banyantree -photo & music blog-banyantree -photo & music blog-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

台湾南投県 日月潭へ日帰り旅行

2014年9月台湾出張中の休日に、台湾南投県にある日月潭に行って来た時の記事です。

DSC05591
1年近く前の記事になります。
2014年9月の台湾出張は、期間が2週間近くに及んだため、撮った写真も大量にありました。
そのうちいくつかは更新したのですが、休日中に行った日月潭の記事は、写真の量も多く長編になることが予想できたので、そのうちやろう…と思っているうちに時間が過ぎ。
まあ、いつもパターンです。

さてさて。
最近は、出張中の休日は、1人でどこかに出かけることが多いです。
せっかくの休みなので、行ったことが無くて、自然を感じれる場所に行こうと思います。
行ったことの無い場所といっても、太魯閣渓谷とか阿里山とか、日帰りが難しそうな場所は避けます。
ということで色々考えた結果、新幹線とバスの乗り継ぎで、上記よりは比較的楽に行けそうな、日月潭という湖に行くことにします。
初めての交通手段を使うので、利用方法など事前調査が必要です。
観光者向けの無料wifi(台北Free)は登録してあったのですが、どうも街中では繋がらないことが多く、MRT駅構内くらいしか使えなかったので、殆どアテには出来ません。
このため、必要な情報は、全てホテル内で調べてから行きます。
そんなこんなで、台北駅に着いたのが11時。
遠方に行くには、かなり遅いスタートです。

台湾新幹線(高鉄)の切符売り場にて。
あまり近すぎる発車時間の切符を買うつもりでいると、並んでいる時間でギリギリになってしまうので、そこらへんも考慮する必要があります。

DSC05505

台北駅11:30発、台中駅12:19着の指定席券を買います。
中国語は出来ないので、あらかじめノートに行き先等書いたものを発券係の人に見せ、スムーズに購入できました。
765元は、2015年6月現在の日本円で3060円程度。
距離は164kmくらいですので、日本だと東京駅から静岡駅くらいの距離です。
約50分で到着の予定。

DSC05507

改札中に入ってから、駅弁屋で名物の排骨飯弁当を買おうと思ったのですが、改札内側のシャッターがおりていて購入できず。。
ぼー…

DSC05508

発車時間近くになるまでは、ホームに上がる手前の階段で、並んで待ちます。

DSC05509

高鉄で台湾中部の台中駅まで行き、そこからバスに乗り換えます。

DSC05510

さて、高鉄がやってきました。
台北市・台北駅から高雄市・左営駅までの345kmを最高速度300km/hで走り、ノンストップ便では所要時間約1時間30分だそうです。
日本として新幹線の車両技術を輸出・現地導入した初めての事例だとか。

DSC05513

中はとても綺麗で、日本の新幹線と同じ感覚で乗れました。

DSC05515

あっという間に台中駅に到着。
かっこいいような、かわいいようなデザインですね。
車両としては、日本の新幹線の700系の改良型の700T型だそうです。
しかし最近、財務構造に無理があり、台湾新幹線の運営は破綻寸前である、というニュースをやっていました。
新幹線自体には問題は無いだけに、もし破綻となってしまったら残念だと思います。

DSC05516

台中駅から見る街の風景は、台北駅と違って高層ビルがあまり無く、地方都市という感じです。

DSC05520

台中駅構内は、とても広々としています。

DSC05522

バス停の場所は英語の説明もあるので、すぐにわかりました。

DSC05523

売店コーナーでは、台中のお土産で有名な太陽餅なども売られていました。

DSC05524

さて、台中駅に到着したら、まずすべきことがありました。
外国人観光客用のFree Wifiである台北Freeは、台北市内でしか使えないため、台北市外でFree Wifiを使うためには、iTaiwanの利用申し込みをする必要があります。
webで出来る事前申し込みは確かやっていたような気がしますが、台中駅のVistor Information Centerで発行手続きを行う予定でした。
そしたら、お昼休みだったのかわかりませんが、受付に人がいなかったので、手続きが出来ませんでした。。

DSC05527

仕方無いのでiTaiwanは諦め、5番出口の日月潭行きの南投客運バス乗り場で切符を買います。

DSC05528

南投客運日月潭行きのバスは、片道190元。2015年6月現在の日本円で760円程度。
1時間20分ほどで到着とのこと。

DSC05529

バス停にて、並び方がちょっと解りづらかったため、不安になりつつ。。

DSC05530

このバスのようですね。
なんとか無事に乗り込み、1時間20分ほどバスに揺られます。
その間の記憶は殆どありませんが、寝ていたのか、景色を見ていたのか。。
観光用のビデオが出発時と到着時に流された記憶があります。

DSC05531

さて、14時半頃、日月潭のある南投県の街に到着!
11時半の新幹線に乗ったので、3時間かかってますね。
台中駅でちょっと迷ったりして時間食ったかな。。

DSC05534

日月潭の入り口となる、水社遊客中心。
この建物内に、お土産屋やフェリー・バスの切符売り場などがあります。
Vistor Information Centerの看板が見えるので、寄ってみよう。

DSC05536

まずはVistor Information Centerにて、iTaiwanのWifiアカウントを発行してもらえるか聞いてみますが、この場所では出来ないと言われます。
やはり台中駅などの主要なセンターでないと発行できないようです。
また、日月潭ではそもそもWifi使えないので、意味が無いといわれますw
店舗内でのみ使える無料Wifiのアカウントを教えてもらいました。

DSC05539

お土産屋など。
帰りに右の方に見えるお茶屋さんで、日月潭名物のブラックティー(台湾紅茶)を買いました。

DSC05540

駅弁食べ損なって腹が減っていたので、街の適当な店で腹ごしらえをすることに。

DSC05542

乾麺かな?

DSC05544

パリパリに揚げてある魚

DSC05545

フライドチキンご飯?
結構ボリュームがあって、全部は食べ切れませんでした。。

DSC05547

たけのこのスープ

DSC05548

このお店で食べました。

DSC05549

日月潭フェリーと、帰りのバスの切符をここで買います。
ちょっと見えてますが、この売り場のお姉さんに、後で大分お世話になることに。。

DSC05537

行きは出発が遅かったので新幹線にしましたが、帰りは交通費をケチってバスで帰ることにします。
國光客運のバスで、台北駅への直行便があり、片道460元(約1800円程度)です。
しかし、ここで想定外の事態が。
台北駅行きのバスの最終便は17時50分なのですが、なんとこの日は中秋の休日期間中のため、最終便が欠便となるとか。
となると、終バスが16:20になってしまいます。。
ってことは…、飯食ったりダラダラしていて15時過ぎになっていたので、台北行きの終バスまであと1時間ちょっとしかありません。
そもそもの計画が無茶なのですが、1時間ちょっとで何が出来るのか?
まさに弾丸トラベルです。
フェリーで日月潭を一周しようと思っていたのですが、それも無理か。。
お姉さんにそのことを言うと、うーむと考えながら、1時間くらいで一周して戻ってこれるので、大丈夫!と言われます。
まじか…と思いますが、せっかく日月潭まで来て何もしないで帰るのもくやしいので、フェリーに乗ることに。

DSC05538

船着場の目印と言われた、スターバックスの前。
時間が無いので、船着場目指して走ります!

DSC05550

ちょっと迷いながらも、フェリー乗り場に到着。

DSC05551

乗ったのはいいものの、定員になるまでなかなか船が動かない。。

DSC05553

やっと船が出発した時は、15:30でした。
バスは16:20なので1時間切ってますが、大丈夫なのか。。

DSC05556

中央付近に浮島郡のようなものがあります。
その中に拉魯(ラルー)島という小さな島があるそうです。
拉魯島は、台湾原住民のサオ族の人々が精霊の集う場所としてとらえていた聖地で、日本統治時代は玉島、戦後は光華島と呼ばれていたそうです。
現在はサオ族の呼称に従って拉魯島と呼ばれているとか。

DSC05559

拉魯島付近に来ると、船がゆっくりと進んでいきます。
ちなみに下の写真は違います。

DSC05560

あまりよく撮れてないですが、白い鹿の像のようなのが見えますので、これが拉魯(ラルー)島かなあ、と思います。
ここを境に東側は円形なので「日」潭、西側は三日月形なので「月」潭と呼ばれているそうです。
…まあそう言われて地図を見ても、いまいちピンと来ませんがw

DSC05563

日月潭の地図。

map

船とすれ違ったり

DSC05565

しばらくすると、船着き場に船が停泊します。
そして、乗客が全員降りていきます。

DSC05569

「…ん?」

明らかに元の船着き場ではないです。

DSC05571

しまった、この遊覧船のシステムを全く知らないまま、乗船してしまいました。

DSC05572

船は出発時間まで停泊しているらしく、全ての船から乗客が降りて、動く気配はありません。
しばらくここで過ごすしか無さそうです。

DSC05573

いや、いい景色なんですけども。。
よくわからん状況におかれ、困惑すること数分。。

DSC05574

気をとりなおして、散策することにします。この時15:40.
まあ、何とかなるのでしょう。

DSC05576

玄光寺と書いてあります。
お寺があるのでしょうか。

DSC05577

玄光寺への散策コース

DSC05578

なんか、結構歩きそうな雰囲気なんですけども。。

DSC05579

とりあえずお参りしに行ってみよう。

DSC05581

ちょっと階段を上がっていくと、玄光寺に到着。

DSC05585

玄光寺から日月潭を眺めます。
良い眺めです。
先ほど通り過ぎた、拉魯島も見えます。
そういえば、日月潭自体が標高749mのところにあるので、ちょっと高地なんですね。
高地といっても、日本の高原にいるような涼しさは特に無かったですが。。

DSC05587

船着き場方面に戻ってくると、船の出発を待つ人達が。

DSC05590

植生はやはり南国、といった雰囲気ですね。

DSC05588

もう16時ですけども。。
船がたくさん泊まっているので、どれに乗ったらよいかわからない。。
船頭さんに地図を見せながら、「この船は水社碼頭に行きますか?」とつたない英語で聞くと、「Yes,OK!」と答えます。
それで安心して、乗り込みます。

DSC05591

だんだん日が落ちてきました。

DSC05595

DSC05598

向こうの山の上に見える塔のようなものは、慈恩塔だと思います。
慈恩塔は蒋介石が母を偲んで建てた塔で、山の高さと合わせると海抜1000mになるそうです。
時間があれば、ちょっと行ってみたかったです。

DSC05601

DSC05603

向こう岸の街が見えてきました。

DSC05606

ロープウェイが見えます。
ロープウェイ…、行きにそんなもの見た記憶は…。

DSC05613

到着~って、いや、ここ水社碼頭じゃないですね。
どこだここ…。
タクシーの運転手に水社碼頭に連れて行ってくれ、と頼んでも、対岸だから船の方が早いと言われますし。
どうやらここは、伊達邵碼頭という対岸の船着き場らしいです。

…って今16:18で、終バスの2分前ですから。
完全に台北行きの終バス乗り過ごしてしまいました。

DSC05615

完全に乗り過ごしたことが解ると、逆にあきらめから気楽な気分になります。
しかし、バスの乗車券買ってしまったのに、もったいない。。
帰りも新幹線か。。
後から調べたところ、この遊覧船は「水社碼頭→玄光寺碼頭→伊達邵碼頭→水社碼頭」のコースで一時停泊しながら一周するようです。

DSC05621

やっと出発地点の水社碼頭に戻って来ました。
切符売り場に別ルートで帰るための切符を買いに行かなくてはなりません。
大丈夫、間に合うと言われた手前、ちょっと気まずい気持ちで切符売り場に行くと、さっきのお姉さんが僕の顔を見て、あっと思い出した顔をしました。
そして、ちょっと待てと言って奥からノートを持ってきました。
僕もそのノートを見て「あれ?」となったのですが、どうやら乗船前に切符を買った際に筆談で使ったノートを、その場所に置き忘れてきてしまっていたようです。
ノートを置き忘れたこと自体の自覚がありませんでした。。
というか、そもそもこのお姉さん日本語が堪能なので、筆談の必要も無かったのですが。
そして、お姉さんが「バス、残念ながらもう行ってしまいました。。」と言うので、僕も「そうですよね。。」と苦笑すると、
なんと、「別ルートで台北駅まで帰れるように、バスをコーディネートしておきました!」と言うのです。
お姉さんの言うには、恐らく別のお客さんのキャンセルになった切符を使って、日月潭17:05発→埔里17:40頃着のバス、埔里18:00発→台北着のバスを乗り継いで帰れるように、取り計らってくれたのです。

こ、この調整力は。。

感動しました!!

DSC05622

そもそも僕の調べが甘くてこんなことになったのに、お姉さんは、せっかく台湾に来てくれた観光客に、嫌な思いをさせたくないと思ったのでしょうか。
つくづく思うのですが、台湾の方は本当に親切な方が多いです。
よく日本人のイメージは礼儀正しく親切、みたいな話をTV等で見るのですが、僕自身は最近の日本にそんなイメージを持てなくて、本当かな?と思うことがあります。
でも、台湾に来ると、ちょっとしたことで台湾の人は親切だな~と思うことが実際にあります。
今回のことも、2週間の日程の中で、一番印象に残って感動した出来事でした。
そのお姉さんは、日本語の勉強で日本に留学していたことがあったそうです。
バスが来るまでの間、僕がちゃんとそのバスに乗れるか心配だったようで、バス停の近くで話の相手をしてくれたり、ちょっとお土産を買いにお茶屋さんを見ていたら、もうバス来ますよ~と教えてくれたりして、とても親切にして頂きました。
バスが来たので、お礼を言ってバスに搭乗します。
こういった出来事は、1年近く経った今もちゃんと覚えているので、迷惑をかけてしまったのだけど、とても良い経験でした。

DSC05623

さて30分ほどして埔里に到着し、18:00発の台北行きのバスを待ちます。

DSC05624

DSC05625

そして18:00発の台北行きのバスに乗ると、ちゃんと26番の席が予約席になっていました。
これ、全部頼まれたわけでもないのに、お姉さんが事前に調整してくれたことです。
うちの会社では、最近顧客対応のサービスレベル向上を課題として上げられるのですが、感動にまで繋がるおもてなしの心というのは、こういうことなんだな…と心に沁みました。

本当に有難う御座いました。

DSC05626

バスで台北までは何時間だったか。。
かなり遅い時間だったと思いますが、よく覚えていません。
台北までの道のりは、バスから田園風景を眺めたり、静かな田園風景の中に突然現れる怪しいネオンサインの檳榔屋にギョッとしたり、なかなか幻想的な風景を楽しみました。

DSC05628

最後は、台北駅に到着してお腹が減ったので、公館夜市にフラっと行って、タピオカが有名な鴉片粉圓に入りました。

DSC05629

看板メニューの鴉片粉圓を頼みます。タピオカと愛玉がかかったカキ氷は、サッパリとして美味しかったです。

DSC05631

鴉片粉圓の看板

DSC05633

0時頃で時間が遅かったからか、屋台はあまり出ていませんでした。

DSC05635

大好きな臭豆腐を食べて、今日の〆とします。

DSC05639

後日、台湾人の関係会社の人に日月潭へ日帰りで行ったと言ったら、日月潭は泊まりがけで行くところだよ~と驚かれました。
僕も実際そう思いましたし、拠点が台北で、フェリーに乗ったりするような遊びがしたいのであれば、近場の淡水で十分だと思います。
ただ、一度も行ったことのない台湾中部まで行けたことが貴重な経験でしたし、失敗談ではありますが、親切にして頂いたりもして、僕の中でとても良い経験だったと思います。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:外国の風景 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/21(日) 22:58:46|
  2. 台湾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<川口ふじの市商店街の第54回七夕まつり | ホーム | 結婚10周年と、娘イメチェン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://banyantree.blog86.fc2.com/tb.php/329-4841952a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

counter

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

複眼RSS

recent update

CssTagCloud

RX1R  台湾    写真  登山  台北  EOS  5d  canon  夜市  24-70  豆花  荒川  トレッキング  旅行  芋圓  アウトドア    CCNA  川口  花火  紅葉  タピオカ  育児  5dmk2  explorer  ハノイ  屋台  ベトナム  5dmark2  縦走  箱根  世界遺産  北アルプス  techno  黒本  夜景  丹沢  北区花火会  上海  大前研一  韓国  西川口  神津島  ランニング  マラソン  カキ氷  築地  龍山寺  京都  渓流  築地市場  仙草  塔ノ岳  地震  富士山  八宝氷  アート  八寳冰  華西街観光夜市  伊豆  市場  尊仏山荘  九份  暇つぶし問題  テクノ  ミスタービーン  鮮芋仙  西穂高岳  松山夜市  ナップスター  西穂山荘  温泉  ウォーキング  龍都  横岳  東日本大地震  震災  赤岳天望荘  東京電力  公園  キドキド  GW  硫黄岳  長谷寺  IOS  外付け  さいたま新都心  鎌倉  ドラムンベース  ソウル  鋳物  赤岳  ゴールデンウィーク  饒河街夜市  福島原発  デフラグ  庭園  臭豆腐  蘇州  原発  norton  臨光街観光夜市  八ヶ岳  つけ麺  計画停電  android  火山  tron  レガシー  KBC-L2BS  legacy  場外市場  eneloop    紅葉写真  鮨國  渋滞  寿司  胞子体  常寂光寺  天竜寺  International  南禅寺  Taipei  Flora  嵐山  ラン    Exposition  ロックガーデン  禅林寺  コケ  クリスマス    茶臼岳  姥ヶ平  IS06  夕暮れ  2010台北国際花卉博覧会  花博  永観堂  淡水  漁人埠頭  トロン  go  停電  輪番停電  家電  福島第一原発  使用済み核燃料プール  周波数  中間貯蔵施設  東日本巨大地震  大津波  岩畳  ライン下り  秩父  長瀞  原子力  スリーマイル島  東電  Yahoo!基金  聖神社  和同開珎  上高地  穂高  明神池  大正池  和銅遺跡  和銅  インターネット基金  募金  赤十字  蓑山  サクラ  美の山公園  宝登山動物園    ほん陣  甘酒茶屋  雪山  箱根駒ケ岳  神山  早雲山  芦ノ湖丼  芦ノ湖  テリー伊藤  丸武  箱根旧街道  草源  片瀬快平  こけし  箱根駅伝  Subtle  peacepact  大菩薩嶺  proxy  ナップスタージャパン  蝋梅  宝登山  to  US  drum'n'bass  Audio  Polska  MACC  napster  paradox  こぼれうに丼  ダイビング  reinforced  ドラムン  jungle  花見  井の頭公園  六本木アートナイト  吉祥寺  drum&bass  益子焼  筑波山  レモン  岩殿山  益子  陶器  陶器市  国立新美術館  kuumba  ラーメン  渋谷  かいじゅうたちのいるところ  中華料理  大盛り  まぐろ焼き  仙台や  タロ芋  mrbean  不毛地帯  お香  ドラマ  NO  LAND展  MAN'S    食事処渓  スタートアップ  itune  ノートン  プロセス  フリーソフト  ad-aware  チェックディスク  植木鉢  トレッドミル  蕎麦  ドーナツ  パスタ  観葉植物  ジム  イヤホン  msconfig  ネットワーク  景福宮  南大門市場  土俗村  dub  つけめん  Elemental  一眼  LPIC  linux  ping  闇金ウシジマくん  dim  DAISO  light  光都東京  皇居  パッピンス  ホットック  広蔵市場  棒ノ折山  棒ノ嶺  根津美術館  ゴルジュ  東大門市場  河童橋  taicoclub09@kawasaki  野外フェス  戸田橋花火大会  珍珠  沖縄  東京マラソン  仏像  仏像写真  つけそば  廃墟  HDR  麺処遊  草津白根山  草津温泉  本白根山  工場  トマの耳  チェブラーシカ  糖朝  マトリョーシカ  谷川岳  オキの耳  水上温泉  monolake  taicoclub  荒川河川敷  ハーフマラソン  谷川真理  日本橋  地球儀  近江町市場  金沢  METAL  FIGURATION  土偶展  イルミネーション  フィギア  サイコガンダム  FIX  GUNDAM  兼六園  21世紀美術館  B級グルメ  中正公園  川口B級グルメ  上尾シティマラソン  士林  古早味豆花  地瓜粉  基隆  長町武家屋敷跡  東茶屋街  新宿御苑  六義園  台北101  ライトアップ  高山植物  ブロッケン現象  五色桜大橋  河川敷  花火大会  赤羽  帰宅  阿佐美冷蔵  十きち  日光天然氷  足立  自由廣場  包子  素食  豆漿  阿妹  茶酒館  蒋介石  中正紀念堂  大山  大山寺  33区熱炒  伍角船板  サニーヒルズ  パイナップルケーキ  アイスモンスター  天燈  十份  平溪線  ハーフバースデー  東京スカイツリー  川口神社  紅葉ライトアップ  阿夫利神社  金山権現  密蔵院  お食い初め  安行桜  光復市場  鳳梨酥  旧市街  歴史博物館  クルーズ  バイン・ミー  ダック・キム  ベトナムコーヒー  ブン・チャー  リトル・ハノイ  ドンスアン・ナイトマーケット  ティエンクン鍾乳洞  Pho  Com  Quan  Van  ハロン湾  水上生活者  桂林  ホーチミン廟  文廟  陽明山  奥穂高岳  ピラミッドピーク  竹子湖  海芋祭  廣方圓  小油坑  七星山  独標  平湯温泉  ドンスアン市場  玉山祠  バッチャン村  水上人形劇  オーラック・ハウス  新穂高ロープウェイ  岩淵水門  深坑  老街  Eggs  羊のショーン  牛肉麵  'nThings  パンケーキ  台湾茶  新純香  行天宮  熱炒  魔法の美術館  サンバレー那須  南ヶ丘牧場  ふじの市商店街  マンゴーチャチャ  辛發亭  さいたまスーパーアリーナ  松山慈祐宮  烏龍茶  ICE  越谷レイクタウン  グリーンセンター  ギャラクシティ  新北市  三峡  彫刻  清水祖師廟  三峽  コンパス  国立科学博物館  ネモフィラ  あらかわ遊園  MONSTER  国営ひたち海浜公園  センサー清掃  上野  舎人公園  七夕  高鉄  望水  大室山  城ヶ崎  北川温泉  GECCA  上野動物園  鬼怒川温泉  旧田中家住宅  プライベートガゼボ  松江城  松山  宇部  リゾナーレ八ヶ岳  島根  スパリゾートハワイアンズ  出雲大社  玉造温泉  大宮公園  氷川神社  オオサキ  ピッツェリア  ジェラード  結婚記念日  台中  新幹線  日月潭  南投  牧場  丸山公園  てっぱく  鉄道博物館  入園式  都市農業公園  芝川水門  榎本牧場  上尾  Intimex  JTB  田子坊  新天地  豫園商城  浦東  外灘  トランスフォーマー  Transformers  上海環球金融中心  豫園  和諧号  獅子林  中国  動車組CRH  拙政園  寒山寺  山塘街  留園  Foster  The  金時山  大日岩  日本百名山  すすき  仙石原  ちゃいなハウス  ギョーザ男  ドロヘドロ  瑞牆山  山小屋  Up  Pumped  People  Kicks  トキシトロン  山梨  金峰山  油爆河蝦  蟹粉豆腐  トランスフォーメーション  鶴仙園  美術展  シュールレアリズム  庭園美術館  iTunes    金牛角  森と芸術展  東京都庭園美術館  甲斐駒ケ岳  花崗岩  日向山  雁ヶ原  白い砂    錦滝  IGain  Quicktime  souls  dark  ダークソウル  フロムソフトウェア  キングスフィールド  紅焼猪肉  南京東路  上海姥姥  オンタデ  大陽館  コマクサ  ウシアブ  音量  須走  大砂走り  携帯酸素  高山病  二ノ塔  三ノ塔  金瓜石  慈祐宮  延三夜市  頼阿婆芋圓  提灯  Napster  悲情城市  阿妹茶樓  雙城夜市  通化街夜市  ギャラクシー  紫陽花  成就院  三河千鳥  花でまり  臨光街  フェアリーアイ  Tunebite  Rhapsody  YANO  AKIKO  クリスパーカー  TRIO  レイ  クアンコムフォー  メリアハノイ  ハラカミ  ウィル・リー  矢野顕子トリオ    奥多摩  川苔山    百尋の滝  東京  ブルーノート  アジサイ  九份芋圓  妙義山  著莪  豆芳  中間道  さくらの里  金洞山  金鶏山  石門  芳甘菓  吾妻山  バカ尾根  大倉尾根  烏尾山  丹沢山  弘法山  権現山  浅間山  天上山  七島  古都  明日葉  赤崎遊歩道  建長寺  高徳院  釈迦堂口切通し  浄妙寺  大仏  まっちゃーれセンター  だいじんこ  砂漠  千代池  さるびあ丸  神津島灯台  千両池  ジュリアの十字架  ありま展望台  ゴアテックス  

all contents

全ての記事を表示する

Last.fm

jognote

link

serch

RSS feed

month archive

NINJA ANALYZE

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。