banyantree -photo & music blog-banyantree -photo & music blog-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

妙義山中間道登山- さくらの里と石門のみち

GW前半の4/29、妙義山登山と、さくらの里に花見に行ってきました。
登山については、山頂までの登頂コースではなく、中間道コースになります。

IMG_6069妙義山_艶桜_さくらの里


前回の弘法山登山では、タイミングが数日遅く、残念ながら桜が殆ど散ってしまっていました。
このため、もうちょっと北の方で桜がちょうど見ごろで、登山ができるところを探していましたら、妙義山が凄く良さそうでした。
妙義山山麓にある「さくらの里」はもうすぐ見頃を迎える時期のようですし、妙義山自体も、上級者用の危険なコースを避けて中間道(登頂はしない)を行くことにすれば、僕たちのレベルでも登れそうな感じです。

久々の群馬の山。
調べたところ、マイカーでない僕たちには交通がちょっと不便で、最初は松井田駅から行くか、下仁田駅から行くかで迷いました。
ネットの情報では、松井田駅から乗り合いタクシーが「さくらの里」まで出ていて、安価で行けるとのことでしたが、電話して確認したところ、今年はやっていないとのこと。
松井田駅にはバス停もタクシー乗り場も無いそうなので、交通費は高くなってしまいますが、下仁田駅からバスかタクシーで行くことに。

下仁田駅には8時半頃到着。
しかし、バスの始発が9時半であり、更にバスの最終到着駅から「さくらの里」まで、徒歩で1時間くらい歩かなくてはいけない、ということなので、せっかく早く着いたのに、スタートが遅くなってしまいます。
このため、奮発してタクシーで行くことにしました。
下仁田駅から「さくらの里」まではタクシーで4600円。

…って細かく書いてますが、マイカーでない場合、山までのアクセス調べるのって結構大変ですよね。
特に日帰り登山の場合は、帰りのバスダイヤとかも調べなくてはいけないですし。
帰りのバスダイヤについては、今回は「さくらの里」からスタートして、妙義神社付近で下山後、徒歩でも1時間くらいで松井田駅まで歩いていける、ということなので、心配しなくて大丈夫そうです。

下仁田駅から乗ったタクシーで、運転手の方から「今ちょうど満開ですよ!今日で最後くらいじゃないかな?」との情報を頂いたので、ガッツポーズ。
駅周辺はすでに散り始めているのですが、「さくらの里」の方は標高が高いので、まだ大丈夫とのこと。
今日は天気もよいので、絶好の桜日よりなのでは、と期待も高まります。

そして、ちょっと心配していた渋滞もなく、20分ほどでタクシーが桜の里に到着!

IMG_6021妙義山_艶桜_さくらの里

もう完全にガッツポースです。
これが見たかった!青空の下の満開の桜!!

IMG_6020妙義山_艶桜_さくらの里

しばらく桜の写真が続きます~。

IMG_6022妙義山_艶桜_さくらの里

青空と桜のコントラストが映えますね~。

IMG_6023妙義山_艶桜_さくらの里

IMG_6025妙義山_艶桜_さくらの里

http://www.town.shimonita.lg.jp/shoko-kanko/m03/m02/m01/03.htmlより引用

さくらの里の概要

さくらの里園内の様子さくらの里は、妙義山の南面山麓に広がる斜面一帯を利用して園地にしています。
面積は、約47ha、園内には歩道や四阿が整備されているほか、野外ステージがあります。
園内に植えられたさくらは、45種5,000本で最も多い種類はソメイヨシノです。
また、カンザン、フゲンゾウなどの八重さくらも多く、咲く時期がことなることから、
4月中旬から5月中旬まで開花を見ることが出来ます。
珍しい種類としては、ミシマザクラ、ヨウキヒ、コトヒラなどがあります。
(注:平成19年11月 調査で種類・本数を実測)




一面の桜が…。

IMG_6027妙義山_艶桜_さくらの里

夢中になって写真を撮る、その奥には妙義山が。

IMG_8370

つつじも咲いていました。

IMG_6034妙義山 さくらの里と石門のみち

つつじって、とても鮮やかな色ですよね。

IMG_6035妙義山 さくらの里と石門のみち

妙義山についての引用は、全てwikipediaからです。

妙義山(みょうぎさん)は、群馬県下仁田町富岡市安中市にまたがるいくつものピークから成り、最高峰は、表妙義稜線上の相馬岳(1103.8m)である。また、妙義山系全体の最高峰は、裏妙義に聳える谷急山(1162.1m)となっている。
妙義山は、白雲山・金洞山・金鶏山・相馬岳・御岳・丁須ノ頭・谷急山などを合わせた総称で、南側の表妙義と北側の裏妙義に分かれている。特に下仁田側から眺望できる金洞山(標高1094m)は別名中之嶽と呼ばれ、親しまれてきた。

妙義山というピークは無いんですね。
さくらの里の方から見えているのは、金洞山かと思われます。

IMG_6036妙義山_艶桜_さくらの里


つつじも、青空の下で本当に綺麗でした。

IMG_6040妙義山 さくらの里と石門のみち

桜の咲く斜面。

IMG_6043妙義山_艶桜_さくらの里

さくらの里マップ

IMG_6046妙義山_艶桜_さくらの里

桜が満開なので、もっと混んでいるかと思ったのですが、意外にそれほど花見客は来ていませんでした。

IMG_6053妙義山_艶桜_さくらの里

白い点のようなものは、風で待っている桜の花びらです。
花見としては、多分この日が最後のチャンスだったんではないでしょうか。
妙義山の険しい姿と桜が、対照的な感じですね。

赤城山榛名山と共に上毛三山の一つに数えられる。険しい岩峰の尖った姿が特徴的で、日本三大奇勝の一つである。また、国の名勝に指定され、日本百景に選定されている。

IMG_6055妙義山_艶桜_さくらの里

こちらの眺めもよいな~。

IMG_6066妙義山_艶桜_さくらの里

桜の斜面に突入。

IMG_6068妙義山__さくらの里と石門のみち2

この絶景!
上から青空、妙義山、桜の斜面。
そしてこの瞬間、桜の花びらが風でブワーっと舞い上がりました。
本当に綺麗だったので、写真でもなんとか伝われば良いのですが…。

IMG_6069妙義山_艶桜_さくらの里

桜の写真って結構難しくて、桜の色が伝わりやすいように、いつもと違うピクチャースタイルを使用しています。
縦の構図も良いですね。

IMG_6074妙義山_艶桜_さくらの里

つつじと。

IMG_6085妙義山 さくらの里と石門のみち

こちら側に見えるのは、金鶏山(入山禁止)です。
新緑が綺麗ですね。

IMG_6088妙義山_艶桜_さくらの里

しだれ桜。
桜尽くしです。

IMG_6093妙義山_艶桜_さくらの里

妙義山の山肌って、本当に独特ですね。
まるで中国の桂林あたりの風景を見ているようです。

妙義山は安山岩の溶岩、凝灰岩、礫岩で出来ており、いまから700万年前の噴火で出現した火山が、その後の風化・浸食が火山内部まで達したことで現在のような荒々しい山容になったものと考えられる。

IMG_6096妙義山_艶桜_さくらの里

桜に囲まれる妙義山の図。

IMG_6098妙義山_艶桜_さくらの里

トイレ近くにあったこの桜が、ドッサリと花をつけていて、見事なこと。。

IMG_6100妙義山__さくらの里と石門のみち2

桜の写真のオンパレードです。

IMG_6102妙義山_艶桜_さくらの里

登山の格好で花見をしている人たちは、殆ど見かけなかった気がします。
花見と登山両方やる人はいないのかな。

IMG_6109妙義山 さくらの里と石門のみち

桜と嫁さん。

IMG_6112妙義山 さくらの里と石門のみち

今回は、これでもかってくらい、桜の写真をやります。
一年に一度ですからね。

IMG_6116妙義山__さくらの里と石門のみち2


IMG_6117妙義山_艶桜_さくらの里

花びらが日の光で透けて、とても綺麗でした。

IMG_6118妙義山_艶桜_さくらの里

きのこ館の隣にある休憩所。
きのこ館では、きのこ蕎麦とか食べれるのかと思っていたら、きのこの資料館でした。

IMG_6121妙義山_艶桜_さくらの里

ということで、売店で名物のこんにゃくおでんを買い、ちょっと休憩。

IMG_8419

休憩所からの金鶏山の眺め。
金鶏山は中腹の周囲をぐるっと車道が回り、落石など起こすと直接歩行者や車両への危険が生じるため、登山禁止となっているそうです。

IMG_6125妙義山_艶桜_さくらの里

それでは、今年の桜を十~分に満喫できましたので、登山ルートへと向かいます。

IMG_6127妙義山_艶桜_さくらの里

つつじ

IMG_6134妙義山_艶桜_さくらの里

石門郡登山道の入り口までやってきました。
名勝と書かれているように、妙義山の見所の一つに石門郡があります。

奇岩がいたるところに見られる妙義山の中でも中之嶽の景色は圧巻で、中腹を巡る第1石門から第4石門を始め、ロウソク岩・大砲岩・筆頭岩・ユルギ岩・虚無僧岩といったユニークな名前の岩石群は日本屈指の山岳美と讃えられている。

それでは早速登っていきます!といっても、山頂コースは上級者でも危険なエキスパートコースのため、中間道を妙義神社方面に抜ける一般コースです。11時頃。

IMG_6140妙義山_艶桜_さくらの里

案内図にて。

IMG_6142妙義山 さくらの里と石門のみち

ほぼ同じ内容のネット版
ちなみに中間道は、関東ふれあいの道です。
今日の予定コースとしては、下記になります。
山頂登頂の縦走コースは危険すぎて行けないため、せめて最高地点として、大の字(標高約750m)を目指すこととします。

石門郡→中間道→大黒の滝→大の字→妙義神社

http://www.city.tomioka.lg.jp/tourism/002/001/images/tyukan1.jpg

石門郡案内図。まずは「かにのこて調べ」を経由して、第一石門へ向かいます。

IMG_6145妙義山 さくらの里と石門のみち

弘法山でも見た、キブシの花。

IMG_6148妙義山 さくらの里と石門のみち

眼下にトレイルランナーの方々。妙義山ではたくさんのトレイルランナーに出会いました。

IMG_6136妙義山_艶桜_さくらの里

「かにのこて調べ」は本当になんでもない鎖場なので、写真省略し、第一石門へ。

IMG_6155妙義山 さくらの里と石門のみち

薄い岩の板でできた門のようです。
自然が作り出した景観ってとこが、凄いですね。

IMG_8443

解説にある、柴垣はるさんの肖像が、

IMG_6160妙義山 さくらの里と石門のみち

岩の上の方にありました。

IMG_6162妙義山 さくらの里と石門のみち

登りが始まります。

IMG_6163妙義山 さくらの里と石門のみち

先ほどくぐってきた、第一石門。
これが薄い一枚の岩なのだから、凄いです。

IMG_6166妙義山 さくらの里と石門のみち

上に見えてきたのは、第二石門でしょうか。

IMG_6170妙義山 さくらの里と石門のみち

第二石門の前に、「かにの横ばい」が。
ちょっとしたトラバースですが、鎖があるのと足場もしっかりしているので、特に問題ありません。

IMG_6173妙義山 さくらの里と石門のみち

初心者向けの一般道といえど、鎖場は何箇所もあります。今日は何度鎖を掴むことになるだろうか。
ここらへんの鎖場は、中級者コースのようです。

IMG_6179妙義山 さくらの里と石門のみち

「かにの横ばい」より、その先の渋滞が酷かったです。
この先に登りの「たてばり」があり、「たてばり」から降りる「つるべ落とし」で、降りられなくなっている人がいるらしく、待っている人で行列ができています。

IMG_8456

仕方ないので、景色でも眺めます。

IMG_6190妙義山 さくらの里と石門のみち

列が前に進み初めました。

IMG_6186妙義山 さくらの里と石門のみち

ここが「たてばり」です。
しかし、登っている最中にまた前方が止まってしまったので、この場所で待機。
鎖に掴まっている状態で待機するのも疲れるので、一度引き返した方がいいですねw

IMG_6193妙義山 さくらの里と石門のみち

この降り「つるべおとし」で、渋滞が発生していたようです。
どうやら、普段着で着ていた親子連れの、小学生くらいの女の子が、降りれなくて泣いている模様。
個人的には、こういう所に子供を連れてくる親は、どうなんだろうと思います。
しかも普段着で。
何かあった時のことを考えてないのでしょうか。

IMG_6200妙義山 さくらの里と石門のみち

これです。
これでも関東ふれあいの道ですか?w
そんな、ぬるい響きの道ではないですね。
(どうやら調べた感じだと、関東ふれあいの道には、ここらへんの鎖場は含まれてないらしい)

IMG_6201妙義山 さくらの里と石門のみち

鎖場って一見怖そうなのですが、僕は今まで鎖場で怖い思いをしたことがありませんでした。
しかし、妙義山の鎖場は、今までとは違いました。
前日が雨だった、というのもあると思いますが、なんと、足場がツルツル滑るのです。
嫁から「滑るよ!」と忠告されたのですが(嫁さんが先)
一度足をかけた場所がツルっと滑り、足を持ってかれそうになって、慌てて別の場所に足をかけましたが…。
慌てて足をかけたその場所も、ツルリ!と滑って、一瞬両足が、ちゃんと足場についていない状態に…。
ジタバタし、やっとちゃんと固定できる場所に足を着けましたが、
全力で鎖にしがみついたため、筋肉が硬直しました。
鎖場で初めて冷や汗をかきました。
なにこれ?ちゃんとした足場無いじゃん??

IMG_8464

中間道でこれかよ…と思いながら先へ進みます。(正しくは中間道には含まれない?)
さっきので筋肉が緊張状態になり、こんなのが幾つも続くとしたら、本当に握力と腕の筋力だけで登り降りすることになり、手の力が緩んだらまっさかさま、一貫の終わりです。
ネットで妙義山登頂コースの鎖を体験した人の感想をよく見るのですが、
腕の筋力が尽きたため、鎖を下りれない状況になり、回復するまで待機した、命の危険を感じた、というような記載があり、もちろん中間道とは比較にならないでしょうが、ニュアンスは理解した気がしました。
(ただ、よく地図を見ると、先ほどの鎖場は中級コースになっているようです)
次は、片手さがり。

IMG_6204妙義山 さくらの里と石門のみち

さっきより直角に近い感じなので、片手で下がれる雰囲気ではないですね~。
しかし、こちらは足場がツルツルでは無かったので、安定して足をかけて降りることができました。

IMG_6205妙義山 さくらの里と石門のみち

ゴツゴツした岩の登山道。

IMG_6209妙義山 さくらの里と石門のみち

関東ふれあいの道
さくらの里と石門のみち
(妙義山中間道)

IMG_6211妙義山 さくらの里と石門のみち

先に第三石門に行ってみると…。

IMG_6213妙義山 さくらの里と石門のみち

見るだけで、門の先は行き止まりでしたので、引き返します。

IMG_8472

こちらが第四石門。

IMG_6221妙義山 さくらの里と石門のみち

よくこんな不安定そうな形で、震災にも耐え保っているなあと思います。

IMG_6225妙義山 さくらの里と石門のみち

ふと後方を見ると…

IMG_6227妙義山 さくらの里と石門のみち

すごい急傾斜の鎖場を降りていく団体が見えます。怖っ!
ここってさっき自分達も通った所?
違うかな?

IMG_6234妙義山 さくらの里と石門のみち

しかし凄い景色です。

IMG_6232妙義山 さくらの里と石門のみち

あんな所に人が立ってる。
IMG_6238妙義山 さくらの里と石門のみち

「縦走コースへは、一般登山者は立ち入るな」の立て札があります。
以下wikiよりまるコピペですいませんが、危険さがよくわかると思います。

表妙義縦走路は岩稜帯が連続し、こぶ岩・鷹戻し奥の院の鎖場等で多数の死亡・重傷等遭難が繰り返し起こっている。その通過の難しさは、北アルプスの大キレット剱岳の 比ではない。とくに、他の山系と異なり、岩の性質上スタンス(足がかり)が乏しく、鎖を全力で握り腕力で身体を引き上げることを強いられる箇所や、ヤセ尾 根で両側がともに100m以上切れ落ちているような危険箇所がしばしば現れ、腕の力が尽きたり、ほんの一度躓いたりしただけで、命を落とす最悪の帰結につ ながる。遭難者の捜索・収容には、多額の県民の税金が費消される。

このため、2010年1月、群馬県・地元自治体・警察・消防・山岳会で「妙義山系山岳遭難防止対策会議」が発足、地元警察は、鷹戻し・奥の院とその周辺の鎖・ハシゴを撤去し、岩登りのエキスパート以外縦走路に入らせない措置を提案した。これに対し、登山者の立場から出席した委員は、鷹戻しに複線のハシゴから成る新ルート・鉄筋のアンカー(足がかり)の設置による整備等を提案。だが、県側は、ハシゴや足がかりなどを新たに設置した場合に営造物責任が 発生するとして、新規のハシゴやアンカーの設置で登山道の危険を緩和する対策を否定した。こうしたなか地元山岳会は「鎖を増設すれば遭難は減る」と強く主 張、結局、登山者を大きな滑落死のリスクにさらした登山道の状態を、鎖の増設と改良だけで放置する方向に結論を導いてしまった[1]

現在、地元警察では、スリングを装着、カラビナを鎖の環にかけかえながら確保しつつ登る方法を提案しているが、これは一般に告知されておらず、実践している登山者は稀である。また、鷹戻しに現在あるハシゴは、老朽化が進みつつある。

IMG_6239妙義山 さくらの里と石門のみち

そんな感じですので、縦走コースには立ち入りません。
大砲岩へ行くための鎖場が待ちの状態のため、並んでいます。

IMG_6241妙義山 さくらの里と石門のみち

ここは傾斜はきついですが、足場がちゃんとしているので大丈夫ですね。

IMG_6244妙義山 さくらの里と石門のみち

天狗のひょうていに行く所にも鎖場有り。
両側は切り落ちています。

IMG_6245妙義山 さくらの里と石門のみち

大砲岩など、色々な形の奇岩郡が見えます。

IMG_6252妙義山 さくらの里と石門のみち

IMG_6253妙義山 さくらの里と石門のみち

この薄~い岩壁すごい。

IMG_6256妙義山 さくらの里と石門のみち

中間道ですので、上の方までは行きません。

IMG_6261妙義山 さくらの里と石門のみち

先ほどの小学生(?)たちもやってきました。
また鎖場が渋滞すると嫌なので、先に行きます。
普段着で来られると、見てる方が怖いです。
軍手もしないで大丈夫なのでしょうか…。

IMG_6267妙義山 さくらの里と石門のみち

胎内くぐりにて。
くぐったらそのまま向こうに落ちそうな気がして、くぐってません。

IMG_8490

ツルり二度目の瞬間w
というか、鎖の方向に対して単に場所取りが悪かったでしょうかorz

IMG_8496

石門郡はここで終わったため、これからはしばらく中間道(関東ふれあいの道)を、妙義神社方向に向けて歩いて行きます。13時頃。

IMG_6276妙義山__さくらの里と石門のみち2

トレイルランナーの大集団に遭遇!
確かに中間道だけであれば、ランニングコースにできるかもしれませんね。

IMG_6279妙義山__さくらの里と石門のみち2

スミレの花が。

IMG_6275妙義山 さくらの里と石門のみち

ここからは、こういう感じの岩壁脇を行くような道が多くなります。

IMG_6282妙義山 さくらの里と石門のみち

IMG_6284妙義山 さくらの里と石門のみち

こんな感じですれ違う。

IMG_6285妙義山 さくらの里と石門のみち

もしこれが崩れてきたら、と思うと怖いですよね。

IMG_6291妙義山 さくらの里と石門のみち

途中のこの階段も、なかなか珍しかったです。

IMG_6294妙義山__さくらの里と石門のみち2

靴の大きさに対して、足をかける部分がこんだけ。。
経費削減?

IMG_6297妙義山 さくらの里と石門のみち

花の種類は多くは無かったです。

IMG_6301妙義山 さくらの里と石門のみち

休憩所までやってきました。13時45分。
ちょっとだけ休憩して出発です。

IMG_6303妙義山 さくらの里と石門のみち

こういう感じの場所多いです。

IMG_6304妙義山 さくらの里と石門のみち

マムシ草の花が咲いていました。

IMG_6308妙義山 さくらの里と石門のみち

この花はなんだろう。

IMG_6310妙義山 さくらの里と石門のみち

本読みの僧に到着。14時。
中間道の中間点とのことで、やっと???という印象。
中間道自体は、登ったり降りたりの単調な道が、長く続く感じです。

IMG_6311妙義山 さくらの里と石門のみち

きのこの山

IMG_6312妙義山 さくらの里と石門のみち

岩をくり貫いて道を作ったわけではないと思いますが、こういう場所が何箇所もあります。

IMG_6315妙義山 さくらの里と石門のみち

絡みまくり

IMG_6319妙義山__さくらの里と石門のみち2

ここは先ほどとは地層が異なるのか、岩壁の雰囲気が異なります。

IMG_6320妙義山 さくらの里と石門のみち

IMG_6322妙義山 さくらの里と石門のみち

岩の写真も撮りだすときりがないです。

IMG_6324妙義山 さくらの里と石門のみち

第二見晴に到着。14時20分頃。

IMG_6327妙義山 さくらの里と石門のみち

第二見晴からの眺め。

IMG_6330妙義山 さくらの里と石門のみち

新芽の緑が柔らかくて、とても綺麗です。

IMG_6332妙義山 さくらの里と石門のみち

そろそろ日が暮れてきましたね。

IMG_6336妙義山 さくらの里と石門のみち

この新芽がどんどん成長して、夏にはまた景色が一変しているんでしょうね。
しかし夏場の低山は暑くてきついので、高山に行きますが。

IMG_6338妙義山 さくらの里と石門のみち

山吹はどこにでも咲いているけど、いつ見ても綺麗です。

IMG_6339妙義山 さくらの里と石門のみち

どっしりとした根っこ

IMG_6340妙義山 さくらの里と石門のみち

更にどんどん歩いて行きますと、

IMG_6342妙義山 さくらの里と石門のみち

大黒の滝に到着です。14時40分頃。
ちょっと小規模な感じの滝です。
尚、湿度のある場所に来たので、ちょっと気になったのですが、最近は妙義山にも山ビルが出没するそうです。
幸運なことに今回は被害に会いませんでしたが、中間道でも出没した情報が載っているので、アルコール持参するなど、対策した方がいいかもしれません。
落ち葉が多く積もっているような、湿った場所に多いそうです。

IMG_6347妙義山 さくらの里と石門のみち

滝をバックに。

IMG_6350妙義山 さくらの里と石門のみち

妙義神社の立て札。
杉林のあたりにも山ビルは出没するそうです。

IMG_6353妙義山 さくらの里と石門のみち

第一見晴に到着。14時50分。

IMG_6354妙義山 さくらの里と石門のみち

IMG_6356妙義山 さくらの里と石門のみち

第一見晴からの眺め。
新緑が綺麗ですね。

IMG_6357妙義山 さくらの里と石門のみち

このまま妙義神社方面に向かえば、あと0.6kmで下山なのですが、
今回は山頂までは行かないコースのため、このまま下山では味気ないので、大の字(標高約750m)に到着することを目標としています。
ですので、立て札の大の字方面に、向かいます。
大の字方面のルートは、地図によると「上級者登山道」になっており、鎖場などもありますので、注意が必要です。

IMG_6360妙義山 さくらの里と石門のみち

ここから急に傾斜が強くなり、朝からずっと歩きとおしのため、ヒーヒー言いながら登っていきます。

IMG_6361妙義山 さくらの里と石門のみち

なんだか見づらいですが、白雲山方面と第一見晴方面の、方向が示してあります。

IMG_6362妙義山 さくらの里と石門のみち

ここらへんに来ると、遥か向こうに大の字が見えました。
嫁さんが、「え~あんなに遠いの??」と絶望的な声を上げました。
二人ともずっと歩き通しなので、結構バテています。
日帰り登山って、一日で山までの往復と登山下山全てやるわけですから、大変ですよね。
最近はある程度の山は一泊コースが多かったので、例え低山といっても、一日で全部こなすのは、むしろ高山より大変なくらいです。

IMG_6363妙義山 さくらの里と石門のみち

上級者コースというだけあり、だんだん険しくなってきました。

IMG_6369妙義山 さくらの里と石門のみち

新芽が綺麗。

IMG_6378妙義山 さくらの里と石門のみち

IMG_6380妙義山 さくらの里と石門のみち

ヒーヒー言いながらしばらく登っていると、大の字と同じくらいの高さまでやってきました。
ここから大の字まで、グルッと回って歩いていく必要があります。
ちなみに大の字は「妙義大権現」の大の字で、ここに妙義神社があるという印として江戸時代にできたものだそうです。
(もちろん現在のものは、その後作り直されたものでしょうが。)
ここまで登れない人が、麓からこの文字を拝むとか。

IMG_6381妙義山 さくらの里と石門のみち

せっかく同じ高さまで来たのに、下りもあります。
嫁さん曰く、ここの鎖場のトラバース部分が、足場があまり無く怖かったそうです。

IMG_6386妙義山 さくらの里と石門のみち

やはりあまり満足に足をかける場所がないので、滑るんですよね。
僕は一番最初の鎖場で滑って、大分びびったので、以降はかなり慎重に降りています。
それでもやはり、何度かツルリをやってます。

IMG_6389妙義山 さくらの里と石門のみち

写真だとあまり伝わらないかもしれませんが、ここらへんが怖かったそうです。

IMG_6390妙義山 さくらの里と石門のみち

登ったり下ったりを繰り返しながら、大の字へ向かっていきます。

IMG_6394妙義山 さくらの里と石門のみち

IMG_6398妙義山 さくらの里と石門のみち

大の字までのコースも、一応上級者とはなっていましたが、ここから更に頂上のコースへは、「キケン上級者コース」と書かれています。

IMG_6401妙義山 さくらの里と石門のみち

更にしばらく行くと、ついに大の字の真裏までやってきました!!

IMG_6406妙義山 さくらの里と石門のみち

一般登山者は縦走コースには入山を控えるよう、注意喚起する立て札があります。

IMG_6409妙義山 さくらの里と石門のみち

大の字へ登る、最後の鎖場!(登ったら下りがあるけどね)
ほぼ90度くらいの傾斜です。

IMG_6413妙義山 さくらの里と石門のみち

頑張れ~と下から写真撮りながらも、滑落するのではないか、とヒヤヒヤしながら見ています。

IMG_6416妙義山 さくらの里と石門のみち

大の字(約750m)に到着!16時頃。
人間大の字!
下から見えるかな?

IMG_6423妙義山 さくらの里と石門のみち

人間大の字パート2!
腹が出ているように見えるのは、広角レンズの効果(のはず)です。
大の字、結構錆びています。

IMG_6435妙義山 さくらの里と石門のみち

大の字からの眺め。
ここまでの道のりが長いし険しいしで大変だったので、達成感だいぶありました。
低山登山といえ、侮るべからずです。

IMG_6436妙義山 さくらの里と石門のみち

そして、ここからの下りは、また鎖場が二箇所ほどあります。
まずは先ほどの鎖場を下る。
嫁さんも何箇所か滑ったため、ズデーッと音が聞こえてくると、気が気ではありません。
「大丈夫!?」と声をかけますが、その僕自身もあまり大丈夫でない。
最低限、登山靴と軍手は必須です。

IMG_6441妙義山 さくらの里と石門のみち

鎖場を下る。

IMG_6452妙義山 さくらの里と石門のみち

これで今日は最後の鎖場のはず。
ここもあまり足の置き場が無いです。

IMG_6455妙義山 さくらの里と石門のみち

鎖場を下ると、後は妙義神社を目指して、ひたすら下山するのみ!

IMG_6458妙義山 さくらの里と石門のみち

ここらへんの杉林、山ビルが出そうですね。

IMG_6460妙義山 さくらの里と石門のみち

あとは下山して、下山後は風呂に入りたい!

IMG_6463妙義山 さくらの里と石門のみち

下山完了!16時40分頃。
大の字・白雲山頂コース(上級者コース)と記載されています。
いや~今日はハードだった!!

IMG_6466妙義山 さくらの里と石門のみち

妙義神社まではすぐです。

IMG_6468妙義山 さくらの里と石門のみち

無事に戻って来れて、良かった良かった。

IMG_6469妙義山 さくらの里と石門のみち

妙義神社に到着。

IMG_6470妙義山 さくらの里と石門のみち

旧本社。
本社・唐門については、平成19年9月の台風9号の大雨により本殿の裏山が崩れ、治山工事を行っており、平成21年度に治山工事は完了しましたが、現在は、文化財の修復工事を行っているため、見学できないということです。
残念。

IMG_6472妙義山 さくらの里と石門のみち

本社は、上毛の日光と言われるほど見事な彫刻だそうです。
こちらの旧本社でもその雰囲気がわかるかと思います。
県指定重要文化財だそうです。

IMG_6476妙義山 さくらの里と石門のみち

IMG_6477妙義山 さくらの里と石門のみち

狛犬。

IMG_6480妙義山 さくらの里と石門のみち

IMG_6481妙義山 さくらの里と石門のみち

ここの水で顔を洗ったら、とても気持ちよかった!
後は早く風呂に入りたいですね。

IMG_6487妙義山 さくらの里と石門のみち

IMG_6488妙義山 さくらの里と石門のみち

IMG_6489妙義山 さくらの里と石門のみち

朱色の総門も、国指定重要文化財だとか。

IMG_6492妙義山 さくらの里と石門のみち

妙義神社入り口です。
奥の妙義山には、先ほどまで居た、大の字も見えます。

IMG_6498妙義山 さくらの里と石門のみち

妙義山と大の字。

IMG_6502妙義山 さくらの里と石門のみち

IMG_6503妙義山 さくらの里と石門のみち

「もみじの湯」温泉に向かう途中、妙義ふるさと美術館の庭から、菜の花と妙義山を。

IMG_6513妙義山 さくらの里と石門のみち

もみじの湯で汗を流したあと、晩飯。
大変だっただけに、下山後の一杯が美味い!

IMG_6517妙義山 さくらの里と石門のみち

その後は、歩いて松井田駅まで行くこともできるのですが、風呂入った後に1時間も歩くのもしんどいため、タクシーで駅まで帰りました。確か2600円くらいだったかな?
やはり電車も含め、交通費は結構かかってしまいましたが、面白そうな山は大抵交通の不便なとこにあるので、仕方ないですね。

今回はさくらの里の花見、たくさんの奇岩や石門を見て、鎖場連続のアスレチック登山もありで、大分充実していました!
中間道といえど、舐めるべからずです。
僕は初めて鎖場で恐怖を感じましたので。
ネットを見ていると、結構普通に登頂(縦走)ルートに行ってる人達が多いのですが、やはり命の危険を感じた、とか、実際に滑落事故の現場に遭遇してしまった、という人の記事なども見ますので、僕たちは中間道でちょうど良かったと思います。
中間道といえど、ちゃんと登山の格好で行った方がいいと思います。

GWは前半が妙義山登山、後半は神津島へ行き、大変充実していました!
後半の神津島の記事も、頑張って近日中に上げる予定です!

にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

  1. 2012/05/06(日) 21:29:16|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<神津島旅行①~天上山登山と島巡り | ホーム | 弘法山桜登山(浅間山-権現山-弘法山-吾妻山)>>

コメント

長旅でしたね!でもそのかいあっての念願の桜はきれいですね~。
花びらが降っている写真は星空みたいで素敵です^^
妙義山は名前しか知らなかったけれど、なんだか日本画のような和風な雰囲気があるな~と思いました。
でも鎖場の辺りはかなりハラハラしながら拝見しました。小学生の子は可哀想ですね・・
上級者コースはさすが、違います。危険だけど楽しいって不思議ですよね 笑。
でも無事でなにより、下山後の風呂&一杯は最高ですね!
  1. 2012/05/18(金) 00:07:47 |
  2. URL |
  3. そらねこ #-
  4. [ 編集]

妙義山は、現地へのアクセスがなかなか不便でしたが、水墨画にありそうな雰囲気で、麓の桜と一緒に見た景色は、本当に綺麗でしたよ~^^
写真よりも実際に見た方が綺麗でした。
そんな綺麗な雰囲気の山でしたが、登るとなると大変危険なようで。。
僕たちの行った中間道は、一部ルートを外れた部分を除いて初心者用なのですが、上級者用の縦走コースは、今では谷川岳より遭難事故が多いと言われているそうです。
ちょっと行ってみたい気もしたのですが、休日に命の危険を感じながら山登りするのって、どうなんだろうと思いまして…(まあ、実際無理なんですが)。
下山後の風呂は最高!…ただ、時間的な部分とか含め、日帰り登山って、やっぱりハードですよね(^^;
  1. 2012/05/20(日) 01:54:40 |
  2. URL |
  3. banyantree #yrTdUdco
  4. [ 編集]

明日、妙義山に行くよ!

こんにちは。妙義山を検索したらこのページにたどり着きました。明日の日曜日妙義山に行きます。まさに、このブログのとおり下仁田駅からバスで中村バス停~妙義山~妙義神社を歩こうと思っていたよ。だからすっごく参考になるよ!ありがとう!いいカメラ持ってるの?画質すごくいいね。
  1. 2013/10/12(土) 09:44:20 |
  2. URL |
  3. ノゲイラ #-
  4. [ 編集]

Re: 明日、妙義山に行くよ!

ノゲイラさん
どうも初めまして。
昨日は天気も良かったので、登山日和でしたね。妙義山いかがでしたか?
僕たちは結局、下仁田駅からはタクシーを使ったのですが、参考にして頂けたなら幸いです。
紅葉にはちょっと早いかもしれませんが、奇岩の風景が壮観ですよね。
カメラはCANONの5Dmark2というのを使っています。
ご訪問有難う御座いました!
  1. 2013/10/14(月) 22:13:18 |
  2. URL |
  3. banyantree #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://banyantree.blog86.fc2.com/tb.php/269-13c40554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

counter

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

複眼RSS

recent update

CssTagCloud

RX1R  台湾    写真  登山  台北  EOS  5d  canon  夜市  24-70  豆花  荒川  トレッキング  旅行  芋圓  アウトドア    CCNA  川口  花火  紅葉  タピオカ  育児  5dmk2  explorer  ハノイ  屋台  ベトナム  5dmark2  縦走  箱根  世界遺産  北アルプス  techno  黒本  夜景  丹沢  北区花火会  上海  大前研一  韓国  西川口  神津島  ランニング  マラソン  カキ氷  築地  龍山寺  京都  渓流  築地市場  仙草  塔ノ岳  地震  富士山  八宝氷  アート  八寳冰  華西街観光夜市  伊豆  市場  尊仏山荘  九份  暇つぶし問題  テクノ  ミスタービーン  鮮芋仙  西穂高岳  松山夜市  ナップスター  西穂山荘  温泉  ウォーキング  龍都  横岳  東日本大地震  震災  赤岳天望荘  東京電力  公園  キドキド  GW  硫黄岳  長谷寺  IOS  外付け  さいたま新都心  鎌倉  ドラムンベース  ソウル  鋳物  赤岳  ゴールデンウィーク  饒河街夜市  福島原発  デフラグ  庭園  臭豆腐  蘇州  原発  norton  臨光街観光夜市  八ヶ岳  つけ麺  計画停電  android  火山  tron  レガシー  KBC-L2BS  legacy  場外市場  eneloop    紅葉写真  鮨國  渋滞  寿司  胞子体  常寂光寺  天竜寺  International  南禅寺  Taipei  Flora  嵐山  ラン    Exposition  ロックガーデン  禅林寺  コケ  クリスマス    茶臼岳  姥ヶ平  IS06  夕暮れ  2010台北国際花卉博覧会  花博  永観堂  淡水  漁人埠頭  トロン  go  停電  輪番停電  家電  福島第一原発  使用済み核燃料プール  周波数  中間貯蔵施設  東日本巨大地震  大津波  岩畳  ライン下り  秩父  長瀞  原子力  スリーマイル島  東電  Yahoo!基金  聖神社  和同開珎  上高地  穂高  明神池  大正池  和銅遺跡  和銅  インターネット基金  募金  赤十字  蓑山  サクラ  美の山公園  宝登山動物園    ほん陣  甘酒茶屋  雪山  箱根駒ケ岳  神山  早雲山  芦ノ湖丼  芦ノ湖  テリー伊藤  丸武  箱根旧街道  草源  片瀬快平  こけし  箱根駅伝  Subtle  peacepact  大菩薩嶺  proxy  ナップスタージャパン  蝋梅  宝登山  to  US  drum'n'bass  Audio  Polska  MACC  napster  paradox  こぼれうに丼  ダイビング  reinforced  ドラムン  jungle  花見  井の頭公園  六本木アートナイト  吉祥寺  drum&bass  益子焼  筑波山  レモン  岩殿山  益子  陶器  陶器市  国立新美術館  kuumba  ラーメン  渋谷  かいじゅうたちのいるところ  中華料理  大盛り  まぐろ焼き  仙台や  タロ芋  mrbean  不毛地帯  お香  ドラマ  NO  LAND展  MAN'S    食事処渓  スタートアップ  itune  ノートン  プロセス  フリーソフト  ad-aware  チェックディスク  植木鉢  トレッドミル  蕎麦  ドーナツ  パスタ  観葉植物  ジム  イヤホン  msconfig  ネットワーク  景福宮  南大門市場  土俗村  dub  つけめん  Elemental  一眼  LPIC  linux  ping  闇金ウシジマくん  dim  DAISO  light  光都東京  皇居  パッピンス  ホットック  広蔵市場  棒ノ折山  棒ノ嶺  根津美術館  ゴルジュ  東大門市場  河童橋  taicoclub09@kawasaki  野外フェス  戸田橋花火大会  珍珠  沖縄  東京マラソン  仏像  仏像写真  つけそば  廃墟  HDR  麺処遊  草津白根山  草津温泉  本白根山  工場  トマの耳  チェブラーシカ  糖朝  マトリョーシカ  谷川岳  オキの耳  水上温泉  monolake  taicoclub  荒川河川敷  ハーフマラソン  谷川真理  日本橋  地球儀  近江町市場  金沢  METAL  FIGURATION  土偶展  イルミネーション  フィギア  サイコガンダム  FIX  GUNDAM  兼六園  21世紀美術館  B級グルメ  中正公園  川口B級グルメ  上尾シティマラソン  士林  古早味豆花  地瓜粉  基隆  長町武家屋敷跡  東茶屋街  新宿御苑  六義園  台北101  ライトアップ  高山植物  ブロッケン現象  五色桜大橋  河川敷  花火大会  赤羽  帰宅  阿佐美冷蔵  十きち  日光天然氷  足立  自由廣場  包子  素食  豆漿  阿妹  茶酒館  蒋介石  中正紀念堂  大山  大山寺  33区熱炒  伍角船板  サニーヒルズ  パイナップルケーキ  アイスモンスター  天燈  十份  平溪線  ハーフバースデー  東京スカイツリー  川口神社  紅葉ライトアップ  阿夫利神社  金山権現  密蔵院  お食い初め  安行桜  光復市場  鳳梨酥  旧市街  歴史博物館  クルーズ  バイン・ミー  ダック・キム  ベトナムコーヒー  ブン・チャー  リトル・ハノイ  ドンスアン・ナイトマーケット  ティエンクン鍾乳洞  Pho  Com  Quan  Van  ハロン湾  水上生活者  桂林  ホーチミン廟  文廟  陽明山  奥穂高岳  ピラミッドピーク  竹子湖  海芋祭  廣方圓  小油坑  七星山  独標  平湯温泉  ドンスアン市場  玉山祠  バッチャン村  水上人形劇  オーラック・ハウス  新穂高ロープウェイ  岩淵水門  深坑  老街  Eggs  羊のショーン  牛肉麵  'nThings  パンケーキ  台湾茶  新純香  行天宮  熱炒  魔法の美術館  サンバレー那須  南ヶ丘牧場  ふじの市商店街  マンゴーチャチャ  辛發亭  さいたまスーパーアリーナ  松山慈祐宮  烏龍茶  ICE  越谷レイクタウン  グリーンセンター  ギャラクシティ  新北市  三峡  彫刻  清水祖師廟  三峽  コンパス  国立科学博物館  ネモフィラ  あらかわ遊園  MONSTER  国営ひたち海浜公園  センサー清掃  上野  舎人公園  七夕  高鉄  望水  大室山  城ヶ崎  北川温泉  GECCA  上野動物園  鬼怒川温泉  旧田中家住宅  プライベートガゼボ  松江城  松山  宇部  リゾナーレ八ヶ岳  島根  スパリゾートハワイアンズ  出雲大社  玉造温泉  大宮公園  氷川神社  オオサキ  ピッツェリア  ジェラード  結婚記念日  台中  新幹線  日月潭  南投  牧場  丸山公園  てっぱく  鉄道博物館  入園式  都市農業公園  芝川水門  榎本牧場  上尾  Intimex  JTB  田子坊  新天地  豫園商城  浦東  外灘  トランスフォーマー  Transformers  上海環球金融中心  豫園  和諧号  獅子林  中国  動車組CRH  拙政園  寒山寺  山塘街  留園  Foster  The  金時山  大日岩  日本百名山  すすき  仙石原  ちゃいなハウス  ギョーザ男  ドロヘドロ  瑞牆山  山小屋  Up  Pumped  People  Kicks  トキシトロン  山梨  金峰山  油爆河蝦  蟹粉豆腐  トランスフォーメーション  鶴仙園  美術展  シュールレアリズム  庭園美術館  iTunes    金牛角  森と芸術展  東京都庭園美術館  甲斐駒ケ岳  花崗岩  日向山  雁ヶ原  白い砂    錦滝  IGain  Quicktime  souls  dark  ダークソウル  フロムソフトウェア  キングスフィールド  紅焼猪肉  南京東路  上海姥姥  オンタデ  大陽館  コマクサ  ウシアブ  音量  須走  大砂走り  携帯酸素  高山病  二ノ塔  三ノ塔  金瓜石  慈祐宮  延三夜市  頼阿婆芋圓  提灯  Napster  悲情城市  阿妹茶樓  雙城夜市  通化街夜市  ギャラクシー  紫陽花  成就院  三河千鳥  花でまり  臨光街  フェアリーアイ  Tunebite  Rhapsody  YANO  AKIKO  クリスパーカー  TRIO  レイ  クアンコムフォー  メリアハノイ  ハラカミ  ウィル・リー  矢野顕子トリオ    奥多摩  川苔山    百尋の滝  東京  ブルーノート  アジサイ  九份芋圓  妙義山  著莪  豆芳  中間道  さくらの里  金洞山  金鶏山  石門  芳甘菓  吾妻山  バカ尾根  大倉尾根  烏尾山  丹沢山  弘法山  権現山  浅間山  天上山  七島  古都  明日葉  赤崎遊歩道  建長寺  高徳院  釈迦堂口切通し  浄妙寺  大仏  まっちゃーれセンター  だいじんこ  砂漠  千代池  さるびあ丸  神津島灯台  千両池  ジュリアの十字架  ありま展望台  ゴアテックス  

all contents

全ての記事を表示する

Last.fm

jognote

link

serch

RSS feed

month archive

NINJA ANALYZE

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。