banyantree -photo & music blog-banyantree -photo & music blog-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神津島旅行①~天上山登山と島巡り

GW後半の5/3~5/5に神津島旅行に行き、天上山登山と島巡りをしてきました。

IMG_8687


2ヶ月前くらいに、嫁さんが神津島行きの船と宿を予約してくれたものの、GW後半の天気はかなり荒れるとのことで、雨の中の旅行になってしまうのか、それ以前に船が出るのか、ということが懸念されていました。

そして前日の5/2、天気予報では5/3は雨だけど、それ以降は晴れるかも、という微妙な状態に。
ちなみに5/2の天気は大雨でした。
嫁さんが体験スキューバダイビングの予約を入れるため現地の業者に電話したところ、予約は一杯だが、それ以前に5/3は船が欠航する可能性がある、という不穏な情報を聞いたとのこと。
僕たちは東京竹芝客船ターミナルから7:35に出航する高速ジェット船で行く予定だったのですが、欠航になるかどうか決定するのが、当日の午前6時ということでした。
7時に乗り場にいなくてはならないので、荷物など全て行く用意を済ませたうえで、出掛けに確認する感じです。

そんな不安な状況の前日夜、深夜までかけて全ての準備をすませ、就寝。

そして、当日の早朝5時頃に起床。
朝の時点では、雨はもう止んでいました。ひたすら天気予報や東海汽船のHP、twitterで運行情報など睨みながら、6時までジリジリと待ちます。

伊豆七島 航路図そして6時、危惧していた残念なお知らせが…。
「5/3 7:35発 高速ジェット船は欠航ですorz」

ではキャンセル料金払ってあきらめるか、という話もあったのですが、当日の23時発の大型客船は出航するそうで、
指定席は取れなかったのですが、自由席(席なし)ならば変更可能ということでした。
ということで、せっかくなので23時発で行くことにしました。

しかし、高速ジェット船と大型客船は大きな差があります。
それは、高速ジェット船ならば3時間で神津島に到着するところ、大型客船だと11時間かかります!
ということで、当初の予定は5/3の朝10時に到着し、下記のスケジュールで行動する予定だったのですが、
大型客船にすることで、現地の滞在期間が一日減ってしまいました。
また、三日目は15時15分の船なので、島内観光の時間はあまりありません。
おみやげ見る時間なども考慮すると、また弾丸トラベラーになってしまいそうです。。





一日目:到着→島内観光→民宿泊、二日目:天上山登山→民宿泊、           三日目:島内観光→帰国帰宅
一日目:船内泊、                        二日目:到着→天上山登山→民宿泊、三日目:島内観光→帰国帰宅

延泊できないか、と宿泊先の民宿に打診したのですが、満員につき無理とのこと、やはり上記のスケジュールになってしまいますね…。
夜の出発に備え、また寝ますw



そして、出航1時間前の夜22時頃、東京竹芝客船ターミナルへやってきました!
懸念はしていましたが、朝の欠航組が流れてきているのか、2等席なし券の列にも行列ができていましたorz

IMG_6524神津島__天上山登山と島巡り

2等席なし券の行列
奥に見えるのが大型客船「さるびあ丸」
僕の人生で客船の旅の経験が片手で数えるくらいしかないので、かなりテンション上がっています。

IMG_6527神津島__天上山登山と島巡り

僕は乗船待ちの列で並び、嫁さんは欠航した高速船の乗車券を大型客船の乗車券に交換するため、カウンターの列に並びます。
こちらも凄い行列だったようで。
しかも、まずキャンセルになった一泊分の宿泊料払い戻しの手続きなど行ったため、かなり手続きに時間がかかったとのこと…。

IMG_8560

席なし券のため、血みどろの場所取り合戦が行われました(嘘)
要するに席なしの人の場所は、廊下や甲板などのスペースになるため、変な場所になってしまった人は大変です。
廊下とか狭いので、普通に通行人に踏まれます。
僕は最初甲板の壁際のスペースを確保していたのですが、天井はありますが甲板で風を直接受けるので、嫁さんが確保した、この自動販売機付近のスペースに引っ越してきました。(後でそれが正解だったとわかります)

IMG_6530神津島__天上山登山と島巡り

席も取れたので、甲板から見る風景など見に行きます。
船が走りだすと、風を受けるので結構寒い!

IMG_6533神津島__天上山登山と島巡り

船の旅じたいが相当久々なので、こんな風景も新鮮だったりします。
だいぶテンション上がってますw

IMG_6538神津島__天上山登山と島巡り

さるびあ丸の船内を色々探索

IMG_6539神津島__天上山登山と島巡り

僕が最初とろうとしていた場所。やはり船が走りだすと風が出て寒いです。
狭いけど、嫁さんの場所で良かったです。

IMG_8573

しかも、でかしたことにキャンセル待ちの順番が僕たちに回ってきて、まくら・絨毯付きの割り当てられた場所にやってこれました(山小屋の大部屋みたいな感じ)!
嫁さんがキャンセル待ちに登録してくれてたおかげです。
ありがとう!嫁!
さすがに廊下のスペースは床が固くて痛そうだったので、助かりました。
そのまま、朝までグッスリ眠れました^-^

IMG_8575

日付が変わり、5月4日…。
朝がやってきました。
目が覚め、甲板に出ると…天気は快晴!

IMG_6549神津島__天上山登山と島巡り

風は随分強かったですが、昨日までの雨が嘘のような良い天気です。

IMG_8576

そして9時半頃、神津島に到着です!
いきなり天上山が大迫力で迫ってきます。

IMG_6555神津島__天上山登山と島巡り

当初到着予定だった前浜(神津島)港には、強風で波が高いため停泊させることができないということで、多幸湾三浦港に着くとうことでした。

さるびあ丸、神津島に到着!!
船って、でかくてかっこいいですね~。

IMG_6557神津島__天上山登山と島巡り

ぞろぞろ

IMG_6560神津島__天上山登山と島巡り

さるびあ丸と、そのバックに天上山。
やはり登山客風の人も結構いました。

IMG_6561神津島__天上山登山と島巡り

その後、港まで迎えに来てくれた民宿の方の車に乗せてもらい、天上山登山口まで連れて行ってもらいます。
本当ならば一度民宿で荷物を降ろさせてもらい、初日はゆっくりと島内観光したかったのですが…。
弾丸トラベラーなスケジュールになってしまったので、仕方ありません。

黒島口登山口からの眺め。こちらは先ほどいた多幸湾三浦港側ではなく、前浜(神津島)港方面の眺めです。

IMG_6569神津島__天上山登山と島巡り

南国風の花で綺麗ですが、名前は後で調べます(^^;

IMG_6568神津島__天上山登山と島巡り

神津島の天上山は、「花の百名山」に登録されているとのことで、この立て札にも「固有種や準固有種の動植物がたくさんいる」と記載されています。

IMG_6571神津島__天上山登山と島巡り

それでは神津島に着いて早々ですが、登山開始です!10時頃。
登山口には杖も置いてありました。

IMG_6573神津島__天上山登山と島巡り

なんというか、登山口に着いてすぐに、植物の雰囲気が全く違うことに驚きます。
登山口はシダ植物系の植物に囲まれており、南国に来たかのような雰囲気です。

IMG_6574神津島__天上山登山と島巡り

天上山は571mの低山ですが、低山とは思えないような景色です。
すべての植物が地を這うように背が低く、まるで高山の森林限界のような雰囲気なのは、季節風などの潮風が強いこと、流紋岩(火山岩)が風化した水はけの良い貧栄養な荒砂の土壌であること、などの要因が木々を矮小化させているということです。
(下記ブログ様を参考にさせていただきました。)
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/216tenjosan.htm

IMG_6575神津島__天上山登山と島巡り

天上山map

map

それでは登っていきましょう!

IMG_6577神津島__天上山登山と島巡り

富士山のように、1合目から10合目まで目印が建っています。

IMG_6580神津島__天上山登山と島巡り

神津島天上山の名物ともいえる、オオシマツツジを発見。
パッと見は、普通のツツジですね。
コウヅシマヤマツツジというのもあるそうですが、見分け方がよくわかりません。


IMG_6583神津島__天上山登山と島巡り

しっかし天気良いですね。

IMG_8602

空の青と水平線の青の境目が混ざり合ってそうです。

IMG_6584神津島__天上山登山と島巡り

オオシマツツジ。
ツツジって至る所で見るので、見慣れている感がありますが、華やかで綺麗ですよね。


IMG_6589神津島__天上山登山と島巡り

アルプスの写真と言っても信じてもらえそうな、低山とは思えない風景。

IMG_6590神津島__天上山登山と島巡り

大分登ってきました。前浜港が随分小さく見えています。
尚、前浜港周辺に集落が見えますが、島で人が住んでいるのは、殆どこの見えている範囲だけだそうです(!)
また、翌日の日記に登場予定の親切なおじいさんから聞いた話だと、現在の人口は1800人くらいとのこと。
そう思って眺めると、また凄い風景です。
以下wikiより引用。

神津島の住民のほとんどは、神津島港(前浜)周辺に集中していて、多幸湾の方は、数えるほどしか民家・建物がない。最近はちらほら多幸湾のほうにも民家が進出し始めている。

神津島村(に該当する地域)の人口の推移

1970年 2,081人
1975年 2,093人
1980年 2,210人
1985年 2,281人
1990年 2,314人
1995年 2,276人
2000年 2,144人
2005年 2,068人
2010年 1,882人

IMG_6593神津島__天上山登山と島巡り

誰かの登頂記念の落書きかな?

IMG_6594神津島__天上山登山と島巡り

標高571mなので、あっという間に山頂に到着です。10時半頃。

IMG_6596神津島__天上山登山と島巡り

山頂は広いため、一周するには結構時間がかかりそうです。

IMG_6599神津島__天上山登山と島巡り

まずはオロシャの石塁に向かいましょう。

IMG_6600神津島__天上山登山と島巡り

IMG_6601神津島__天上山登山と島巡り

一見すると、人工的な建築の名残は残っていなそうです。

IMG_6604神津島__天上山登山と島巡り

なるほど、アメリカからやってくる黒船などと戦うように、作られた石塁の跡だったのですね。
しかし、黒船と戦うのに鉄砲数丁と槍一筋ですか。。
戦いにならなくて良かったですね。。

IMG_6603神津島__天上山登山と島巡り

先ほど山頂エリアに到着したと思ってましたが、ここに10合目の目印がありました。

IMG_6605神津島__天上山登山と島巡り

しばらく歩くと、綺麗な池が!千代池のようです。
上から見ても、水が透明に澄んでいて、とても綺麗なのがわかります。

IMG_6606神津島__天上山登山と島巡り2

うををぉ
めちゃ
くちゃ
綺麗!!!!!!

とても澄んでいて綺麗な水…。写真は加工や色調補正など一切していません。
コケの緑もクッキリとしていて、澄んだ水面に鮮やかな色彩が目に飛びこんできます。
千代池、とても綺麗です!!

IMG_8623

水は全くの透明です。
本当は上の写真をブログの扉写真しようか迷いました。

IMG_6609神津島__天上山登山と島巡り

この透明度

IMG_6611神津島__天上山登山と島巡り

そしてコケのビビッドな緑。

IMG_6614神津島__天上山登山と島巡り2

千代池を後にし、木々の間を抜けていきます。

IMG_6619神津島__天上山登山と島巡り

山頂周辺は、見渡す限りこのような景色でした。

IMG_6621神津島__天上山登山と島巡り

裏砂漠方面へ向かっていきます。

IMG_6622神津島__天上山登山と島巡り

IMG_8628

立て札の分岐点にて、裏砂漠方面へ。

IMG_6628神津島__天上山登山と島巡り

IMG_6630神津島__天上山登山と島巡り

たとえば、奥多摩周辺の標高600mくらいに、こんな風景は存在しないと思います。
でもここって東京都なんですよね。
なんだか不思議な光景です。

IMG_6631神津島__天上山登山と島巡り

少しゴツゴツした感じになって、雰囲気が変わってきました。

IMG_6637神津島__天上山登山と島巡り

裏砂漠に到着…。
ここは火星でしょうか?

IMG_6640神津島__天上山登山と島巡り

IMG_6641神津島__天上山登山と島巡り

なんだか日本ではない風景のようですね。

IMG_6644神津島__天上山登山と島巡り

この砂漠は、花崗岩の砂礫の風景ということです。水はけが良すぎて、というのもよくわかります。降った雨が全て流れてしまうので、植物も育ちにくいのでしょうね。
そういえば、ツツジの姿が見えませんね?

IMG_6645神津島__天上山登山と島巡り

こういった風景は光の反射があるので、写真として難しいですね。

IMG_6646神津島__天上山登山と島巡り

あれ、あそこに見えるのは、

IMG_8637

ツツジ発見!
オオシマツツジかな、コウヅシマヤマツツジかな?どっちだろう。
本当に過酷な環境で頑張って生えているんだな、という印象です。
風もとても強いんですよ。

IMG_6648神津島__天上山登山と島巡り

裏砂漠を抜けて、裏砂漠展望地までやってきました。

IMG_6651神津島__天上山登山と島巡り

裏砂漠展望地からの眺め。
三宅島や、御蔵島なども見ることができます。

IMG_6652神津島__天上山登山と島巡り

朝御飯を食べていなかったので、ここでおやつのどら焼きを食べます。11時半頃。
空と海の青がすごいです。

IMG_6657神津島__天上山登山と島巡り

風景とても綺麗なのですが、風がハンパなく強いです!
ですので、気温は寒くはないのですが、風でどんどん体力が奪われるため、レインウェア着用。
写真からは想像できないかもしれませんが、結構過酷な環境でした。

IMG_6658神津島__天上山登山と島巡り

誰が佇んでも絵になりますね?笑

IMG_8644

しばらく休憩したら、表砂漠方面へ向かいます。
一旦緑の風景に戻り、

IMG_6661神津島__天上山登山と島巡り

IMG_6662神津島__天上山登山と島巡り

しばらく歩くと、また岩のゴツゴツとした風景に変わっていきます。

IMG_6663神津島__天上山登山と島巡り

表砂漠に到着です。
天上山は噴火したことがあるそうですね。
砂が地下の隙間に流れ込み、地表が陥没することがある、ということですが、実際に山崩れなどは結構あるようで、この先に幾つかそういった箇所を見ることができます。

IMG_6666神津島__天上山登山と島巡り

表砂漠から引き返し、新東京百景展望地に向かっていきます。

IMG_6669神津島__天上山登山と島巡り

新東京百景展望地から眺める櫛ヶ峰と、その向こうには伊豆諸島の大島、利島、式根島、三宅島などが見えます。
櫛ヶ峰はバームクーヘンのような層をなしているのが特徴的で、登山道の崩壊などで現在立ち寄る事はできません。
火山灰土からなる白ママ層の断崖と緑の山肌のコントラストが綺麗です。

IMG_6673神津島__天上山登山と島巡り

この場所の展望の素晴らしさから、新東京百景に指定されているそうです。
しかし、やはり海沿いで風が相当強いですね!長居するのは厳しい感じです。

IMG_8651

そこから北の方にしばらく歩きますと、見えてきたのが不動池です。
ここの池もとても綺麗で、池の真ん中には小さな島があり、龍神様が祭られているそうです。

IMG_8655

かつて雨乞いの神事を行った場所とされています。一夜で水が満ち溢れることもあるとのこと。
架かっている橋は、渡ってはいけません。

IMG_6687神津島__天上山登山と島巡り

IMG_6688神津島__天上山登山と島巡り

なにか、ジブリアニメで妖精とかが住んでいそうな島なんですよね。

IMG_6682神津島__天上山登山と島巡り

この不動池もコケがとても綺麗です。

IMG_6692神津島__天上山登山と島巡り2

鳥居にカタツムリ発見。

IMG_6693神津島__天上山登山と島巡り

神秘的な雰囲気の不動池でした。

IMG_6696神津島__天上山登山と島巡り

不動池を後にし、しばらく歩くと、天空の丘の展望地に着きます。

IMG_6702神津島__天上山登山と島巡り

ここからも、先ほどの櫛ヶ峰と、伊豆諸島の島々が見えます。

IMG_6697神津島__天上山登山と島巡り

ここからは、天上山最高地点(572m)を目指していきます。
しかし、とにかく風が強い!
後から写真で見ると、天気もよくとても綺麗な風景なのですが、実際は船が欠航するくらいの強風の翌日でしたので、山頂の風は凄まじかったのです。
あまりにも風が強いため、体力と気力がどんどん奪われていきます。(写真からは想像できないですよね?)

そんな感じで朦朧としながら歩いていると、油断していたのもあり、草陰に隠れていた岩に足を取られて転んでしまいました。
完全に油断していたのですが、軽く負傷し、なんとアークテリクスのパリセードパンツに傷が…。
気に入っていただけに、ショック!

IMG_6703神津島__天上山登山と島巡り

まさかこんな低山で、というところですが、やはり油断している時にそういった事故は起こりますね。
強風のため、大分心身萎えてきているのですが、今一度気を引き締めて歩いて行きます。
今回の登山で、強風というものがどれだけ人の体力と精神力を奪うか、というのを実感しました。
嫁も僕と同じことを感じたそうです。(でもズボン破いた件については笑われましたが…)

IMG_6704神津島__天上山登山と島巡り

ババァ池(すごいネーミング)を通りすぎ…。
ん?ババァ池?最高地点へ行くコースとは別の方向ですね。
ちょっと遠回りになりますが、このまま最高地点へ向かいます。

IMG_6705神津島__天上山登山と島巡り

IMG_6706神津島__天上山登山と島巡り

天上山最高地点への向かうルートまでやってきました。
この景色も良いですね。

IMG_6708神津島__天上山登山と島巡り

この不入ガ沢(はいらないがさわ)の窪地のスケール感が凄いな、と思ったら、やはりここは噴火時の火口跡だそうです。

IMG_6711神津島__天上山登山と島巡り

また、崩れやすい、という話があったと思いますが、ここらへんは大分崩れ落ちて、大変なことになっています。
そして、めちゃめちゃ風強いです。

IMG_6714神津島__天上山登山と島巡り

天上山最高地点(571m)に到着!13時半。
こんな低山で危険箇所も何も無いにも関わらず、強風のため心身が疲弊しきっており、負傷までしています。。
そんなわけで、写真だけ撮ってさっさと降りようということに。
写真だけ見てる限りでは、とても信じられないですよね?
でも実際体験してみると、あの風は凄まじいもんですよ。本当に。

IMG_6715神津島__天上山登山と島巡り

嫁も疲労しきって座り込んでいます。

IMG_6721神津島__天上山登山と島巡り

治山工事跡。この花崗岩の地質ですと、土石流被害はありそうですね。。

IMG_6723神津島__天上山登山と島巡り

では下山に向けて出発です。
いや~、後から写真で見る分には、本当にいい景色ですね~。

IMG_6725神津島__天上山登山と島巡り

白鳥下山道から下っていきます。

IMG_6729神津島__天上山登山と島巡り

左手に海を見ながら下山していくのは、とても気持ちの良いものでした。

IMG_8687

ここからは背の低い樹林帯に入っていきます。

IMG_6732神津島__天上山登山と島巡り

行きにも見た花だけど、なんだろう。

IMG_6733神津島__天上山登山と島巡り

コケも綺麗。

IMG_6735神津島__天上山登山と島巡り

ここに休憩所とトイレがあり、車道もありました。白鳥トイレだと思います。

IMG_6737神津島__天上山登山と島巡り

すっかり樹林帯になりましたね。
展望の景色は見えなくなりましたが、風はありません。。

IMG_6738神津島__天上山登山と島巡り

鳥居が見えます。

IMG_6739神津島__天上山登山と島巡り

植林伐採跡を抜け、

IMG_6742神津島__天上山登山と島巡り

しばらく行くと、白鳥登山口までおりてきました。
下山完了です。14時半頃。

IMG_6744神津島__天上山登山と島巡り

上を見上げると、木々の葉の形が関東の山の雰囲気と違いますよね。

IMG_6746神津島__天上山登山と島巡り

下山後、温泉に行くために、バス停のある前浜港方面に向かいます。

koudushima2

IMG_6747神津島__天上山登山と島巡り

港方面に下っていくと、海が見えてきました。

IMG_6749神津島__天上山登山と島巡り

IMG_6750神津島__天上山登山と島巡り

これは島でただ一つの信号だそうです。(!)
神津島で育った人が、もし本土に行く時に、信号の意味がわからないと困るので、作ったということです。
すごいエピソードですよね。

IMG_6752神津島__天上山登山と島巡り

みやげもの屋さんにて

IMG_6754神津島__天上山登山と島巡り

少し日が落ちてきて、いい感じになってきました。

IMG_6755神津島__天上山登山と島巡り

前浜にて。
若者二人がいい感じで黄昏ていました。

IMG_6757神津島__天上山登山と島巡り

海草

IMG_6758神津島__天上山登山と島巡り

海に光が反射して…綺麗です。
なんか、島に来たな~という感じしますね。

IMG_6759神津島__天上山登山と島巡り

向こうに見える観光センター「まっちゃーれセンター」の所にあるバス停から、バスに乗って温泉に向かいます。
ちなみに、バス停の運転手さんは一人しかいないのか?
この日も次の日も、運転手さんは同じ人でした。
陽気な感じの運転手さんでした。

IMG_6761神津島__天上山登山と島巡り

神津島温泉保養センターにて一風呂浴びて、(水着着用すると混浴にいけます)
施設内の食堂にて遅めの昼ご飯を頂きます。
この後民宿でも夕御飯が待っているんですが、やはり島のもの色々食べたいですし。

これは島名物のところてんです。
ツルツルしてて美味しかったです。

IMG_6762神津島__天上山登山と島巡り

刺身定食も。夕飯食べれなくなると困るので、嫁さんと二人で一膳食べました。

IMG_6763神津島__天上山登山と島巡り

温泉保養センターから出てくると、いい感じで夕暮れが…。
帰りも同じ運転手さんのバスに乗り、まっちゃーれセンターまで戻ります。

IMG_6764神津島__天上山登山と島巡り

サッカーに興じる人々

IMG_6766神津島__天上山登山と島巡り

まっちゃーれセンターからの道。車全然走ってません。

IMG_6767神津島__天上山登山と島巡り

先ほどの前浜海岸。
夕暮れはいいですね。

IMG_6768神津島__天上山登山と島巡り

すっごく綺麗な夕暮れです。

IMG_6769神津島__天上山登山と島巡り

近くに水配り像があったので、見てきました。
神津島は神様の会議場になったと言い伝えられており、 「生命の源の水を各島にどう分けるか」という議題で話し合ったそうです。

IMG_8705

http://www.andows.com/odekake/2004/0228_kouzushima/mizukubari.htmlより引用

その昔7人の神様が天上山に集い伊豆諸島の創造のために会議を開きました。
最も重要な議題は「生命の源の水を各島にどう分けるか」ということでした。
それぞれ言い分があって、なかなか分配方法が決まりませんでした。
そこで次の朝、もう一度集合し先着順に決めるとことになりました。
朝を迎え、1番は御蔵島 2番は新島 3番は八丈島 4番は三宅島 5番は大島 と
次々に水が分配され、最後に利島の神様が来たときには水はほとんど残っていませんでした。

それを見た利島の神様は怒り残りわずかな水に飛び込んで暴れました。
そのときに水が飛び散り、神津島の至る所で、水が湧き出るようになったと伝えられているそうです。

IMG_6773神津島__天上山登山と島巡り

上記の内容がモニュメントにも刻まれています。

IMG_6770神津島__天上山登山と島巡り

民宿へ向かう途中、サーファーの像

IMG_6775神津島__天上山登山と島巡り

民宿は丈栄丸さんにお世話になりました。
この豪華な夕食!!実は後から聞いた話だと、強風で漁に出れなかったため、今日捕れた魚ではないそうですが、
それでもとても美味しかったです!
島特産品の「明日葉」もいっぱい盛られています。庭で取れるそうです。

IMG_8711

「のどぐろ」なんて初めて食べたかも。美味しかったです!!

IMG_8713

その日は民宿で気持ちよくぐっすりと寝て、2日目に続きます!

にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/18(月) 22:58:58|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<神津島旅行②~レンタサイクルで島巡り(神津島灯台~赤崎遊歩道) | ホーム | 妙義山中間道登山- さくらの里と石門のみち>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/12/06(金) 17:39:55 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

そうげんパパさん
初めまして。ご訪問有難う御座います!
お願いの件、全然OKですよ!
よろしくお願いいたします。
  1. 2013/12/08(日) 04:34:22 |
  2. URL |
  3. banyantree #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://banyantree.blog86.fc2.com/tb.php/270-c058a60d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

counter

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

複眼RSS

recent update

CssTagCloud

RX1R  台湾    写真  登山  台北  EOS  5d  canon  夜市  24-70  豆花  荒川  トレッキング  旅行  芋圓  アウトドア    CCNA  川口  花火  紅葉  タピオカ  育児  5dmk2  explorer  ハノイ  屋台  ベトナム  5dmark2  縦走  箱根  世界遺産  北アルプス  techno  黒本  夜景  丹沢  北区花火会  上海  大前研一  韓国  西川口  神津島  ランニング  マラソン  カキ氷  築地  龍山寺  京都  渓流  築地市場  仙草  塔ノ岳  地震  富士山  八宝氷  アート  八寳冰  華西街観光夜市  伊豆  市場  尊仏山荘  九份  暇つぶし問題  テクノ  ミスタービーン  鮮芋仙  西穂高岳  松山夜市  ナップスター  西穂山荘  温泉  ウォーキング  龍都  横岳  東日本大地震  震災  赤岳天望荘  東京電力  公園  キドキド  GW  硫黄岳  長谷寺  IOS  外付け  さいたま新都心  鎌倉  ドラムンベース  ソウル  鋳物  赤岳  ゴールデンウィーク  饒河街夜市  福島原発  デフラグ  庭園  臭豆腐  蘇州  原発  norton  臨光街観光夜市  八ヶ岳  つけ麺  計画停電  android  火山  tron  レガシー  KBC-L2BS  legacy  場外市場  eneloop    紅葉写真  鮨國  渋滞  寿司  胞子体  常寂光寺  天竜寺  International  南禅寺  Taipei  Flora  嵐山  ラン    Exposition  ロックガーデン  禅林寺  コケ  クリスマス    茶臼岳  姥ヶ平  IS06  夕暮れ  2010台北国際花卉博覧会  花博  永観堂  淡水  漁人埠頭  トロン  go  停電  輪番停電  家電  福島第一原発  使用済み核燃料プール  周波数  中間貯蔵施設  東日本巨大地震  大津波  岩畳  ライン下り  秩父  長瀞  原子力  スリーマイル島  東電  Yahoo!基金  聖神社  和同開珎  上高地  穂高  明神池  大正池  和銅遺跡  和銅  インターネット基金  募金  赤十字  蓑山  サクラ  美の山公園  宝登山動物園    ほん陣  甘酒茶屋  雪山  箱根駒ケ岳  神山  早雲山  芦ノ湖丼  芦ノ湖  テリー伊藤  丸武  箱根旧街道  草源  片瀬快平  こけし  箱根駅伝  Subtle  peacepact  大菩薩嶺  proxy  ナップスタージャパン  蝋梅  宝登山  to  US  drum'n'bass  Audio  Polska  MACC  napster  paradox  こぼれうに丼  ダイビング  reinforced  ドラムン  jungle  花見  井の頭公園  六本木アートナイト  吉祥寺  drum&bass  益子焼  筑波山  レモン  岩殿山  益子  陶器  陶器市  国立新美術館  kuumba  ラーメン  渋谷  かいじゅうたちのいるところ  中華料理  大盛り  まぐろ焼き  仙台や  タロ芋  mrbean  不毛地帯  お香  ドラマ  NO  LAND展  MAN'S    食事処渓  スタートアップ  itune  ノートン  プロセス  フリーソフト  ad-aware  チェックディスク  植木鉢  トレッドミル  蕎麦  ドーナツ  パスタ  観葉植物  ジム  イヤホン  msconfig  ネットワーク  景福宮  南大門市場  土俗村  dub  つけめん  Elemental  一眼  LPIC  linux  ping  闇金ウシジマくん  dim  DAISO  light  光都東京  皇居  パッピンス  ホットック  広蔵市場  棒ノ折山  棒ノ嶺  根津美術館  ゴルジュ  東大門市場  河童橋  taicoclub09@kawasaki  野外フェス  戸田橋花火大会  珍珠  沖縄  東京マラソン  仏像  仏像写真  つけそば  廃墟  HDR  麺処遊  草津白根山  草津温泉  本白根山  工場  トマの耳  チェブラーシカ  糖朝  マトリョーシカ  谷川岳  オキの耳  水上温泉  monolake  taicoclub  荒川河川敷  ハーフマラソン  谷川真理  日本橋  地球儀  近江町市場  金沢  METAL  FIGURATION  土偶展  イルミネーション  フィギア  サイコガンダム  FIX  GUNDAM  兼六園  21世紀美術館  B級グルメ  中正公園  川口B級グルメ  上尾シティマラソン  士林  古早味豆花  地瓜粉  基隆  長町武家屋敷跡  東茶屋街  新宿御苑  六義園  台北101  ライトアップ  高山植物  ブロッケン現象  五色桜大橋  河川敷  花火大会  赤羽  帰宅  阿佐美冷蔵  十きち  日光天然氷  足立  自由廣場  包子  素食  豆漿  阿妹  茶酒館  蒋介石  中正紀念堂  大山  大山寺  33区熱炒  伍角船板  サニーヒルズ  パイナップルケーキ  アイスモンスター  天燈  十份  平溪線  ハーフバースデー  東京スカイツリー  川口神社  紅葉ライトアップ  阿夫利神社  金山権現  密蔵院  お食い初め  安行桜  光復市場  鳳梨酥  旧市街  歴史博物館  クルーズ  バイン・ミー  ダック・キム  ベトナムコーヒー  ブン・チャー  リトル・ハノイ  ドンスアン・ナイトマーケット  ティエンクン鍾乳洞  Pho  Com  Quan  Van  ハロン湾  水上生活者  桂林  ホーチミン廟  文廟  陽明山  奥穂高岳  ピラミッドピーク  竹子湖  海芋祭  廣方圓  小油坑  七星山  独標  平湯温泉  ドンスアン市場  玉山祠  バッチャン村  水上人形劇  オーラック・ハウス  新穂高ロープウェイ  岩淵水門  深坑  老街  Eggs  羊のショーン  牛肉麵  'nThings  パンケーキ  台湾茶  新純香  行天宮  熱炒  魔法の美術館  サンバレー那須  南ヶ丘牧場  ふじの市商店街  マンゴーチャチャ  辛發亭  さいたまスーパーアリーナ  松山慈祐宮  烏龍茶  ICE  越谷レイクタウン  グリーンセンター  ギャラクシティ  新北市  三峡  彫刻  清水祖師廟  三峽  コンパス  国立科学博物館  ネモフィラ  あらかわ遊園  MONSTER  国営ひたち海浜公園  センサー清掃  上野  舎人公園  七夕  高鉄  望水  大室山  城ヶ崎  北川温泉  GECCA  上野動物園  鬼怒川温泉  旧田中家住宅  プライベートガゼボ  松江城  松山  宇部  リゾナーレ八ヶ岳  島根  スパリゾートハワイアンズ  出雲大社  玉造温泉  大宮公園  氷川神社  オオサキ  ピッツェリア  ジェラード  結婚記念日  台中  新幹線  日月潭  南投  牧場  丸山公園  てっぱく  鉄道博物館  入園式  都市農業公園  芝川水門  榎本牧場  上尾  Intimex  JTB  田子坊  新天地  豫園商城  浦東  外灘  トランスフォーマー  Transformers  上海環球金融中心  豫園  和諧号  獅子林  中国  動車組CRH  拙政園  寒山寺  山塘街  留園  Foster  The  金時山  大日岩  日本百名山  すすき  仙石原  ちゃいなハウス  ギョーザ男  ドロヘドロ  瑞牆山  山小屋  Up  Pumped  People  Kicks  トキシトロン  山梨  金峰山  油爆河蝦  蟹粉豆腐  トランスフォーメーション  鶴仙園  美術展  シュールレアリズム  庭園美術館  iTunes    金牛角  森と芸術展  東京都庭園美術館  甲斐駒ケ岳  花崗岩  日向山  雁ヶ原  白い砂    錦滝  IGain  Quicktime  souls  dark  ダークソウル  フロムソフトウェア  キングスフィールド  紅焼猪肉  南京東路  上海姥姥  オンタデ  大陽館  コマクサ  ウシアブ  音量  須走  大砂走り  携帯酸素  高山病  二ノ塔  三ノ塔  金瓜石  慈祐宮  延三夜市  頼阿婆芋圓  提灯  Napster  悲情城市  阿妹茶樓  雙城夜市  通化街夜市  ギャラクシー  紫陽花  成就院  三河千鳥  花でまり  臨光街  フェアリーアイ  Tunebite  Rhapsody  YANO  AKIKO  クリスパーカー  TRIO  レイ  クアンコムフォー  メリアハノイ  ハラカミ  ウィル・リー  矢野顕子トリオ    奥多摩  川苔山    百尋の滝  東京  ブルーノート  アジサイ  九份芋圓  妙義山  著莪  豆芳  中間道  さくらの里  金洞山  金鶏山  石門  芳甘菓  吾妻山  バカ尾根  大倉尾根  烏尾山  丹沢山  弘法山  権現山  浅間山  天上山  七島  古都  明日葉  赤崎遊歩道  建長寺  高徳院  釈迦堂口切通し  浄妙寺  大仏  まっちゃーれセンター  だいじんこ  砂漠  千代池  さるびあ丸  神津島灯台  千両池  ジュリアの十字架  ありま展望台  ゴアテックス  

all contents

全ての記事を表示する

Last.fm

jognote

link

serch

RSS feed

month archive

NINJA ANALYZE

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。