

愛嬌のあるお顔

IMG_2976日向山登山

この橋を渡って渓谷道を千ヶ淵方面へしばらく行くと、色々な滝を見ることができるそうなのですが。

IMG_2975日向山登山

IMG_2978日向山登山

定員5名と書いてあります。結構揺れますね。

IMG_2979日向山登山

滝は見たかったのですが、このコースを行ってしまうと結構帰りのバスの時間にギリギリになってしまうのと、
この道を歩き出してしばらくしたら結構な登山道になるのと、また動物園臭がしてきたので、諦めてバス停まで引き返すことにしました。

IMG_2986日向山登山

もうちょっと早く帰ってこれたら、滝も見れたかもしれませんが、今日は結構ハードな登山で疲れていたのもあり、いた仕方ないです。

IMG_2989日向山登山

滝を見に行かない代わりに、川でしばし戯れ、バスが来るまでの時間は「軽食喫茶おじろ」にて、ソフトクリームを食べながら、店のおばちゃんの話を聞きました。
おばちゃんが、店の前を通って入山する人を見て覚えておいて、夜になっても帰ってこない人がいる場合は、警察に連絡をしているそうです。
昔このお店で寝泊りをしていた時は、早朝からやってくる登山客が外で寒そうにしているのが不憫で、営業前から店に入れてあげたりしていたため、睡眠不足等で体がもたなくなり、現在は通いだそうです。
僕たち登山客の知らないところで、そんな気を使ってくれている人がいたんですね。
最後にいい話が聞けて良かったです。

IMG_2993日向山登山

韮崎駅に戻ってからは、平和観音を一目見ようとしましたが、本日は営業終了なり。

IMG_3006日向山登山

嫁さんが調べてくれた、中華料理の松葉家さんへ入ります。
最近全部嫁さんが調べてくれていて、悪いな~と思います。

IMG_3007日向山登山

五目つけ麺、ピリ辛でさっぱりしていて美味しかったです。
値段もとてもリーズナブルでした。
まさに町の食堂という雰囲気でした。

IMG_0358

帰りの電車の中では甲州のカップワインをちびちびと。

IMG_0363

おみやげは、以前大菩薩嶺登山の時に買った、「黒玉」。
えんどう豆の餡が薄い羊羹のような生地で包んであるお菓子で、美味しくて気にっていたので、また買いました。

IMG_0374

今回の日向山は、登山の醍醐味を味わえ非常に充実した登山でした。
疲労もはんぱなかったですが。。
でもやっぱ、登山はこうでないとな、と思いました。
上高地で不完全燃焼だった登山欲を解消できた感じです。
初心者でもOKな山ということなので、是非!お勧めです。

にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/18(土) 10:00:19|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京都庭園美術館 「森と芸術」展にて | ホーム | 上高地トレッキング 北アルプス穂高連峰の眺め / 松本市街観光>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://banyantree.blog86.fc2.com/tb.php/249-b9f2b680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

counter

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

複眼RSS

recent update

CssTagCloud

RX1R  台湾    写真  登山  台北  EOS  5d  canon  夜市  24-70  豆花  荒川  トレッキング  旅行  芋圓  アウトドア    CCNA  川口  花火  紅葉  タピオカ  育児  5dmk2  explorer  ハノイ  屋台  ベトナム  5dmark2  縦走  箱根  世界遺産  北アルプス  techno  黒本  夜景  丹沢  北区花火会  上海  大前研一  韓国  西川口  神津島  ランニング  マラソン  カキ氷  築地  龍山寺  京都  渓流  築地市場  仙草  塔ノ岳  地震  富士山  八宝氷  アート  八寳冰  華西街観光夜市  伊豆  市場  尊仏山荘  九份  暇つぶし問題  テクノ  ミスタービーン  鮮芋仙  西穂高岳  松山夜市  ナップスター  西穂山荘  温泉  ウォーキング  龍都  横岳  東日本大地震  震災  赤岳天望荘  東京電力  公園  キドキド  GW  硫黄岳  長谷寺  IOS  外付け  さいたま新都心  鎌倉  ドラムンベース  ソウル  鋳物  赤岳  ゴールデンウィーク  饒河街夜市  福島原発  デフラグ  庭園  臭豆腐  蘇州  原発  norton  臨光街観光夜市  八ヶ岳  つけ麺  計画停電  android  火山  tron  レガシー  KBC-L2BS  legacy  場外市場  eneloop    紅葉写真  鮨國  渋滞  寿司  胞子体  常寂光寺  天竜寺  International  南禅寺  Taipei  Flora  嵐山  ラン    Exposition  ロックガーデン  禅林寺  コケ  クリスマス    茶臼岳  姥ヶ平  IS06  夕暮れ  2010台北国際花卉博覧会  花博  永観堂  淡水  漁人埠頭  トロン  go  停電  輪番停電  家電  福島第一原発  使用済み核燃料プール  周波数  中間貯蔵施設  東日本巨大地震  大津波  岩畳  ライン下り  秩父  長瀞  原子力  スリーマイル島  東電  Yahoo!基金  聖神社  和同開珎  上高地  穂高  明神池  大正池  和銅遺跡  和銅  インターネット基金  募金  赤十字  蓑山  サクラ  美の山公園  宝登山動物園    ほん陣  甘酒茶屋  雪山  箱根駒ケ岳  神山  早雲山  芦ノ湖丼  芦ノ湖  テリー伊藤  丸武  箱根旧街道  草源  片瀬快平  こけし  箱根駅伝  Subtle  peacepact  大菩薩嶺  proxy  ナップスタージャパン  蝋梅  宝登山  to  US  drum'n'bass  Audio  Polska  MACC  napster  paradox  こぼれうに丼  ダイビング  reinforced  ドラムン  jungle  花見  井の頭公園  六本木アートナイト  吉祥寺  drum&bass  益子焼  筑波山  レモン  岩殿山  益子  陶器  陶器市  国立新美術館  kuumba  ラーメン  渋谷  かいじゅうたちのいるところ  中華料理  大盛り  まぐろ焼き  仙台や  タロ芋  mrbean  不毛地帯  お香  ドラマ  NO  LAND展  MAN'S    食事処渓  スタートアップ  itune  ノートン  プロセス  フリーソフト  ad-aware  チェックディスク  植木鉢  トレッドミル  蕎麦  ドーナツ  パスタ  観葉植物  ジム  イヤホン  msconfig  ネットワーク  景福宮  南大門市場  土俗村  dub  つけめん  Elemental  一眼  LPIC  linux  ping  闇金ウシジマくん  dim  DAISO  light  光都東京  皇居  パッピンス  ホットック  広蔵市場  棒ノ折山  棒ノ嶺  根津美術館  ゴルジュ  東大門市場  河童橋  taicoclub09@kawasaki  野外フェス  戸田橋花火大会  珍珠  沖縄  東京マラソン  仏像  仏像写真  つけそば  廃墟  HDR  麺処遊  草津白根山  草津温泉  本白根山  工場  トマの耳  チェブラーシカ  糖朝  マトリョーシカ  谷川岳  オキの耳  水上温泉  monolake  taicoclub  荒川河川敷  ハーフマラソン  谷川真理  日本橋  地球儀  近江町市場  金沢  METAL  FIGURATION  土偶展  イルミネーション  フィギア  サイコガンダム  FIX  GUNDAM  兼六園  21世紀美術館  B級グルメ  中正公園  川口B級グルメ  上尾シティマラソン  士林  古早味豆花  地瓜粉  基隆  長町武家屋敷跡  東茶屋街  新宿御苑  六義園  台北101  ライトアップ  高山植物  ブロッケン現象  五色桜大橋  河川敷  花火大会  赤羽  帰宅  阿佐美冷蔵  十きち  日光天然氷  足立  自由廣場  包子  素食  豆漿  阿妹  茶酒館  蒋介石  中正紀念堂  大山  大山寺  33区熱炒  伍角船板  サニーヒルズ  パイナップルケーキ  アイスモンスター  天燈  十份  平溪線  ハーフバースデー  東京スカイツリー  川口神社  紅葉ライトアップ  阿夫利神社  金山権現  密蔵院  お食い初め  安行桜  光復市場  鳳梨酥  旧市街  歴史博物館  クルーズ  バイン・ミー  ダック・キム  ベトナムコーヒー  ブン・チャー  リトル・ハノイ  ドンスアン・ナイトマーケット  ティエンクン鍾乳洞  Pho  Com  Quan  Van  ハロン湾  水上生活者  桂林  ホーチミン廟  文廟  陽明山  奥穂高岳  ピラミッドピーク  竹子湖  海芋祭  廣方圓  小油坑  七星山  独標  平湯温泉  ドンスアン市場  玉山祠  バッチャン村  水上人形劇  オーラック・ハウス  新穂高ロープウェイ  岩淵水門  深坑  老街  Eggs  羊のショーン  牛肉麵  'nThings  パンケーキ  台湾茶  新純香  行天宮  熱炒  魔法の美術館  サンバレー那須  南ヶ丘牧場  ふじの市商店街  マンゴーチャチャ  辛發亭  さいたまスーパーアリーナ  松山慈祐宮  烏龍茶  ICE  越谷レイクタウン  グリーンセンター  ギャラクシティ  新北市  三峡  彫刻  清水祖師廟  三峽  コンパス  国立科学博物館  ネモフィラ  あらかわ遊園  MONSTER  国営ひたち海浜公園  センサー清掃  上野  舎人公園  七夕  高鉄  望水  大室山  城ヶ崎  北川温泉  GECCA  上野動物園  鬼怒川温泉  旧田中家住宅  プライベートガゼボ  松江城  松山  宇部  リゾナーレ八ヶ岳  島根  スパリゾートハワイアンズ  出雲大社  玉造温泉  大宮公園  氷川神社  オオサキ  ピッツェリア  ジェラード  結婚記念日  台中  新幹線  日月潭  南投  牧場  丸山公園  てっぱく  鉄道博物館  入園式  都市農業公園  芝川水門  榎本牧場  上尾  Intimex  JTB  田子坊  新天地  豫園商城  浦東  外灘  トランスフォーマー  Transformers  上海環球金融中心  豫園  和諧号  獅子林  中国  動車組CRH  拙政園  寒山寺  山塘街  留園  Foster  The  金時山  大日岩  日本百名山  すすき  仙石原  ちゃいなハウス  ギョーザ男  ドロヘドロ  瑞牆山  山小屋  Up  Pumped  People  Kicks  トキシトロン  山梨  金峰山  油爆河蝦  蟹粉豆腐  トランスフォーメーション  鶴仙園  美術展  シュールレアリズム  庭園美術館  iTunes    金牛角  森と芸術展  東京都庭園美術館  甲斐駒ケ岳  花崗岩  日向山  雁ヶ原  白い砂    錦滝  IGain  Quicktime  souls  dark  ダークソウル  フロムソフトウェア  キングスフィールド  紅焼猪肉  南京東路  上海姥姥  オンタデ  大陽館  コマクサ  ウシアブ  音量  須走  大砂走り  携帯酸素  高山病  二ノ塔  三ノ塔  金瓜石  慈祐宮  延三夜市  頼阿婆芋圓  提灯  Napster  悲情城市  阿妹茶樓  雙城夜市  通化街夜市  ギャラクシー  紫陽花  成就院  三河千鳥  花でまり  臨光街  フェアリーアイ  Tunebite  Rhapsody  YANO  AKIKO  クリスパーカー  TRIO  レイ  クアンコムフォー  メリアハノイ  ハラカミ  ウィル・リー  矢野顕子トリオ    奥多摩  川苔山    百尋の滝  東京  ブルーノート  アジサイ  九份芋圓  妙義山  著莪  豆芳  中間道  さくらの里  金洞山  金鶏山  石門  芳甘菓  吾妻山  バカ尾根  大倉尾根  烏尾山  丹沢山  弘法山  権現山  浅間山  天上山  七島  古都  明日葉  赤崎遊歩道  建長寺  高徳院  釈迦堂口切通し  浄妙寺  大仏  まっちゃーれセンター  だいじんこ  砂漠  千代池  さるびあ丸  神津島灯台  千両池  ジュリアの十字架  ありま展望台  ゴアテックス  

all contents

全ての記事を表示する

Last.fm

jognote

link

serch

RSS feed

month archive

NINJA ANALYZE

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。