banyantree -photo & music blog-banyantree -photo & music blog-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

台湾陽明山 海芋祭と七星山登山

2013年4/7、台湾出張時の休日に、陽明山へ海芋祭(3/22~4/28まで開催)の見物と七星山登山(1120m)に行ってきました。

IMG_0353台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

IMG_0422台湾陽明山_海芋祭と七星山登山



今回は台湾出張中の休日(予備日)に出かけた記事になりますので、嫁さんは出てきません。
また諸事情により、あまり二人で遠出出来なくなりましたので、しばらくは更新出来てなかった過去の旅行や、登山の記事を更新していく予定です。
前にブログ更新したのいつだっけ、と自分でも忘れていたので見てみたら、1月でした。
3ヶ月ぶりのブログ更新になります。

さて、台湾に来るのは久々です。前回は2011年12月のようなので、1年以上来てなかったみたいですね。
最近時間が経つのが早くて。。齢ですね。。

で、久々ではありますが、毎回同じような場所に行っても経験値が増えないので、今回は台湾で登山にチャレンジしてみることにしました。
といっても、台湾で一番高い玉山(3,952m)とかになってしまうと、本格的すぎて洒落にならないので、
台北近郊で簡単に日帰り登山できる、陽明山塊の七星山(1120m)という山に行くことにします。
七星山は台北市で一番高い山だそうですが、台北駅からバス1時間くらいで行けて、山頂まで石畳が敷かれているため、登山靴や登山道具がなくても簡単に登れるとか。
もちろん出張中で登山道具など持ってきてませんが、幸い僕は普段からトレッキングシューズを履いていますし、条件的にもちょうど良いかと思いました。
さらに、調べていたら竹子湖地区ではちょうど「竹子湖カラー祭(海芋祭)」が開催されている時期(3/22~4/28)とか。
これは欲張ってそっちも見に行こうと。

さてさて、登山自体は問題無さそうとしても、心配なのはちゃんと辿り着けるか、です。
海外のパケ放題プランは申し込んでないので、ホテルで事前にバスでの行き方など調べてから、出発します。

台北駅から行く場合、幾つか行き方はあるようですが、楽なのは登山口まで乗り換え無しで行ってくれる皇家客運金山行きのバスのようです。しかしこのバスはちょっと運賃が高い(といっても100元=330円程度)のと、1時間に出てる本数が少なめだったので、乗り換えは必要ですが20分ごとくらいに出てて、運賃が安い(乗り換えも合計で45元=150円程度)260系のバスで行くことにします。

台北駅の260系が止まるバス停を見つけ停車駅を眺める。。
ちなみに、陽明山駅で降りて、そこから遊園公車108系のバスに乗り換えます。
陽明山花季は260系のバスを増やす的なことが書いてあるっぽいので、ふむふむ、無事に行けそうだと安心します。

IMG_0283台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

で、僕の他に人が殆ど並んでいない停留所で待っていると、260系のバスが来ました。
このバスに乗り込もうとすると、近くにいた係の人が、なにやら「違う違う!」的なことを言ってきます。
え、僕陽明山行きたいんだけど…感をアピールすると、「あっちだ!」と指さされ、なにやら良く解りませんが、ちょうど同じバスに乗ろうとしていたカップルと一緒に、言われるままに歩いて行きます。

IMG_0287台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

すると、ちょうど台北駅の裏あたり(Q-squareの向かい)に、花季の260系の特別停留所が設けられていました。
こっちは人がいっぱい並んでいます。
さっきの情報では解らなかったなあ。。

IMG_0288台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

で、無事に260系のバスが来て、乗ることができました。混んでましたが座れました。11時。

IMG_0289台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

1時間程度、うつらうつらしていると陽明山駅に到着。大体皆ここで降ります。13時頃。
そして、遊園公車108系のバスに乗り換えます。僕の目指す登山口があるのは小油坑駅ですが、その前に竹子湖カラー祭(海芋祭)が開催されているはずの、竹子湖駅で降りることにします。

IMG_0290台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

遊園公車108系は小さいバスで、かなり混んでいます。
小油坑駅まで直行するのであれば、皇家客運で行った方が良いかもしれませんね。
登山なので、忘れないうちに自動販売機でお茶を買っておきます。

IMG_0291台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

ぎゅうぎゅうのバスに揺られ、中国語のリスニングが出来ないためバスの先頭に陣取り、電光掲示板を睨む。
英語のアナウンスもありました。
次は竹子湖駅のタイミングで、誰か降りるのかな?と思っていると、誰も降りないのか、ボタンが押されません。
う~ん、と悩みましたが、竹子湖海芋祭があるのに誰も降りないのは変だろうと思い、スルーすることに。
しばらくして竹子湖派出所という駅で、ぞろぞろと人が降りていくので、自分も一緒に降りて行きます。

IMG_0292台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

ここであっているのかな、と心配ではありましたが、下の看板を見て、正しかったのだろうと思います。

IMG_0293台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

団体さんに着いて歩いて行く。

IMG_0294台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

山ん中に来た感じしますね。しかも晴れていて良かったです。
台湾は雨が多いのですが、来てから4日間ずっと雨が降り続けていたので、晴れたこの日を逃すのは勿体無い。
絶好のハイキング日和です。

IMG_0295台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

さて、看板がありますが、海芋園(カラー園)の書かれた場所が幾つも…。
ガイドブックなどには詳しいことは書かれていなかったので、ちょっと混乱します。

IMG_0298台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

しばらく進むと看板が見えてきたのですが、どっちに行けばよいか、さっぱり解りません。
僕はそもそも「竹子湖」という湖か湿地帯みたいのがバーンとあって、行けばすぐ解るもんだと思い込んでました。
後から違うことが解ったのですが。
その時点では解らないので、団体さんの後に着いて行きます。

IMG_0299台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

上記の別れ道の所に、海芋(カラー)の切花を売る露店が出ていました。
団体さんは右側の竹子湖(頂湖)方面に歩いて行くので、僕も着いていきます。

IMG_0300台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

竹子湖海芋祭ののぼり(3/22~4/28まで開催)が出ているので、雰囲気的にはこっちでも間違ってはいないと思うのですが、団体さんは何を思ったのか、途中まで歩いてから何やら相談を始め、元の道へ引き返していきます。
???と僕は混乱しますが、何しろその団体さん以外に誰もいないので、恥ずかしながら一緒になって引き返します。

IMG_0301台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

更に、今度は水尾方面に歩いて行くのですが、途中で立ち止まって相談タイムに入ってしまいました。
仕方ないので一人で水尾方面に歩いて行くも、いろは坂みたいな曲がりくねった道が続いていくだけで、それっぽい場所に到達する気配がありません。
高額のネット通信をする気にもなれず、困ってしまったので立ち止まって地図を見ていると、後ろからさっきの団体さんがやってきました。
そこで日本のガイドブック片手に、どうやったら海芋祭に行けるのか?と尋ねてみます。
すると親切そうなおじさんが、ちょっと待ってろ、という仕草をして、走って奥さんを呼びに行ってくれます。
なんだか大袈裟なことになってしまい、申し訳ない…と思っていると、奥さんが日本語で
「どうしました?」と話しかけてくれます。すごく流暢な日本語、助かった!
団体さんは御家族(親族?)のようですが、昨日頂湖の方に行ったので、今日は水尾の方に行くということでした。
「一緒に行きましょう!あと15分くらいです!」と心強い言葉を頂き、連れて行ってもらいます。
ていうか、バス停から結構歩くんですね。。
しかもなんと、お手製のお弁当まで分けて頂きました。
台湾の方は本当に親切ですね。。
バスがいっぱい停まっているところあたりが、目的地のようです。

IMG_0302台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

着いた場所は、カラーの農園がいくつもある、のどかな場所でした。
先ほどのご家族には色々と気遣って頂いて、本当に助かりました。
お子さんは日本人の学校に通ってたことがあるのか?普通に日本語を喋っていました。
何で日本語ペラペラなのか、聞いておけば良かった~。
お世話になりっぱなしで、皆さんの記念撮影のお手伝いだけさせて頂き、ここでお別れです。

IMG_0306台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

僕は登山目的で108系統で来たのですが、そもそも海芋祭目当ての人は、最寄まで到着する系統のバスで来ているようです。
先ほどもバス亭がありましたし、自家用車で来ている人もいる。
急に人通りが多くなりました。

IMG_0307台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

露店のカラー。

IMG_0308台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

この通りには露店や食事処が立ち並んでいました。

IMG_0309台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

家族連れなどで大賑わいです。

IMG_0310台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

このカラー畑はまだ花が付いていない。
カラー畑では、一本辺り10元(33円)程度で、自分の気に入った花を摘んで持って帰ることができます。

IMG_0312台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

場所によって、咲いている所とそうでない所があるようです。

IMG_0316台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

あともうちょっとで満開でしょうか。

IMG_0322台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

山を背景に

IMG_0328台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

露店のカラーを買う青年。
農園で買うか、こうやって露店で買うか。
皆さん両手にカラーの花束を抱えて歩いています。

IMG_0340台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

別の農園へ歩いて行くと、こちらは殆ど満開のようでした。
「take picture only」で20元で入園できました。

IMG_0348台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

家族連れやカップルが花を摘んでいます。

IMG_0353台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

満開のカラー。
海芋と書いて、ハイユーと読むそうです。

IMG_0359台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

東屋で花を眺める人々。

IMG_0360台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

花を摘むカップル。山を背景に、気持ちのいい光景ですね~。

IMG_0361台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

IMG_0372台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

さて、海芋祭を堪能し、本来の目的は登山ですので、次の目的地、登山口がある小油坑駅へ向います。
道に迷ったりもして、すっかり長居してしまったので、なんと14時前です。
登山を開始する時間としては有り得ないですね。ちょっと焦りはじめます。
しかも、バス停はこんな感じで満員ですし、129系と書いてありますので、登山口に行くやつでは無いと思います。
ということで、恐らく20分以上は歩いたと思いますが、バスを降りた停留所まで坂道を登って帰ります。

IMG_0382台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

戻ってきました、竹子湖派出所前~。ふう。
しかしここで、またちょっとしたトラブル。
しばらく待っていると108系のバスが来たので乗ったのですが、
easy card(日本のsuicaみたいなカード)をタッチした後に、「小油坑」と書いたメモをバスの運転手に見せると、
運転手と乗客のおっちゃん二人そろって「不有(メイヨー:行かない)!」と言われます。
え…小油坑って書いてあるのに。。
しつこくもう一回見せると、「next!」と言われます。
仕方ないので、お金払ってしまいましたが15元(50円)なので諦め、そのまま降ります。

IMG_0386台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

で、またしばらく待ち、何本か別の系統をやり過ごし、やっと来た108系。
今度はeasy cardをタッチする前に「小油坑」と書いた紙を見せるも、運転手のおっちゃん無視。
すると、すぐ後ろに座っていた泉ピン子風のおばちゃんが、「シャオユゥコン…OK!this bus!」と教えてくれます。
こんな感じで、また親切な方に助けて頂きました。
このおばちゃん、道中色々と話かけてくれます。
「七星山に登りたいなら、七星山駅で降りたら駄目なんだぞ!小油坑だぞ!」みたいな感じかと思います。
一応電光掲示板をガン睨みしてましたが、着いたら「着いたぞ!」と教えてくれました。

おかげさまで、やっと登山口のある小油坑駅に到着。

IMG_0393台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

駅前は、なだらかではありますが、熊笹っぽい植生の斜面が続く山肌が見えており、中級程度の山に来た雰囲気です。

IMG_0391台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

山は天候が変わりやすいからか、リアルタイムの天気情報の掲示板がありました。
こういうのは、日本でもあまり見たことありません。

IMG_0398台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

小油坑は七星山の西北にある蒸気の噴出口です。
停留所からすぐの場所に大きな噴出口があり、地獄谷的な雰囲気です。
硫黄の臭いも凄かったです。

IMG_0407台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

山肌が崩れたようになっているのは、70万年前に七星山周辺の火山活動が収束してから、行き場を失った地下の熱で蒸気の圧力が高まり、大規模な爆発が起こってできたと考えられているそうです。
一人で勝手に噴出口を見に行って嫁とケンカになった、茶臼岳登山の時を思い出します。

IMG_0403台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

英語の解説もあるので、よっぽど気が向いた時に読んでみるかもしれない。

IMG_0405台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

近くにあるトイレ兼・休憩所兼・資料館兼の旅行センターでは、陽明山塊のミニチュアが置かれていました。
真ん中辺りのが、一番高い七星山(1120m)です。

IMG_0410台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

途中出てくる案内板は全部写真に撮っていますが、基本的に眺めるくらいで、詳しい内容は読んでいません。

IMG_0394台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

さて、登山口です。ここから登山スタート!
なんと14時半ですが、行った人のブログの記事などによると1時間程度で登れるようですし、
これから登ろうとしている人も他にもいるようなので、大丈夫だろうと。
山頂まで1.6キロとありますので、大した距離ではないようです。

IMG_0395台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

山頂までは、ずっとこんな感じの石畳の道が続く、というのもブログで読みました。
熊笹っぽい植物が生えてますが、非常に背が高くて、人よりも高いです。

IMG_0413台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

他にも仲間がいるし、皆軽装なので大丈夫そうです。

IMG_0414台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

日本で見るスミレと同じような感じですね。

IMG_0415台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

このように結構細かい間隔で標識が立っていて、どの位まで登ったか解るようになっています。

IMG_0416台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

石畳の道が続く。
先ほどの背の高い熊笹っぽいのはすぐに見かけなくなり、すぐに視界が開けます。

IMG_0417台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

こんな感じで、すぐに登山らしいダイナミックな山の風景が目に飛び込んできます。
最近は嫁と二人で登山に行けないので、まだ記事にしてない秋の大山登山以降、随分久々に山を満喫しています。
いいですねえ~!

IMG_0419台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

やっぱ登山っていいですよね~。
早くまた嫁と二人、もしくは3人で登りたいもんですが、何時の話になるやら。。

IMG_0420台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

振り返って見た景色も良いですよ~。
バスなどでちょっと悩みましたが、七星山、来て良かった!

IMG_0422台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

一応写真だけ撮っておきます。

IMG_0423台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

所々蒸気が出ている場所がある。

IMG_0424台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

なだらかな山肌が、箱根の明神ヶ岳などを思い起こさせます。
こういった優しげな山の風景も大好きです。
海外から来た観光客の方でしょうか、美味しそうに煙草を一服する姿がいい感じです。

IMG_0427台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

周りの火山群の解説のようです。

IMG_0428台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

この標識の感じだと、段々畑があるのですかね?
QRコードが付いてるあたり、何気に色々IT化が進んでる台湾っぽいです。

IMG_0429台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

同じような風景が続きますが、僕はこういう感じの開けた山は好きなので、楽しいです。
ただ、風が強いですね!
神津島の天上山では風があまりにも強すぎて、気分的に70%くらいしか楽しめなかった気がするのですが、
この山も遮るものが無い分、場所によっては強風に晒されます。休憩の時はシェルが必要ですね。

IMG_0430台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

山の景色は飽きないです。

IMG_0431台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

下の方は、わりと霞んでいて、あまり鮮明には見えません。

IMG_0432台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

時折現れる、火山活動を感じる場所。

IMG_0434台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

風が強いなと思っていたら、「wind sheared vegetation」について解説する看板がありました。
この辺りの植物が背が低いのは、強風によって自然の力で刈り込まれているからだ、とか、全体的に風の吹く方向に成長するため、見た感じ非対称的な感じなっているとか、そういう感じのことが書かれているようです。

IMG_0435台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

火山活動の跡を見ながら

IMG_0436台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

あと半分のところまで来たようです。15時なので、ちょうど30分くらいで歩いてきたみたいです。
時間通りですね。

IMG_0437台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

IMG_0439台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

更にどんどん歩いて行きます。

IMG_0441台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

途中に展望台がありました。

IMG_0442台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

台北の景色が見えるよ的なことが書いてあると思いますが、曇ってきているので遠くまでは見通せませんでした。

IMG_0443台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

七星山に暮らす鳥類について

IMG_0444台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

火山についての解説は、いたる所にありました。

IMG_0445台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

展望台から街の景色はあまり見えないので、山頂の方を見ると。
手前ではなく奥の方だと思われますので、パッと見、まだ結構あるように見えますね!
時間がちょっと遅いので、帰りのバス大丈夫かちょっと心配になります。
実は、15分間隔で出てるくらいしか調べてなかったので、終バスが何時かは調べてませんでした。
でも、他にも登ってる人いるから大丈夫だろ、最悪タクシーがあるだろうし。。と楽観的に考える。

IMG_0446台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

さて、ここで登場です!
竹子湖で親切な台湾の方に頂いたお昼御飯!
なんというか、ネギとなど野菜が入った卵焼きとチヂミの中間みたいな感じで、巻いてあって、美味しかったです!
台湾の朝の屋台で見かける朝食のような雰囲気でしょうか。厚めの潤餅のような感じでもあります。
本当に有難う御座いました。


IMG_0448台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

先ほどの展望台は遮るものが何もなく、強風で死にそうになったため登山路に戻ります。
パパっと山頂まで行ってこようと思います。

IMG_0449台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

こういった解説は、いたる所にあります。
時間があればじっくり読んでも楽しそうです。

IMG_0451台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

さてしばらく歩き、、1.6km中1.6kmまで到着しました!
距離が短いですし、道が舗装されていて歩きやすいので、本当にあっという間でしたね。

IMG_0453台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

そういえば、取引先の人も台北は盆地だと話していたな。

IMG_0454台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

山頂からの景色は、、残念ながら霞んでしまってるようですが、結構こういう日が多いみたいです。

IMG_0458台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

更にここから別の山々に縦走していくことも可能。
時間があればやってみたいですね。

IMG_0462台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

七星山山頂に到着!1120m。15時半です。
登山口で14時半だったので、ちょうど1時間ですね。
初の海外での登山(といっても、ゆる登山ですが)のため、色々と大丈夫かちょっと心配でしたが、全く問題ありませんでした。
とても登り易くて、あっという間に山頂に辿り着けるので、高尾山よりも楽かもしれないです。
台湾に観光に来て、ちょっとしたハイキングなどしたい方にはお勧めです!

IMG_0465台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

先ほどの台湾の方に頂いた御飯を半分残しておいたので、山頂で残りを頂きます。
台湾の家庭の味ってこんな感じなのかな?と想像しながら食べます。
素朴で優しい味で、一人で来たのに何か寂しくない感じです。
皆さんカラーの花束を持ち帰ったのかな?

IMG_0470台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

そして、元々自分が行動食として持ってきていたのは、タクシーで台北のパイナップルケーキの名店巡りをして購入してきたもの。
こちらは台北ナビの第3回鳳梨酥選手権で一位に選ばれた、廣方圓茗茶のパイナップルケーキです。

http://www.taipeinavi.com/special/5033437

IMG_0472台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

このように廣方圓の店名入り。
パイナップルケーキではこういうのは珍しいです。
廣方圓はお茶の店なのですが、高級なブティックみたいな雰囲気で、少々入りづらかったです。。
お味の方は、最近流行だという、パイナップル100%の餡で作られた「土鳳梨酥」というだけあり、
パイナップル風味が濃厚で、果肉感がぎっしりで美味しかったです!
この店は、パイナップルケーキ一箱(8個入り)に、まるごと一つのパイナップルを使うのだそうです。

IMG_0473台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

さてさて、、現在地を確認し、一本道なので迷うこともないですが、そろそろ下山します。

IMG_0474台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

ちょっと日が落ちてきましたね。

IMG_0476台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

良い眺め!開けていて気持ちいいな~。

IMG_0479台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

まだまだ登ってくる人達もいるようです。
ここはちょっと急な登り。

IMG_0481台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

犬も一緒に降りてきました。

IMG_0482台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

登ってくる人が僕の犬と勘違いして、ニコニコと話しかけてくれるのですが、
よくわからないので僕はニヤーと笑っているだけです。

IMG_0483台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

いやー景色いいですな~

IMG_0485台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

もう下山なので安心です。後は帰りのバスの心配ですかね。

IMG_0487台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

遠くに駐車場と小油坑の蒸気が見えてきました。

IMG_0488台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

IMG_0490台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

旅行センターも見えます。

IMG_0494台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

下山完了!降りた場所がすぐバス停です。
この方々は結構ちゃんとした装備なので、別の山から縦走してきたのかもしれないですね。
しかし空が大分曇ってきているので、天気が崩れる前に降りてこれて良かったです。

IMG_0496台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

旅行センターと道路と通行人と夕日

IMG_0498台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

さて、帰りも108系のバスに乗り、右回りでぐるっと一周して最初の陽明山バス停まで戻るつもりでしたが、
ぎゅうぎゅうのバスに乗り、しばらく走っていると、反対側を走る大型バスとすれ違います。
するとそのバスが通り過ぎた先で停まったようで、先ほどの登山客達と運転手が話しだし、何やら騒がしくなりました。
そして、登山客全員と、立っていた客が数名降りて行きます。
何やらよくわかりませんが、ここは付いていった方がいいのでは?と僕も後に続きます。
また金払っただけですぐに降りてしまうことになりましたが、乗り換えたバスは大型でガラガラだったので、余裕で座れました!
現地の人の行動をよく観察しないといけないですね。。

IMG_0500台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

乗り換えたバスは260系でしたが、これがそのまま台北まで連れ帰ってくれるわけではないようで、陽明山駅ではまた別のバスに乗り換えました。
そちらでも座れたので、楽チンで帰れました。

IMG_0501台湾陽明山_海芋祭と七星山登山

バスで士林夜市のある劍潭駅で降り、劍潭駅からはMRT(電車)に乗り換え、ホテル近くの中山駅まで行きます。
中山駅では、台北牛乳大王にてキウイ牛乳を注文。
台北牛乳大王は新鮮な牛乳を使った飲み物で人気のチェーンです。
昨日同じ店で飲んだパパイヤ牛乳に感動して、キウイ牛乳を頼んでみたのですが、こちらはあっさり味。

IMG_05042013年4月台湾

昨日頼んだパパイヤ牛乳。見た目は容器が違うくらいですが、とても美味しくて感動した味です。
すごく濃厚なので、あっさりしたのが飲みたい時にはお勧めできませんが、一番人気のメニューだけあり、一度飲んだだけでハマりました。

IMG_0193

キウイ牛乳を飲んで一休みした後は、中山の裏道を歩いてホテルまで歩いて行きます。

IMG_05052013年4月台湾

晩御飯は、ホテルの裏が林森北路界隈でわりと屋台や飲食店があるので、ブラブラしながら適当なお店に入ります。

IMG_05072013年4月台湾

入ったのは、ヌー村 林森店。ヌー村って凄いネーミングだな。
っと思ってたのだけど、もしや又一村ですか?

IMG_05112013年4月台湾

勝手にヌー村と命名し、頼んだ水餃子。美味しい!量もいっぱい。

IMG_05102013年4月台湾

麻醤乾麺的なものだったか。これも美味しかった。

IMG_05092013年4月台湾

で、おばちゃんが勧めてくれた酸辣湯、これがとても美味しいのだけど、辛すぎる!
大汗かきながら食べました。。


IMG_05082013年4月台湾

ちなみに、同じ裏通りにて昨日入った店です。

IMG_05132013年4月台湾

ここでは排骨飯を食べました。豚の生姜焼きの台湾風って感じで、美味しかったです!

IMG_02742013年4月台湾

台湾は食が充実し過ぎていて困りますね。。
せっかく今日はちょっと運動したというのに、色々と食べすぎてしまうので。
台湾から帰ってきたら、2キロ増えていました。
今でもまだ元に戻ってないのですよ。。

ちなみに、登山の日の帰りに、ホテル裏通りのドリンク店で買った飲み物も、とても美味しかった。
台湾のドリンク店はとてもメニューが充実していて、しかもどれも美味しいんです。
これは哀しいですが、日本は完全に負けています。

この日買ってホテルに持ち帰って飲んだのは、、老夫婦が経営するドリンク店の、小芋圓奶茶です。 

IMG_05122013年4月台湾

名前どおり小粒の芋圓が入っている紅茶で、食感がとても美味しかった。
でも甘いですし、とても太りそうです。

IMG_05142013年4月台湾

こういったドリンク店が裏通りだけでも2店舗あり、台湾はテイクアウトのドリンク文化がとても充実しています。
その場で作って、熱で圧着する蓋を付けてくれるので、簡単にはこぼれたりもしません。

昨日はもう一つの店で、珍珠奶茶(タピオカミルクティー)を買って帰って、ホテルで飲みました。
台湾のタピオカミルクティーは、日本のグニャグニャふやけた感じと違って、とてもコシがある食感です。
ここらへん、レシピ間違って日本に輸入されてしまったのか、と思わざるを得ません。

どこのドリンク店も、こんな風にたくさんメニューがあります。

IMG_0194

最後の方は話が逸れた感じになりましたが、こうして台湾出張時の休日を充実して過ごすことが出来ました。
七星山、気軽に行けて台湾の自然を満喫できるので、トレッキング好きな方にはお勧めです!

では~。

にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

  1. 2013/04/21(日) 20:58:15|
  2. 台湾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<台湾台北市、朝の光復市場周辺の風景。 | ホーム | 西穂高岳登山②>>

コメント

楽しそう

台湾は空気大丈夫なんですね〜。

カラーとてもきれい♫
七星山登山も気持ちよさそうで羨ましい!低山だけど景色もよくて、いいですねー!気持ちよさそうです!
台湾は他にも自然観光地、けっこうあるんですか?

しかし台湾の食の美味しそうさは抜群の安定感ですね!パパイヤ牛乳他、ドリンクスイーツ美味しそう〜。
種類豊富で悩んじゃいますねー。
あー行ってみたい!!

  1. 2013/05/01(水) 11:49:43 |
  2. URL |
  3. そらねこ #-
  4. [ 編集]

そらねこさんこんにちは。
台湾は市街地は結構車も多いですが、そんなにスモッグとか気になる感じではないですし、郊外は空気綺麗に感じました。(黄砂とかも感じませんでした)

カラー祭りと登山同時にできてよかったです。
天気も良かったですし。

台湾のスイーツは、僕は本当にどツボでして、ご飯よりもスイーツばかり食べてるかもしれませんw

そらねこさんも、落ち着いたら是非!
  1. 2013/05/04(土) 14:33:43 |
  2. URL |
  3. Banyantree #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://banyantree.blog86.fc2.com/tb.php/288-547cc3c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

counter

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

複眼RSS

recent update

CssTagCloud

RX1R  台湾    写真  登山  台北  EOS  5d  canon  夜市  24-70  豆花  荒川  トレッキング  旅行  芋圓  アウトドア    CCNA  川口  花火  紅葉  タピオカ  育児  5dmk2  explorer  ハノイ  屋台  ベトナム  5dmark2  縦走  箱根  世界遺産  北アルプス  techno  黒本  夜景  丹沢  北区花火会  上海  大前研一  韓国  西川口  神津島  ランニング  マラソン  カキ氷  築地  龍山寺  京都  渓流  築地市場  仙草  塔ノ岳  地震  富士山  八宝氷  アート  八寳冰  華西街観光夜市  伊豆  市場  尊仏山荘  九份  暇つぶし問題  テクノ  ミスタービーン  鮮芋仙  西穂高岳  松山夜市  ナップスター  西穂山荘  温泉  ウォーキング  龍都  横岳  東日本大地震  震災  赤岳天望荘  東京電力  公園  キドキド  GW  硫黄岳  長谷寺  IOS  外付け  さいたま新都心  鎌倉  ドラムンベース  ソウル  鋳物  赤岳  ゴールデンウィーク  饒河街夜市  福島原発  デフラグ  庭園  臭豆腐  蘇州  原発  norton  臨光街観光夜市  八ヶ岳  つけ麺  計画停電  android  火山  tron  レガシー  KBC-L2BS  legacy  場外市場  eneloop    紅葉写真  鮨國  渋滞  寿司  胞子体  常寂光寺  天竜寺  International  南禅寺  Taipei  Flora  嵐山  ラン    Exposition  ロックガーデン  禅林寺  コケ  クリスマス    茶臼岳  姥ヶ平  IS06  夕暮れ  2010台北国際花卉博覧会  花博  永観堂  淡水  漁人埠頭  トロン  go  停電  輪番停電  家電  福島第一原発  使用済み核燃料プール  周波数  中間貯蔵施設  東日本巨大地震  大津波  岩畳  ライン下り  秩父  長瀞  原子力  スリーマイル島  東電  Yahoo!基金  聖神社  和同開珎  上高地  穂高  明神池  大正池  和銅遺跡  和銅  インターネット基金  募金  赤十字  蓑山  サクラ  美の山公園  宝登山動物園    ほん陣  甘酒茶屋  雪山  箱根駒ケ岳  神山  早雲山  芦ノ湖丼  芦ノ湖  テリー伊藤  丸武  箱根旧街道  草源  片瀬快平  こけし  箱根駅伝  Subtle  peacepact  大菩薩嶺  proxy  ナップスタージャパン  蝋梅  宝登山  to  US  drum'n'bass  Audio  Polska  MACC  napster  paradox  こぼれうに丼  ダイビング  reinforced  ドラムン  jungle  花見  井の頭公園  六本木アートナイト  吉祥寺  drum&bass  益子焼  筑波山  レモン  岩殿山  益子  陶器  陶器市  国立新美術館  kuumba  ラーメン  渋谷  かいじゅうたちのいるところ  中華料理  大盛り  まぐろ焼き  仙台や  タロ芋  mrbean  不毛地帯  お香  ドラマ  NO  LAND展  MAN'S    食事処渓  スタートアップ  itune  ノートン  プロセス  フリーソフト  ad-aware  チェックディスク  植木鉢  トレッドミル  蕎麦  ドーナツ  パスタ  観葉植物  ジム  イヤホン  msconfig  ネットワーク  景福宮  南大門市場  土俗村  dub  つけめん  Elemental  一眼  LPIC  linux  ping  闇金ウシジマくん  dim  DAISO  light  光都東京  皇居  パッピンス  ホットック  広蔵市場  棒ノ折山  棒ノ嶺  根津美術館  ゴルジュ  東大門市場  河童橋  taicoclub09@kawasaki  野外フェス  戸田橋花火大会  珍珠  沖縄  東京マラソン  仏像  仏像写真  つけそば  廃墟  HDR  麺処遊  草津白根山  草津温泉  本白根山  工場  トマの耳  チェブラーシカ  糖朝  マトリョーシカ  谷川岳  オキの耳  水上温泉  monolake  taicoclub  荒川河川敷  ハーフマラソン  谷川真理  日本橋  地球儀  近江町市場  金沢  METAL  FIGURATION  土偶展  イルミネーション  フィギア  サイコガンダム  FIX  GUNDAM  兼六園  21世紀美術館  B級グルメ  中正公園  川口B級グルメ  上尾シティマラソン  士林  古早味豆花  地瓜粉  基隆  長町武家屋敷跡  東茶屋街  新宿御苑  六義園  台北101  ライトアップ  高山植物  ブロッケン現象  五色桜大橋  河川敷  花火大会  赤羽  帰宅  阿佐美冷蔵  十きち  日光天然氷  足立  自由廣場  包子  素食  豆漿  阿妹  茶酒館  蒋介石  中正紀念堂  大山  大山寺  33区熱炒  伍角船板  サニーヒルズ  パイナップルケーキ  アイスモンスター  天燈  十份  平溪線  ハーフバースデー  東京スカイツリー  川口神社  紅葉ライトアップ  阿夫利神社  金山権現  密蔵院  お食い初め  安行桜  光復市場  鳳梨酥  旧市街  歴史博物館  クルーズ  バイン・ミー  ダック・キム  ベトナムコーヒー  ブン・チャー  リトル・ハノイ  ドンスアン・ナイトマーケット  ティエンクン鍾乳洞  Pho  Com  Quan  Van  ハロン湾  水上生活者  桂林  ホーチミン廟  文廟  陽明山  奥穂高岳  ピラミッドピーク  竹子湖  海芋祭  廣方圓  小油坑  七星山  独標  平湯温泉  ドンスアン市場  玉山祠  バッチャン村  水上人形劇  オーラック・ハウス  新穂高ロープウェイ  岩淵水門  深坑  老街  Eggs  羊のショーン  牛肉麵  'nThings  パンケーキ  台湾茶  新純香  行天宮  熱炒  魔法の美術館  サンバレー那須  南ヶ丘牧場  ふじの市商店街  マンゴーチャチャ  辛發亭  さいたまスーパーアリーナ  松山慈祐宮  烏龍茶  ICE  越谷レイクタウン  グリーンセンター  ギャラクシティ  新北市  三峡  彫刻  清水祖師廟  三峽  コンパス  国立科学博物館  ネモフィラ  あらかわ遊園  MONSTER  国営ひたち海浜公園  センサー清掃  上野  舎人公園  七夕  高鉄  望水  大室山  城ヶ崎  北川温泉  GECCA  上野動物園  鬼怒川温泉  旧田中家住宅  プライベートガゼボ  松江城  松山  宇部  リゾナーレ八ヶ岳  島根  スパリゾートハワイアンズ  出雲大社  玉造温泉  大宮公園  氷川神社  オオサキ  ピッツェリア  ジェラード  結婚記念日  台中  新幹線  日月潭  南投  牧場  丸山公園  てっぱく  鉄道博物館  入園式  都市農業公園  芝川水門  榎本牧場  上尾  Intimex  JTB  田子坊  新天地  豫園商城  浦東  外灘  トランスフォーマー  Transformers  上海環球金融中心  豫園  和諧号  獅子林  中国  動車組CRH  拙政園  寒山寺  山塘街  留園  Foster  The  金時山  大日岩  日本百名山  すすき  仙石原  ちゃいなハウス  ギョーザ男  ドロヘドロ  瑞牆山  山小屋  Up  Pumped  People  Kicks  トキシトロン  山梨  金峰山  油爆河蝦  蟹粉豆腐  トランスフォーメーション  鶴仙園  美術展  シュールレアリズム  庭園美術館  iTunes    金牛角  森と芸術展  東京都庭園美術館  甲斐駒ケ岳  花崗岩  日向山  雁ヶ原  白い砂    錦滝  IGain  Quicktime  souls  dark  ダークソウル  フロムソフトウェア  キングスフィールド  紅焼猪肉  南京東路  上海姥姥  オンタデ  大陽館  コマクサ  ウシアブ  音量  須走  大砂走り  携帯酸素  高山病  二ノ塔  三ノ塔  金瓜石  慈祐宮  延三夜市  頼阿婆芋圓  提灯  Napster  悲情城市  阿妹茶樓  雙城夜市  通化街夜市  ギャラクシー  紫陽花  成就院  三河千鳥  花でまり  臨光街  フェアリーアイ  Tunebite  Rhapsody  YANO  AKIKO  クリスパーカー  TRIO  レイ  クアンコムフォー  メリアハノイ  ハラカミ  ウィル・リー  矢野顕子トリオ    奥多摩  川苔山    百尋の滝  東京  ブルーノート  アジサイ  九份芋圓  妙義山  著莪  豆芳  中間道  さくらの里  金洞山  金鶏山  石門  芳甘菓  吾妻山  バカ尾根  大倉尾根  烏尾山  丹沢山  弘法山  権現山  浅間山  天上山  七島  古都  明日葉  赤崎遊歩道  建長寺  高徳院  釈迦堂口切通し  浄妙寺  大仏  まっちゃーれセンター  だいじんこ  砂漠  千代池  さるびあ丸  神津島灯台  千両池  ジュリアの十字架  ありま展望台  ゴアテックス  

all contents

全ての記事を表示する

Last.fm

jognote

link

serch

RSS feed

month archive

NINJA ANALYZE

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。